BLOG

中高生から、ムハマド・ユヌス氏へ
投げかけられた問いとその答えを紹介します。

問)
ユヌス氏の初めてのソーシャルビジネスに要したお金は?

答)
27ドルを自分のポケットから出しただけ。
次からの農村の女性への融資は、銀行に交渉して、
銀行からの貸し付けテもらうことにした。ただし、ユヌス氏が保証人となった。

問)
グラミンのおかげで、どのくらいの人が貧困から抜け出せたのですか?

答)
正確な数字を出すことはできないが、村の家々がきれいになったり、
学校に行く子どもが増えたり、1日に3食食べることができる人が増えたり、
貯金ができる人が増えてきたということは言える。
しかし、それがイコール貧困から抜け出したとは言えないが、
ある調査期間によれば、毎年5%の借り手が、
貧困から抜け出しているというデータもあると聞く。

問)
女性にお金を貸すことや自立を促すことは、宗教上の問題はないのか?

答)
もちろん、女性にお金を貸すことで、宗教観が変わってしまうと、反対を論ずる人もいる。

問)
中学生時代、どんな子どもだったか?

答)
普通の子どもと同じいたずらっ子だった。
ただ、ボーイスカウトに入っており、その活動の一環で、
1959年だったと思うが日本を旅したことがある。

問)
日本企業の印象は?

答)
日本企業も、ソーシャルビジネスに興味を持ってくれるようになり、
嬉しく思っている。
ただ、日本企業は意思決定が遅いのが課題だが、決定した後の動きは速いという利点もある。
日本には、技術力があり、かつ創造力がある。それを是非、ソーシャルビジネスに活かしていただきたい。

問)
目標は?

答)
2030年に貧困ゼロの世界を創りたい。
そして、貧困博物館を創り、貧困とは、博物館にしかないものにしたい。

問)
ノーベル平和賞を受賞して変わったことは?

答)
多くの人が話を聞いてくれるようになった。それまでは、どれほど訴えかけても、耳を傾けてくれる人は少なかった。
受賞後は、洪水のように人がやってきて、ささやいただけでも、耳を傾けてくれる。これは大変ありがたいことで、あらゆる課題をどのようにして解決することができるかを多くの人と語り合い、実現に向って進めていけるようになったことは嬉しい。

問)
人を助けるのは大変?

答)
大変ではない。それは簡単だ。まず、その人の隣に座り、自分がオープンになること。そこから、人を助けるということが始まる。
大切なのは、恥ずかしがらないこと。隣に座り、そこにある課題を見つけ、自分ができること、自分が正しいと思うことを実行するのみ。
何も知らなくても良い。知識が必要なのではない。どうすれば良いかを考えれば良い。小さなことでも、自分ができることが必ずある。

問)
日本の今後をどう思うか?

答)
人間をお金を生み出す機械のように捉える考え方で生きることは、まるで片足で立っているような状態だ。
お金を生み出す足とそのお金を社会の問題解決に使うというもう一つの足の両方があって、初めて人間としてしっかり立つことができる。
その意味では、日本は後者の足を開発することが今重要である。経済のみを追うべきではないだろう。

地球は船も知れない。しかし、みんなは乗客ではない。全員が操縦士だ。誰か一人が操縦士だと、間違えた方向に行く可能性がある。
一人ひとりが操縦士であることで、間違った方向へ行きそうになったとき、それを修正することができる。

問)
支援をする時の注意点は?

答)
支援するというのは、誰が支援するのではなく、どのように、どのような質の支援をするかが重要である。
なぜなら、支援は、気をつけないと、よかれと思ってしたことが、逆に働いている場合がある。
そもそも、その支援の目的は何かということを明確にし、その目的に、支援が合致しているかを見ていないといけない。
支援によって、お金をただ与え続け、一生自立できない人を作り出すことがある。こうしたことが起きないようにしなくてはいけない。

問)
どうしたら平和になるのか?

答)
平和とは、共有することだ。
地球上で、シェアリングやケアリングを行うことが、平和への道。
しかし、それができていないのは、今の枠組みの問題だ。既存の制度を再設定する必要がある。
それができるのは若者たちだ。

large-1.jpg
品川女子学院でのユヌスさんと中高生。高校生たちは英語で質問!

ユヌス氏が、企業と合弁で立ち上げ、
運営しているソーシャルビジネスについて、
ダノンとの合弁企業を例にお話をしてくださったので、
ご紹介したいと思います。

1)ダノンのソーシャルビジネス、2つの課題

ダノン会長が、ユヌス氏との出会いを機に、
ソーシャルビジネスをはじめて見たいと思った。
しかし、すぐにそれが具体的になったわけではない。
実現までには、数年の年月を要した。

それは以下の2つの課題があったから。
1、何をビジネスとして設立するべきか。
2、資金をどこから出すか。

先に解決したのは、1、何をビジネスにするか。

そもそもソーシャルビジネスとは、
具体的な課題を見つけ、それをビジネス手法を用いて解決すること。

バングラデッシュの貧困の村における課題の一つは、
子どもの栄養失調だった。
いかにして子どもに栄養を与えるか。
その課題をダノンは、自社のビジネスノウハウを活かして
解決することにした。

その方法は、小さな子供用のヨーグルトを作ることだった。
貧しい人でも、週に一度は買える値段であり、
かつ、週に1度程度食べることで、栄養を補給できる
ヨーグルトである必要があった。

これは、ダノンにとっても大きな挑戦だった。
小さくて安価で、かつ様々な栄養素を加え、
かつ子どもが美味しいと思う味のヨーグルトを作るという
課題に直面した。

さらに、バングラディッシュでの生産をするためには、
工場のラインなど、これまでとは異なる環境下で
様々な工夫をすることとなった。

2)株主は、賛成してくれるのか?

そして、それらを確立すると同時に、課題となったのは、
そのビジネスを設立するための投資資金の出所だった。

ダノンの利益や資産から、その資金を出すためには、
株主の同意が必要である。
会長が世界の貧困を解決したいと願っても、
会社のお金をそれに自由に注ぎ込むことはできない。

そこでダノンが考えたのは、株主に直接、問いかけることだった。

「株主の皆様。バングラディッシュで、貧困者向けの栄養豊富でかつ安価な
ヨーグルトの生産・販売を行うビジネスを立ち上げたいと考えている。
もしこのビジネスに賛同くださるならば、株主が受け取ることができる配当の中から
このビジネスの資金をご提供いただきたい。
配当の全てでなくて結構です。あなたが受け取る配当のうちの何%かで結構です。
その割合を教えてください」

この問いかけに対し、90%を超える株主が、配当の一部をソーシャルビジネスに回すことに同意してくれた。

その結果、グラミンとダノンが、50%ずつ出資するグラミン・ダノン社が設立され、
貧困の村の子どもたちが、栄養豊富なヨーグルトを食べ、健康を得ると同時に、
大人たちも働く場所を得ることができた。

3)ソーシャルビジネスの意外なリターン

この話には、後日談がある。

ダノンの従業員から、会長にクレームが上がってきたのだ。
それは、
「なぜ、株主にだけ、資金の提供を依頼したのか?
我々従業員には、なぜ、その機会を与えなかったのか?」
というクレームだった。

結果、グラミン・ダノンは、従業員からも、資金を得ることとなった。

また、ユヌス氏が提唱するソーシャルビジネスは、利益は上げるが、
それを株主に配当することは一切ない。
つまり、株主が得るのは、社会課題の解決というソーシャルリターンのみであり、
マネーリターンを得ることはない。

しかし、遠回りながらも、ここにはマネーにつながるリターンが
存在する。

それは、ソーシャルビジネスを通じての、既存事業のイノベーションが起きることだ。

ダノンの場合、ヨーグルトに複数の栄養素を入れるという新しい試みは、
現在、既存の商品にも活かされ、新商品の開発につながったし、
制限の多い場所での生産設備づくりは、結果として、
既存商品の生産ラインの効率化にもつながっているという。

既存のビジネスにおいて、イノベーションやコストカットを求めても、
遅々として進まなかったものも、目の前に課題があり、救うべき人がいるとき、
そこで、イノベーションや新たな工夫が生まれてくる。
これは、本業にも大きな恩恵をもたらしてくれたそうだ。

4)なぜ、ソーシャルビジネスは、配当を支払わないのか?

また、ユヌス氏のソーシャルビジネスの話題において、
常に議論となるのが、なぜ、配当を払わないかという問題である。

その問いに対し、ユヌス氏の答えは、以下の通りであった。

当初、グラミン・ダノンでは、配当を払った。
しかし、1%の配当を払ってみると、なぜ、配当が1%なのかという問いが上がってきた。
2%に引き上げてみると、今度は、3%でも良いのではないかという声が上がってきた。
つまり、利益というものは、ロジカルに議論できてしまうもので、配当を払うと決めた瞬間、
そこには、配当を最大化するためのロジカルが生まれてきてしまう。
ソーシャルビジネスの第一義は、利益ではなく、社会問題の解決であるから、
第一義でないことに、労力を使うべきではない。その結論が、配当を一切払わないという決断であった。
払わないと決めれば、そこにはもはや、ロジカルな最大化議論は発生せず、
ビジネスそのものに労力と時間を使うことができる。

したがって、ユヌス氏は、ダノンの体験を通じて、配当を払わないという方針を決めた。
他の人達がソーシャルビジネスを起こし、配当を払うことは自由である。
ユヌス氏は、自身の体験から、払わないことが結果として良いと判断したのだ。
様々なソーシャルビジネスの形があって良い。

私の英語力不足で、誤りもあるかもしれませんが、
ダノンのお話を、私の理解した限りで、ご紹介しました。

また、後日、学生向けのお話なども紹介できればと思います。

今日は、NHKのクローズアップ現代に出演させていただき、
そして、それをたくさんの方がご覧くださって、
このページにもたくさんコメントをお寄せいただいて、
とてもうれしいです。ありがとうございます。

ツイッターでも、
「市民ファンド」が頻出ワード1位になっていたみたいで、
NHKの影響力はすごいのだなぁと思いつつ、

でも何よりも、
あのファンドを通じてつながり合っている方々のお姿が多くの人に、
「市民ファンド」という言葉をつぶやくきっかけを与えたのだろうと思います。

ただ、少しだけ、気になるのが、
こうして多くの方が興味を持たれると、
必ず出てくるのが、
「詐欺まがいの商品」と、
「市民ファンドを購入して損をしたという苦情」です。

詐欺まがいに関しては、
番組でもお伝えしましたが、
まずは、きちんと金融庁に「投資運用業者」として
登録されている運用会社であるかを確認することが
まず第一歩として大切です。

そのうえで、互いの信頼に基づいているとはいえ、
必ずうまく行くとは限りません。
過去のファンドのなかでも、
マイナスになってしまったものや、
ほとんど利益の出なかったものもあります。

以前、市民ファンドを運用・販売されている
ミュージックセキュリティの方におうかがいした際に、
市民ファンドの投資家の多くが、利益を得ることを
第一目的にしていないということでした。

応援して、うまく行けば、利益がついて戻ってくると嬉しい
そんな気持ちの商品だと思った方が良いと思います。

そして、その投資家の思いに甘えたりせずに、
しっかりと責任感を持って、事業を成功させ、
投資家にお返ししようと考える事業者かどうかは、
運用会社が厳しく審査するということだと思います。

「自分が儲かるかも・・」という利己的投資ではなく、
「互いに幸せになる」という市民ファンドの投資を
大切に育てるためにも、
詐欺被害や、利己姿勢の投資家が、市民ファンドの世界に
出てこないことを祈っています。

それもまた、この市民ファンドを守り、育てたいと思う方々が
ネットを通じて、積極的に情報交換をすることで、
健全性を守っていけるのではないかと思います。

盛り上がった市民ファンドに水は差したくないけれど、
これから、本当に日本のみならず、世界の経済のあり方を
変えるかもしれない市民ファンドだからこそ、
みんなで大切に育てていきたいですね!

img_4126.jpg
4月17日にボランティアで出かけた時の石巻の町の様子。自動車をもひねり潰す津波の威力に、声も出ませんでした。

人は、動物や植物の命をいただき、生きている。

見えない誰かに支えられて生きている。

職場では、目に見える仲間たちに支えられている。

家庭でも、目に見える家族に支えられている。

でも、人間同士は、命をいただき合うことはない・・
と思っていた。

けれども現実は、

テロや戦争が、
誰かの命をいただいて、幸せを得ようとしている。

強欲な国や企業が、
貧しい国の誰かの命をいただいて、豊かさを得ようとしている。

そして、日本では、
津波によってメルトダウンを起した原発を
安全な状態にするために、
命の危険を省みず働く人がいる。

誰かの命を危険にさらしながら
安心と安全を生きることは、
本当に幸せなことなのだろうか。

地震の直後、
私たちは語り合った。
お金よりもモノよりも大切なものがあることに気づいたと。

でも、今は、日本の経済力のため・・という言葉が
飛び交っている。

自分以外の命なら、
顔の見えない誰かの命なら、
危険にさらされていても、何も感じない。

そうなんだ。
現代とは、そういう世の中なんだ。

img_1135.jpg
ルワンダの貧しい農村の子どもたち。この村の平均寿命は40歳。(2008年)