BLOG

今日は、朝から、2月に放送予定の
私のネットラジオ「社長Talk」の収録でした。

今日のゲストは、
日本商工経済研究所の坂井社長。

「不況下こそ、中小企業にチャンスがある」

これが、今日うかがったお話の中心テーマ。

確かに!なるほど!
と思うことがたくさんありました。

そして、
中小企業がこれからとるべき
経営スタイルや人材戦略は、

世界が今直面している、
「持続性の問題」「高齢社会の問題」など
数々の問題を解決する
ひとつの方策になるかもしれない・・・

そんな気持ちが高まってきました。

実は、
今週末からは、ダボス会議に出席するために
スイスに出発します。

ダボス会議の前日には、
ヤンググローバルリーダーの会合があり、
この危機から我々は何を学び、
そして、何をするべきかを議論しますが、

そのときに提示すべきアイデアが、
坂井さんとお話していると浮かんできました。

日本の元気な中小企業の経営哲学やスタイルは、
きっとひとつの指針になるのではないかと
思います。

今年のダボス会議は、
やはり金融危機をテーマにしたセッションが多いのですが、
年々存在感が薄れているといわれている日本が
今年は、どんな存在感を示すことができるのか
自分の目で、確認してきたいと思います。