BLOG

いよいよ明日からダボス会議が始まります。

私たちヤンググローバルリーダーは、
一日早く、
今日からワークショップが始まりました。

私たちの今日のテーマも、
金融危機。

最初のワークショップは、
金融危機によって浮き彫りになった問題と
予想外の出来事がどんな意外な結果を生み出しているかを議論しました。

金融危機に対するネガティブな意見は、
日本でも話題になるようなことが多かったけれど
予想外の出来事として出てきたのが、
NGOやNPOセクターに、たくさんの履歴書が届くようになったこと。
つまり、多くの企業のリストラによって、
こうしたセクターに活躍の場所を変えようとする人が
増えてきたとのこと。
ただし、NPOの人たちによれば、
優秀な人材が来てくれるのは嬉しいけれど、
営利企業にいた人たちに、
非営利企業での働き方など新たな文化を
再教育する必要があるのが悩みの種とのこと・・・。

日本では、どの程度、そんな動きがでているのか
わからないけれど、

日本の場合は、大企業を退職して、
中小企業に行く人が増える動きが加速したら良いのに・・
と思っていましたが、
きっと、ここでも、中小企業における働き方という意味では、
企業文化の違いに対しての再教育が必要かもしれません。

次のワークショップは、
金融危機後の世界を見据えて、我々は何をするべきか。
ということをディスカッションしました。

この時間は、スイスの地元紙からの取材を受けていたので、
ディスカッションに参加することができませんでした。

ディスカッションの結果は、
各グループリーダーが発表し、
それがホワイトボードにマインドマップ的に
まとめられていくのが、ダボスのワークショップの形。
結果は、下の写真の通り。

img_1400.JPG

全体を振り返ると、
なぜ、金融危機が起きたのかという議論が、
金融の仕組みや政府の政策や管理の失敗が
原因だったというところに集約しがちで
ちょっと物足りなかったというのが印象です。

もちろん制度の見直しなど、技術論も大切だけど、
技術は必ず文化とセットで考えるべきだと思う。

以前、新幹線の取材をしたときに、JR東海の方が、
新幹線の安全技術は、最高級だけど、
それを管理運営する組織文化次第で、
安全ではなくなることもあり得るとおっしゃっていた。

いかなる文化を世界に生み出すか、
どのような文化を求めるべきかを
もうちょっと議論したかった・・。

でも、いろんな分野の人たちとの議論は、
いろんな角度から意見が聞けて、
とても参考になった。

ただ、どうしても英語での議論なので、
言葉の壁とセッションリーダーが欧米人のケースが多いので
アジア的な発想は、マイノリティになってしまうのが残念です・・・。