BLOG

今日のランチタイムのゲストスピーカーは、
CarlsonのCEOであり、
米国で最も尊敬される女性経営者のお一人の
Marilyn Carlson Nelsonさんでした。

かなりお年を召されているのに、
とてもチャーミングで、優しくて、
でも、とても言葉に力がある。

カールソン家がアメリカに
渡ってきたときの話から、
現在に至るまでのお話を通じて、

未来は決まっていない
私たちにはいくらでも
未来を創造するチャンスがあるのだということを
伝えてくださいました。

彼女の会社のマネジメントは、
4割が女性。

本来は女性も男性も関係ない。
会社などでは、
女性が少ないから、特別な存在になってしまう。

女性が3割を超えれば、
特別な存在では無くなってしまうもの。

男性や女性ではなく、
人間として成長していくことの大切さ、
そして、その大切さを心に抱いて
マネジメントをすることの大切さを
教えていただきました。

そういう意味では、
政府が閣議決定した、
「2020年までに女性管理職30%」
の目標は、理にかなっているのかもしれません・・・。