BLOG

日曜日から、インドのニューデリーでインド経済フォーラムが開催されています。
主催はインドの経済団体と世界経済フォーラム(ダボス会議主催)です。

私もYoung Global Leaderとして参加していますが、
昨日は、そのプログラムの一つで、ペプシコのCEOであり、
インド人女性であるインディラ・ヌーイさんとの対話の時間がありました。

その内容を、ツイッターで紹介しましたので、ここにも転載します。

13:41 インド人であるペプシコCEOのインディラさんとの対話は、実務から人生まで、学びと感動の1時間でした。少し、つぶやきつつご紹介しようと思います。

13:42 インディラさん1 食の問題に関して。米国では、商品の多様化とともにカロリーが上がっている。商品の多様化とカロリーが反比例する戦略が必要。

13:42 インディラさん2 インドにおいても、効率化が進む中、農作物の45%がプロセスの途中で廃棄されているという現実がある。廃棄のない効率化が大きな課題だ。

13:46 インディラさん3 ペプシコでは、三つのマインドセットで、商品を考えている。1.既存商品(消費者が持つ昔ながらのイメージと商品)、2.新しい商品(消費者にとって良い商品。カロリーオフとか、オーガニックとか)、3.意外な商品(容器も含めて奇想天外な商品)。

13:49 インディラさん4。今はマネジメントにとって大きな危機のとき。昔ながらの世代と全く新しいデジタル世代が共存している。社会の価値観もバラバラ。この異なる人々を融合することが極めて重要。したがって、今は、会社においても「ジェネレーション・ダイバーシティ」が最も重要である。

13:53 インディラさん5 リーダーとして。 1.体験した失敗を、二度と繰り返さないための学びとすること。2.自分が我慢することが、組織へどのような影響を与えるか考えること。3.質問されたときはその本質を掴むこと。4.トップの言葉は究極の言葉。言葉を選び、その影響を意識すること。

13:56 インディラさん6 資本主義3.0の時代に入った。政府と企業が対立軸ではなく、協力しながら社会を作っていくべき時。共通で掲げる目的は、社会の成功。そのためにも、政府には、「まぜ、何の目的で、いつ、その施策を行いたいのか」を明確にしてもらいたい。そうすれば、現実的な議論ができる。

13:58 インディラさん7 これまで、たくさんのメンターに出会った。メンターは自分で選ぶものではない。メンターがあなたを選んでくる。それは出会いだ。そのときには、それを受け止め、反応することだ。掃除夫の人も、乞食の人も、立派と言われる人も、全ての人があなたにとってメンターとなりうる。

14:01 インディラさん8 子供の頃は中流家庭に育った。父親は2分で夕食を終えたが、母は30分以上時間をかけ、子供たちに毎日、あなたが首相に立候補したつもりでスピーチをしなさいと言った。それを聞いて、母は、投票するしないという評価を下した。日によって、首相だったり、社長だったりした。

14:05 インディラさん9 結婚生活や子育てと世界企業のCEOの両立は本当に難しい。我慢と後悔と悲しみと懺悔の日々。年の半分は出張で、そのときは家を空ける数だけ子供に手紙を書き、毎朝、シッターさんにその手紙を子供に渡してもらう。夫婦の関係も大変。ルールなど通用しない.感情があるのだから。

14:07 インディラさん10 一番上の娘の手紙「今日は5時から10時まで窓のそばにいて、お母さんが帰ってくるのを待っていた。けれどもお母さんは帰ってこなくて、気がついたら、窓のそばで寝ていた」。とても辛そうにこの話をしたインディラさんの表情が、CEOと母、そして妻を両立させる苦悩を示していた

14:09 インディラさん11 経営者は一人で決めること。いろんなことをいう人々の声は、サウンディングボードだと思うこと。そして、自分と同じレベルの人を2、3人見つけなさい。きっとその人があなたの助けになる。

14:11 インディラさんのお話。もっと紹介したいけど、オフレコ的な内容もあったので・・10個だけ。54歳だというインディラさん。人間としてもとても素晴らしい方でした。

14:20 ありがとうございます。インディラさんのお話を聞いていて、メンターとの出会いには、「全てを受け入れる力」と「意味を考える力」が必要なのだと思いました。RT @yuko_h : インディラさんのお話、勉強になりました。ありがとうございます。藤沢さんがなさっている社長トークもそう///

14:21 インディラさん12 そういえば、インディラさんが、残念なことに、今まで数多くのメンターとの出会いがあったが、女性のメンターには一度も出会ったことがないとおっしゃっていた。その意味をどう考えるべきか・・引っかかっています。

Powered by twtr2src .