BLOG

follow me

渋澤さんとの金曜日の対談の報告が遅くなりました。今からまとめてつぶやきます!【渋澤さんと長期投資】

posted at 23:44:17

【渋澤さんと長期投資1】長期投資とは何年?共通の認識は世の中に無い。渋澤さんとしては、30年とした。これなら、誰もが長期と思うだろう。

posted at 23:45:31

【渋澤さんと長期投資2】渋澤さんが長期投資を始めたきっかけは?元々トレーダー。元上司は藤巻さん。短期売買が仕事だったが、お子さんの誕生を機に、銀行で投信の積立を始めた。積立対象は、日経225のインデックスファンド。

posted at 23:46:56

【渋澤さんと長期投資3】コモンズ投信を設立したのは?インデックスファンドを個人的に積立始めたけれど、少子化する日本で、市場の平均を取るインデックス投資の効果は期待できない。銘柄を選んで集中投資をするべき。その思いから、30銘柄を絞ったコモンズ投信をスタート。

posted at 23:48:47

【渋澤さんと長期投資4】インデックスファンドは?これからの日本市場でインデクスファンド投資はダメ。コストが安いというメリットはあるが、企業の二極化から平均値で見るとは、ほとんど成長しないかもしれない。高度成長しているBRICs等は、インデクスファンド投資は有効だろう。

posted at 23:50:29

【渋澤さんと長期投資5】集中投資したい企業選びのポイントは6つ。1)事業サイクルや環境適応力といった企業のDNA。2)経営力がバトンタッチ可能であること。3)グローバルに活躍できること。4)ブランド力があり、それが社員のプライドとなっている。5)対話力。6)収益性と資本政策。

posted at 23:53:15

【渋澤さんと長期投資6】長期投資と長期放置は違う。先に揚げた企業選びのポイントを元に、企業を見直す。それは定期的というよりも、何か気になることがあった時に確認するという感じ。放置するのはダメ。

posted at 23:54:47

【渋澤さんと長期投資7】「単純に考えたら人口の減少が見込まれる日本市場が持続的に拡大して行くとは思えません。こうした状況の中であえて日本の企業に対して長期投資を行う意味、とは何でしょうか?よろしくお願い致します」という質問には、渋澤さん一言「喝!」

posted at 23:58:48

【渋澤さんと長期投資8】Q「投資を行う主体として事業会社が挙げられると思いますが、その事業会社が大した目的もなしに資産運用の名目で余剰資金を運用に回し、結果証券会社の思惑に乗って売買を繰り返し、最終的に手数料がかさみ損をしている現状について」A 流動性の観点から必要な行為

posted at 00:00:04

【渋澤さんと長期投資9】Q「渋谷さんが今一番”日本のここがおかしいぞ!”と思うところはどんなところでしょうかね」 A 日本人の目線の低さ。当事者意識がないこと。友人から聴いた話で、13億人の中国人は、毎日明日は今日より良い日と思って寝る.日本人は明日も同じでありますようにと願う。

posted at 00:02:25

【渋澤さんと長期投資10】渋澤さんは希望あるお話をされたが、日本がダメになるという話をする人もいる。どう思うか?という会場からの質問。A お話をする人には必ず専門分野がある。その分野のことについてはしっかり聴き、それ以外の部分は適当に聴いてください。

posted at 00:04:53

RT @koganehakogame: 以前、松本大さんとお話しした際は「日本企業の趨勢はオランダ企業(ユニリーバやフィリップス)の盛衰と比較が可能だ」と//。東アジア経済の統合を考えると人口減と寡占化、企業の巨大化、私も参考になると考えています。 >【渋澤さんと長期投資7】

posted at 00:07:40

【渋澤さんと長期投資/番外編】なぜ澁澤さんは、30年を長期投資としたのか? A 「3」が好きだから。誕生日も3月18日だし。

posted at 00:12:22

retweet