BLOG

今日から世界経済フォーラム東アジア会議が始まりました。私たちヤンググローバルリーダー(YGL)のセッションは、一日早く昨日開催でした。YGLの一人が、ベトナムの飲食店をたくさん経営していて、彼の所有するハードロックカフェがワークショップの会場でした。

posted at 01:28:21

今、世界経済フォーラムでヤンググローバルリーダー(YGL)のアジア部門を担当しているのは、日本人のシュンスケさん。ツイッターで世界経済フォーラムが求人を出しているのを見つけて、入社したそうです!今回のYGLサミットは、彼がほぼ一人でオーガナイズ!大感謝です。

posted at 01:28:33

今日から始まった本会議の午前中は、ASEANの首脳たちが、一人ずつスピーチ。みんな判でで押したように同じことを言う。地域間の協力体制の確立、世界における役割、新しい開発モデルの確立、環境問題への取り組み、教育と若者の支援。 http://twitpic.com/1uj54s

posted at 01:29:37

国家元首が登壇すると、存在そのものにインパクトはあるけれど、お話は極めて概念的で、具体的ではなくて、既に語られているようなことで、面白いとは言い難い。でも、国のリーダーを見ると国の水準が見えるような気がして人を見る勉強になる。 http://twitpic.com/1uj5dc

posted at 01:30:47

朝から国家元首がたくさん出席するので、カメラマンたちが最前列に座るVIPたちを必死で撮影。ダボス会議では、いつもこんな感じ。 http://twitpic.com/1uj5qy

posted at 01:31:36

アジアの国家元首やVIPたちは、常に登壇して最初の発言の際に、主催者に対して招いてもらったことに対して感謝の言葉を述べる。欧米のVIPは、こうした発言はせず、聴衆を掴むための発言から始める。感謝から始めるのは、アジア特有の文化なのかな。

posted at 01:31:45

ダボスの地方会議には、中南米会議と中東会議とアフリカ会議と今回の東アジア会議に参加。中南米会議は、ポルトガル語とスペイン語。中東会議はみんな英語。アフリカ会議はスワヒリ語か英語。東アジアは言語の種類がとっても多い。アジアは、特に多様性のある地域であることを実感。

posted at 01:32:12

午後は、メコン川流域の五カ国の国家首脳のパネル。温暖化により河の水量や水位の変動が激しくなったが、世界に対する食料供給地域としての役割を果たしたいと。メコン川流域国は、GMS、MRCといった協調体制を作る議論の場を持っている。

posted at 01:33:59

今回の会議は、ベトナムでの開催なので、ASEANの話が中心。2015年には、ASEANを一つのマーケットとするべく、関税・ビザなど制限をなくす取り組みをしている。ASEAN全体では、既にインドを超える経済成長。勢いがある。でも国毎に格差があり過ぎて、まとまるかが最大の課題?

posted at 01:39:32

夕方には、NHKのアジアンボイスの公開録画。日本の頻繁な総理の交代に対する質問には、会場から冷笑。そしてパネリストからは、政治的にも経済的にも成熟した国の場合、総理が変わっても、民間企業には影響がないのでは?と。

posted at 01:44:11

夜は、ベトナム大統領主催の旧大統領府での立食パーティ。 http://twitpic.com/1ujarf

posted at 01:49:14

会場では、水上人形劇が。水の中から人形が飛び出してきます。幻想的。 http://twitpic.com/1ujaym

posted at 01:50:52

ディナー会場では、ベトナムの伝統的なダンスや音楽も・・。でも立食なので、見てるのも疲れるし、いろんな人に話しかけられてもにぎやか過ぎて話すの大変だし・・疲れました。。 http://twitpic.com/1ujbg6

posted at 01:51:30

ホーチミンの街には、世界経済フォーラムの東アジア会議開催を知らせる旗がいっぱいぶら下がっています。 http://twitpic.com/1ujbrr

posted at 01:52:40

とりあえず、今日一日の簡単な会議報告のつぶやきをしてみました。詳しい議論の内容は、世界経済フォーラムのサイトで。webcasも行っています! http://bit.ly/aAh2Mt

posted at 01:57:47