BLOG

ベトナムから来日中の
ファンドマネジャーとエコノミストに、
ツイッターでいただいた質問を投げかけ、
いただいた回答を簡単にまとめました!

インタビューにお答えくださったのは、
下記のお二人。

hao.jpg
Tang Long 証券
副社長
Quach Manh Haoさん
エコノミスト

hai-ha.jpg
MB Capital Management Company
Chief Investment Officer
Nguyen Hai Haさん
ファンドマネジャー

ベトナム1)ベトナムの通貨安について。昨年まで、貿易赤字+外貨準備不足で、通貨安に。今年は、貿易黒字化+外貨準備に関する規制も新たになり、準備高増加傾向。これ以上通貨安になることはないだろう。またFDIおよび経常収支は、今年黒字になる。FIIも昨年来買越しが続いているとのこと。

posted at 17:41:16

ベトナム2)外国からの機関投資家の投資額は、今年の実績では、昨年の二倍。株式市場の16%が外国人投資家(約70億ドル)。でも、まだ小さい。今後、大型国営企業の上場予定が続くいているので、2012年にかけて、時価総額規模は3倍以上に拡大する見通しだとか。

posted at 17:45:01

ベトナム3)ベトナムの政治状況について、エコノミストの方曰く、世界でも政治的に最も安定した国の一つだと思う。一党制がうまく機能しており、共産党と政府の関係も良好、ドイモイ政策に対し国民からの支持も高い。共産党と政府のサポートや規制により、外資企業もビジネスをうまく展開できている。

posted at 17:48:32

ベトナム4)株価が今一歩元気無いのは?大企業の業績は昨年に引き続き良好だが、インデックスが横ばいなのは、個人投資家の欧米や日本に対する心理的不安から、投資が進まないことが理由。また、金利が高いため、株式よりも金利商品へお金が流れている。

posted at 17:51:16

ベトナム5)今後の株式市場について。今後2〜3ヶ月は、まだ横ばいが続くだろうが、その後は上向く可能性がある。理由は、中央銀行の貸出しが伸びる可能性。今年の中央銀行からの資金供給が予定ほど行われておらず、今後の公開市場操作のタームも1週間から4週間に拡大予定。

posted at 17:53:21

ベトナム6)金利について。現在の金利は11〜12%だが、今年はさらに1%下がるとエコノミストは見ている。

posted at 17:54:22

ベトナム7)物価は現在CPIは8.2%。2007年には20%を超えたが、順調に低下しており、物価抑制策が功を奏している。IMFも年初、今年のCPIを16%と予想していたが、最近10%以下になると予測を修正した。

posted at 17:55:56

ベトナム8)これから期待される産業は?国内需要産業が最も注目されるべき。住宅、飲食、交通など。政府は、農業国から工業立国へ、そしてサービス立国へのシナリオを実施中。

posted at 18:02:21

ベトナム9)ベトナムでは、この10年で、中間所得層が40%から70%に増加。彼らの消費意欲は大変なもの。住宅や飲食の消費関連の伸びは、要注目。

posted at 18:03:30

ベトナム10)インフラ投資に関しては、経済成長ほどに伸びていない。追いついていないのが現状。道路、鉄道といった交通インフラ、輸出向けの港湾インフラも積極的に開発投資に向っている。

posted at 18:04:58

ベトナム11)日本からのベトナムへのインフラ輸出が成功するには?という問いに対しては、答えにくそうでしたが、質が高くて、安く、ネットワーク力のある現地のローカルパートナーとの関係作りが不可欠だと・・。

posted at 18:06:14

ベトナム12)中国の次を担う生産拠点になれるか?識字率92%、高い教育水準、労働コストの安さから、タイやインドネシアと比べても、生産拠点を担う可能性は最も高いと思うとのこと。

posted at 18:07:38

ベトナム13)これからの期待の一つに、IT投資がある。中小企業の70%がこれからIT投資をすると答えている。FPTグループなど期待できるのでは?とのこと。

posted at 18:09:06

ベトナム14)ベトナムに財閥はあるの?国営企業中心だったので、今育っているところ。大きな財閥はないとのこと。

posted at 18:10:02

ベトナム15)ベトナムの個人投資家は?かなり多くの人が株式投資をしているが、ほとんどが投機家。当局でも、長期投資家を育てなくてはいけないという問題意識が芽生え始めており、議論が始まっているとのこと。

posted at 18:11:06

ベトナム16)その他、もう少し詳しいデータのお話は、8月20日に発売される日経マネーの連載で掲載させていただきます!ツイッターのご質問もいくつか掲載させていただきます!ご協力ありがとうございました!!

posted at 18:12:20