BLOG

今日は、NHKのクローズアップ現代に出演させていただき、
そして、それをたくさんの方がご覧くださって、
このページにもたくさんコメントをお寄せいただいて、
とてもうれしいです。ありがとうございます。

ツイッターでも、
「市民ファンド」が頻出ワード1位になっていたみたいで、
NHKの影響力はすごいのだなぁと思いつつ、

でも何よりも、
あのファンドを通じてつながり合っている方々のお姿が多くの人に、
「市民ファンド」という言葉をつぶやくきっかけを与えたのだろうと思います。

ただ、少しだけ、気になるのが、
こうして多くの方が興味を持たれると、
必ず出てくるのが、
「詐欺まがいの商品」と、
「市民ファンドを購入して損をしたという苦情」です。

詐欺まがいに関しては、
番組でもお伝えしましたが、
まずは、きちんと金融庁に「投資運用業者」として
登録されている運用会社であるかを確認することが
まず第一歩として大切です。

そのうえで、互いの信頼に基づいているとはいえ、
必ずうまく行くとは限りません。
過去のファンドのなかでも、
マイナスになってしまったものや、
ほとんど利益の出なかったものもあります。

以前、市民ファンドを運用・販売されている
ミュージックセキュリティの方におうかがいした際に、
市民ファンドの投資家の多くが、利益を得ることを
第一目的にしていないということでした。

応援して、うまく行けば、利益がついて戻ってくると嬉しい
そんな気持ちの商品だと思った方が良いと思います。

そして、その投資家の思いに甘えたりせずに、
しっかりと責任感を持って、事業を成功させ、
投資家にお返ししようと考える事業者かどうかは、
運用会社が厳しく審査するということだと思います。

「自分が儲かるかも・・」という利己的投資ではなく、
「互いに幸せになる」という市民ファンドの投資を
大切に育てるためにも、
詐欺被害や、利己姿勢の投資家が、市民ファンドの世界に
出てこないことを祈っています。

それもまた、この市民ファンドを守り、育てたいと思う方々が
ネットを通じて、積極的に情報交換をすることで、
健全性を守っていけるのではないかと思います。

盛り上がった市民ファンドに水は差したくないけれど、
これから、本当に日本のみならず、世界の経済のあり方を
変えるかもしれない市民ファンドだからこそ、
みんなで大切に育てていきたいですね!

img_4126.jpg
4月17日にボランティアで出かけた時の石巻の町の様子。自動車をもひねり潰す津波の威力に、声も出ませんでした。