BLOG

12月21日に、川崎市にて、
SNSを活用して大成功をなさっている
ものづくり中小企業の経営者さんたちとの
パネルディスカッションでモデレータを
務めさせていただきました。

30代と40代と50代の3人の社長様、
それぞれに厳しい環境下で、TwitterやFacebookを使って、
自社オリジナル商品を作ったり、受注獲得、地域を越えた連携、
被災地をものづくりで支援など・・驚くべき結果を次々に出していらっしゃいます。

そのSNS活用のイベントを終えての感想を書いてみました。

社長様たちのお話をうかがって、
SNSやブログなどインターネットが、
企業の世界でも権力構造を変えることを確信しました。

ネット革命によって消費者が強くなるということは、
繰り返し言われ、「消費者主権」「消費者革命」なる言葉が
飛び交いましたが、その延長線上には、
小さな企業による企業社会の権力構造も変わりつつあるように思います。

【資本力から人間力へ】

大企業は、「資本力」や企業名などの「ブランド」や「信頼」
という価値を、そこで働く社員たちに与え、
大企業に属した方が、様々な交渉ごとを優位に運ぶことができました。

一方、そうした「資本力」や「ブランド」などが
大企業に比して少ない小さな企業の社長さんたちは、
「技術力」と「人間力」を磨くことを通じて、
ビジネスの世界を渡ってきました。

そうしてやってきたのが、ネットの時代。

ネットの世界では、企業や組織など、
人間の心と個性を表現できないものには、
人が集まってこないようです。
その個性は、多種多様で良く、
異なる個性に共感するそれぞれの人々との関係が深まって行きます。

個性は違えども、共通に求められるのは、利己的でなく、
人を思いやる気持ちを持って発信しているかどうか。

つまり、小さな企業の社長さんたちが磨いてきた
個性とも言える「技術力」と人を思いやる「人間力」が、
価値となり、強みとなり、ブランドとなり、そして、信頼となり、
小さな企業同士が、地域を越えてつながることで、
あたかも大きな会社のような役割分担を行い、
大きな事業を実現することができるようになりつつあります。

【固定した大組織から柔軟な大組織へ】

あたかも大企業のごとく小さな企業が集まって
動き始める取り組みは、まずは国内だけのつながりから始まりますが、
この動きが本格化して行けば、国内外の小さな企業がつながりあって、
あたかもグローバル企業のような動きをする日がやってくるに違いありません。

アメーバ経営を大きな企業の社内で実現するのではなく、
小さな企業が連携して、ネットを介してアメーバ経営を実現するとも
言い換えることができるかもしれません。

*リンクは、昨日のパネルでもご一緒した社長様達の取り組み。
寄付を集めて届けるのではなく、寄付を何倍もの価値にして
復興支援に取り組むというものづくり企業の連携です!
製造業的復興支援プロジェクト
http://www.facebook.com/mono.shien?sk=wall