BLOG

今日は、フォーラム最終日。

blue-sea.JPG
会場から見える海は、今日も感動的に青い・・。

さて、朝一番のプログラムは、
「中国から南米にいかに資本を投資してもらうか」
という議論。

パネリストはコロンビアの銀行の経営者と
中国の政府関係者と銀行関係者、
そして、アメリカのインベストメントバンカー。

自信にあふれた雰囲気で、
「南米はああするべきだ。こうするべきだ」
と語る一方で、

「皆さんは中国にいろいろ期待されているようだが、
 中国はまだ途上国なので、
 皆さんからのサポートが必要です。
 ぜひ、中国へのご支援をお願いします」
と懇願されたり・・・

謙虚なようなそうでないような、
そんな姿を見て、
もしかして、70年代80年代の日本人って、
海外でこんな感じだったのかな・・・と思った。

あとで、パネリストだった
インベストメントバンカーの方とお話ししたら、
「僕も同じことを感じていたんだよ。
 ああ、25年くらい前に見た日本人そっくりだって」
と言われました。

しかも、
パネリスト関係者らしい女性は、
カメラを持って、パネリストの前に立って
写真を撮り続け・・・

この間読んだ、
日本人ジョーク集に出てくる日本人と
そっくりでした。

これってアジアの特徴なのでしょうか・・。

この後は、
中米の大統領と首相が5人集まっての
中米戦略のパネルディスカッション。

個性豊かなトップリーダーたちの話は、
言霊にあふれ、パネルの途中なのに、
何度も拍手が起こりました・・・。

このセッションを終えて、
帰路につくため空港へ。

そして今、
ロサンゼルスで飛行機を乗り換えるため、
13時間だけのLA滞在です・・。