LEADERS

[第203号]日本を代表するインターネット企業へ / ユナイテッド株式会社(東マ 2497)
 
こんにちは。
藤沢久美です。

あっという間に10月。
そして、連続する台風や自然災害。

そんな自然災害のニュースを目にする度に、
日本は本当に過酷な自然の中を
生きてきた国なのだということを実感します。

一方で、海外に行くと、自然災害は少ないけれど、
人的災害の多い国があります。

そこでふと思うのが、
自然災害には仕返しができないけれど、
人的災害には、仕返しができること。

けれども、仕返しをすることは、負の連鎖を生み出します。

自然災害と共に生きてきた日本だからこそ、
仕返しをせずに、共生する生き方を
世界に発信できたら・・・と思う今日この頃です。

この連休も台風が日本列島に上陸するようです。
皆様のご無事をお祈りしております。

==================================
◇◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆◇ 
==================================

この「社長Talk News」は、
藤沢久美がご縁を頂いた方々、または、
配信登録を頂いた方へ、お届けしております。

配信停止・配信先変更をご希望の方は、
お手数ですが、下記のフォーム、
または当メールへの返信にて、
ご連絡を頂きますようお願い致します。
http://www.shachotalk.jp/support/change.html

―<目次>――――――――――――――

1.今週の社長Talk
 『日本を代表するインターネット企業へ』
  ユナイテッド株式会社
  代表取締役社長COO 金子陽三さん

2.最近の社長Talk
 ◇9月30日放送
 『地方の自立を官民協働で支援する』
  株式会社サイネックス
  代表取締役社長 村田吉優さん

 ◇9月16日放送
 『個人が輝き、日本が良くなる事業を展開』
  株式会社オールアバウト
  代表取締役社長 江幡哲也さん

 ◇9月9日放送
 『リユース産業の生みの親』
  株式会社トレジャー・ファクトリー
  代表取締役社長 野坂英吾さん

3.メディア情報
 ◇「人と国土21」2014年9月号
 ◇ 静岡新聞 夕刊「窓辺」
 ◇『なぜ、川崎モデルは成功したのか?』著者インタビュー

4.講演情報
 ◇10月25日(土)金融経済講演会(つくば)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】今週の社長Talk
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『日本を代表するインターネット企業へ』

ユナイテッド株式会社
代表取締役社長COO 金子陽三さん
(東証マザーズ 2497)

進化を続けるインターネットの世界でのビジネスは、
猛スピードでの進化を求められる。
経営危機に社長に就任し、再生を成し遂げ、
新事業を作り続ける組織づくりを聞いた。

主な内容
1)世界でブレイク「CocoPPa」を開発
2)世界的アプリを作る開発部隊の仕組
3)見る人に合わせて現れるRTB広告とは
4)日本を代表するインターネット企業になるには
5)素直で優秀な学生が迎えた高校時代の転機
6)日本の起業環境を良くするために起業
7)会社を立て直す使命を帯びて社長就任

▼金子さんとの対談は、こちらからお聴きいただけます
http://www.shachotalk.jp/talk/20141007

━┫Talk Impression~対談を終えて~┣━

「日本を代表するインターネット企業になる」
というビジョンを掲げるユナイテッド株式会社。

もともとはネットエイジとして1998年に創業された会社で、
以前は、インターネットビジネスのインキュベーターとして
ネットベンチャーへの投資事業を中心にされていたのですが、
リーマンショックの影響から経営の立て直しに迫られ、
投資会社から事業会社への転身を図り、
2012年にユナイテッド株式会社と社名も変更しました。

現在は、スマートフォンメディア事業と
RTB広告事業の2つを柱に取り組まれていて、
中でも、スマホ着せ替えアプリ「CocoPPa」は、
世界に2700万人以上のユーザーを抱える
日本発のミリオンアプリとなり、大きな注目を集めています。

▼ Talk Impressionの続きはこちらからご覧ください
http://www.shachotalk.jp/talk/20141007#ti

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】最近の社長Talk
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<2014年9月30日放送>

『地方の自立を官民協働で支援する』

株式会社サイネックス
代表取締役社長 村田吉優さん
(JASDAQ 2376)

60年前に電話帳制作事業を始めた同社。
全国の自治体に財政負担をかけない住民サービスや
財源を増やすふるさと納税サービスを展開。
地方の自立を支援する稀有な事業会社。

▼ 村田さんとの対談音声はこちら
http://www.shachotalk.jp/talk/20140930

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2014年9月16日放送>

『個人が輝き、日本が良くなる事業を展開』

株式会社オールアバウト
代表取締役社長 江幡哲也さん
(JASDAQ 2454)

1000人の個人の専門家を束ねて
あらゆる分野の専門情報をネットで提供するオールアバウト。
次々に展開する事業すべてが個人のエンパワーメント。
その思いと軌跡と未来。

▼ 江幡さんとの対談音声はこちら
http://www.shachotalk.jp/talk/20140916

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<2014年9月9日放送>

『リユース産業の生みの親』

株式会社トレジャー・ファクトリー
代表取締役社長 野坂英吾さん
(東証マザーズ 3093)

リサイクルといわれていた事業を、
リユースという産業に進化させた野坂さん。
新たな消費マーケットとして、我々の価値観をも変えてきた
リユース産業の進化の軌跡を聞いた。

▼ 野坂さんとの対談音声はこちら
http://www.shachotalk.jp/talk/20140909

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

社長TalkのFacebookページでは、
毎週の番組内容紹介や、収録時のスタジオでの写真、
番組担当者のエッセイなどを随時、掲載しています。

ぜひFacebookページを「いいね!」していただき、
社長Talkの最新情報をフォローいただければ幸いです。

▼ 社長TalkのFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/ShachoTalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】メディア情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「人と国土21」2014年9月号

一般財団法人 国土計画協会の機関誌
「人と国土21」2014年9月号(第40巻3号)に、
寄稿が掲載されました。

テーマは、
「グランドデザインが描く多様な国民性の復活」
です。

本文は、下記より、PDFでお読みいただけます。
http://goo.gl/xQUuwO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆静岡新聞 夕刊

7月~9月の3ヵ月間、
静岡新聞 夕刊に掲載のコラム「窓辺」の
毎週月曜日の連載執筆を担当しました。

本文は、下記より、PDFでお読みいただけます。

7月7日(月)掲載 第1回
「サウジの女性は元気いっぱい」
http://goo.gl/VF7EBw

7月14日(月)掲載 第2回
「ライオンもラクしたい」
http://goo.gl/F6rmVH

7月21日(月)掲載 第3回
「過去と未来と感謝と責任」
http://goo.gl/CKBhwd

7月28日(月)掲載 第4回
「福祉国家は自己責任国家」
http://goo.gl/CMajs1

8月4日(月)掲載 第5回
「お寺は市役所の原型?」
http://goo.gl/Bu5FO0

8月11日(月)掲載 第6回
「奈良時代に見るグローバル社会の原点」
http://goo.gl/8CjVSp

8月18日(月)掲載 第7回
「悔いのない旅立ち」
http://goo.gl/xxUxj4

8月25日(月)掲載 第8回
「人為災害と自然災害」
http://goo.gl/Yo74db

9月1日(月)掲載 第9回
「経営者は教育者」
http://goo.gl/p96jkj

9月8日(月)掲載 第10回
「スラムの住民と民主主義」
http://goo.gl/Jc4IDk

9月15日(月)掲載 第11回
「人口問題とグローバルな視点」
http://goo.gl/87bdeA

9月22日(月)掲載 第12回
「消えた歴史と伝える歴史」
http://goo.gl/3aJbmc

9月29日(月)掲載 第13回(最終回)
「未来へつながる今」
http://goo.gl/xFskWy

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆『なぜ、川崎モデルは成功したのか?』著者インタビュー

新著『なぜ、川崎モデルは成功したのか?』(http://amzn.to/1nbDcfk
の著者インタビューが、下記の媒体に掲載されました。

 ◇実業之日本社 WEBサイト
  http://goo.gl/yLKGmp

 ◇6月23日(月)付 東京新聞 川崎版
  http://goo.gl/k6tYqx

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼▼メディア情報の詳細はこちらから
 http://kumifujisawa.jp/media/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】講演情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆金融経済講演会

茨城県金融広報委員会と日本FP協会茨城支部が主催する
ジョイントフォーラムでの金融経済講演会において、
「どうなる?先行きのくらしと経済
 ~これからの私たちに必要な金融知識」
をテーマに講演を行います。

【日 時】2014年10月25日(土)13:00~14:30

【会 場】つくば国際会議場
     http://goo.gl/ssjAvu

【テーマ】「どうなる?先行きのくらしと経済
      ~これからの私たちに必要な金融知識」

【定 員】230名(申込先着順)

【申込方法】
 講演会への参加を希望される方は、下記よりお申込みください。
 https://www.jafp.or.jp/tbb/?hojin_cd=908

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼▼イベント・講演情報の詳細はこちらから
 http://kumifujisawa.jp/lectures/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この「社長Talk News」は、
藤沢久美がご縁を頂いた方々、または、
配信登録を頂いた方へ、お届けしております。

配信停止・配信先変更をご希望の方は、
お手数ですが、下記のフォーム、
または当メールへの返信にて、
ご連絡を頂きますようお願い致します。
http://www.shachotalk.jp/support/change.html

また、番組へのご意見、ご感想などが
ございましたら、下記へお送りいただけますと幸いです。
mailto:studio@shachotalk.jp

──────────────────────────────────

藤沢久美の社長Talk オフィシャルサイト
http://www.shachotalk.jp/

Facebookページ
http://www.facebook.com/ShachoTalk

Twitterアカウント
http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014/10/10 18:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第199号 ◆◇◆      

        『SNSでマーケティングの進化形を創る』        

           http://www.shachotalk.jp/          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 新年度に入り、気分一新、お元気でお過ごしでしょうか。
 東京では、ソメイヨシノが散り、八重桜が満開を迎えています。

 さて、久しぶりの社長Talk Newsをお送りいたします。
 何名かの方から、最近メールが届かないのだが、
 システムエラーが起きているのではないかと
 お問い合わせをいただき、大変恐縮しております。

 私が執筆を怠っておりました。

 言い訳も含めて、一つ、ご報告をさせていただきます。

 昨年、11月に、文部科学省の参与になり、
 一つのプロジェクトをお手伝いしていました。

 「官民協働海外留学創出プロジェクト」というもので、
 昨年4月に、ダボス会議のヤング・グローバル・リーダーたちとの
 下村文科大臣を囲む夕食会が発端となりました。

 「すべての若者に海外体験を創りたい」という大臣の言葉に
 共鳴した仲間たちが、民間の力も結集して、それを実現しようと声をあげ、
 その翌週から文科省の方々と議論を始め、プロジェクトが立ち上がることに
 なりました。

 しかし、すでに多くの仕事を抱えていらっしゃる文科省の方々だけでは
 プロジェクトを進めていくのは大変ですし、
 文科省では、過去に前例のない、官民協働の留学プロジェクトです。

 民間のメンバーを職員として参画させて欲しいというお願いを
 大臣が聞き入れてくださり、何名かの仲間が、職員として参画し、
 私は参与として参画することになりました。

 そして、民間からの前代未聞の無理難題を勇気ある文科省の皆さんが、
 省内調整をしながら、進めてくださいました。

 その結果、この4月に、「官民協働海外留学創出プロジェクト」は、
 正式なプロジェクトとして立ち上がり、3分の2のメンバーが、
 民間からの若手メンバーとなりました。年収が激減するにもかかわらず、
 参画してくださった使命感に燃える方々ばかりです。

 民間以外には、当然のことながら、文科省の方々、留学支援機構の方々、
 そして、国立大学の方々が、メンバーとして参画しています。

 まさに、産官学の新たな取組みです。

 企業経営者の皆さんと文科省関係者、大学関係者、そして自治体の方々と
 すべての若者にチャンスを与える仕組みを作り、さらに、
 新しい常識を創っていけたらと、メンバーみんなが希望に満ちています。

 そして、各省庁で、こうした新しい産官学プロジェクトが動き始めたら
 素敵だなぁと思っております。

 このプロジェクトに参画したいと思ってくださる方は、
 個人・企業に関わりなく、ぜひご連絡ください。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  アライドアーキテクツ株式会社
  代表取締役社長 中村 壮秀さん
  『SNSでマーケティングの進化形を創る』

 【2.メディア情報】
  4月 1日(火)発行 岡三証券広報誌『Adesso』

  4月21日(月)放送 東海ラジオ『源石和輝 モルゲン!!』

 【3.藤沢久美のマネーコラム】
  『投資成果を考える 第2回 ベンチマーク(質問編)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆アライドアーキテクツ株式会社
  代表取締役社長 中村 壮秀さん
  (東証マザーズ 6081)

  『SNSでマーケティングの進化形を創る』

   様々なソーシャルメディアがでてくる中、SNSを使った
   新しいマーケティング手法を実現。同社のツールが、企業の
   規模に関わらず、世界へのマーケティングを可能にする。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140408
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  アライドアーキテクツ、「創造者の集団」という意味の社名ですが、
  常に創造性を発揮することで進化を導き、社会を驚かせるような
  サービスを作り上げていきたい、という意味がこめられています。
  そのような思いで中村さんが会社を立ち上げたのは2005年。
  当時は、ブログが急速に普及し、ミクシィが話題になり始めた頃
  でしたが、中村さんは、その頃から個人の発信が情報流通の中心に
  なるということを感じていたそうです。

  そして、FacebookやTwitter、
  ブログなどのソーシャルネットワークが急速な進化を遂げた今、
  アライドアーキテクツは、それらを活用したマーケティング
  プラットフォーム「モニプラ」を中心とした、ソーシャルメディア
  マーケティング支援事業を展開しています。

  対談では、ソーシャルネットワークをどのようにマーケティングに
  活用するのか、ヒントをいただきました。

  また、Facebook関連サービスを中心に、国内で急成長を
  遂げている「モニプラ」ですが、中村さんのお話を聞いていると、
  モニプラを使うことで、企業のみならず、個人も、ビジネスを世界に
  広げていくことができるのではないかと、ワクワクしてきます。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140408
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
   「藤沢久美の社長Talk」対談全編は、
   音声配信サイト「FeBe」の定期配信番組として、
   毎週火曜日正午、月4本お届けいたします。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇株式会社ビューティガレージ
    代表取締役CEO 野村 秀輝さん
    『美容業界を変える』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140318

   ◇アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社
    代表取締役社長 丸山 雄平さん
    『建築の常識を変えた不屈の挑戦』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140325

   ◇株式会社ユビキタスエンターテインメント
    代表取締役社長兼CEO 清水 亮さん
    『人類の進化に貢献する』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140401

   ◇アライドアーキテクツ株式会社
    代表取締役社長 中村 壮秀さん
    『SNSでマーケティングの進化形を創る』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140408

  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.メディア情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆『Adesso』2014年4月号

  岡三証券が発行する広報誌『Adesso』2014年4月号に、
  連載「藤沢久美のHow To 投資信託」第49回が掲載されました。

  『Adesso』は、岡三証券サイトから見本誌を請求いただけます。
   http://bit.ly/O6uFbY

 ◆東海ラジオ『源石和輝 モルゲン!!』

  毎月第1・3月曜日、
  東海ラジオ『源石和輝 モルゲン!!』の
  「情報モルゲン」のコーナーに出演しています。

  4月の放送日は、4月7日・21日です。

  ◇番組名:『源石和輝 モルゲン!!』
  ◇放送局:東海ラジオ 1332khz
  ◇放送時間:毎週月~金曜日 6:30-9:00

  出演時間は、朝6時50分頃を予定しています。
  (番組の都合により、変更になる場合もございます)

  ┌────────────────────────────────
  │□メディア情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫3.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆投資成果を考える 第2回 ベンチマーク(質問編)

  前回、ベンチマークについて紹介したところ、
  2つの質問をいただきましたので、ご紹介し、回答します。
  
  ▼質問1

  ベンチマークがずっと値下がりしている場合に、
  投資信託の基準価額もずっと値下がりしていても、
  ベンチマークよりも値下がりが小さい場合は、
  良い運用成果だと評価するのですか。
  投資家にとって、投資信託は値上がりしてこそ意味のあるもので、
  値下がりしているものを評価することはできません。

  ▼回答

  ご指摘の通りです。ベンチマークの考え方に基づくと、
  たとえ投資信託の基準価額が値下がりしていても、
  ベンチマークよりも値下がり率が小さければ、
  ベンチマークを上回る成果を上げているということで、
  運用は目標通り行なわれていると評価します。
  しかし、ご質問者がおっしゃるとおり、値下がりしている
  ことを投資家の方々が喜べるはずがないのも事実です。

  また、日本株のベンチマークのTOPIXのように、バブルの頃から20年以上、
  元の価格に戻っていない場合もあるため、どれほどベンチマークよりも
  値下がり率が小さいと言われでも、納得がいかない場合も多いと思います。
  こうした投資対象国の経済の低迷によるベンチマークそのものの長期的な
  値下がりによる損失を小さくするために、積立投資が有効といわれます。
  積立投資を実践していれば、長期低迷している日本株に投資する投資信託でも、
  利益を出すことができているものもあります。

  ┌────────────────────────────────
  │□マネーコラムの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/money/money-column/137/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014/04/11 19:07

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第198号 ◆◇◆      

         『企業と社会の未来像を追求し続ける』         

           http://www.shachotalk.jp/            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 先週の当メールでご紹介したNHKの『サキどり↑』を
 ご覧下さった皆様からのたくさんのメール、
 大変うれしく読ませていただきました。
 ありがとうございました。

 さて、先日、全国の主要大学で試験的に行なわれている
 新しい博士課程コースで学ぶ学生たちの課題発表
 拝見する機会がありました。

 とても優秀で志の高い若者たちで、
 これまでの大学院教育とは一線を画す
 革新的なカリキュラムで学んでいます。

 そんな彼らのプロジェクト案を評価するのは大人たちです。

 世界の課題を解決するための様々なプロジェクト案は、
 新しい発想や斬新なアイデアが根底にあるのですが、
 大人たちの指導を受けた後のプレゼンテーションは、
 とても形式的なものになっていきます。

 さらには、彼らのアイデアに対して大人たちは、
 「現行の法律にそぐわないのではないか」
 「実績は他にないのに、本当にできるのか」
 など、極めて現実的な質問をします。

 私自身も26歳で起業をしようと思った時、
 たくさんの先輩から、
 「面白いアイデアだけど、
  事業にするには、難しいと思うよ」
 と、様々な課題を言われました。

 けれども、
 起業したかったから、その事業を起こしたかったから、
 先輩たちの言葉を有り難く頂戴しつつ、
 ただ前だけを向いて、起業しました。

 若いということは、
 知らないということですが、
 だからこそ、既成概念を超えた
 新しい発想が生まれてくるのだと思います。

 そして、
 また彼らの活躍する未来は、まだ何十年もあります。

 だからこそ、
 成功だけが良い体験ではなく、
 失敗もまた良い体験でなければ、
 人間の成長も進化もないと思います。

 私も、起業してから早20年。
 様々な常識や既成概念を身につけてしまっていますが、
 昔を思い出しながら、若い人の発想に対して、
 課題を指摘するのではなく、
 前に進むための解決策を提示する大人でありたいと思います。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  株式会社じげん
  代表取締役 平尾 丈さん
  『企業と社会の未来像を追求し続ける』

 【2.イベント・講演情報】
  2月1日(土)
   ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬

  2月24日(月)
   知財ビジネスマッチングマート 知財活用シンポジウム(大阪)

 【3.藤沢久美のマネーコラム】
  『投資成果を考える 第1回 ベンチマーク』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆株式会社じげん
  代表取締役 平尾 丈さん
  (東証マザーズ 3679)

  『企業と社会の未来像を追求し続ける』

   ビッグデータ時代の先を行く情報特化型の統合検索サービスを
   展開する同社。31歳にして、人生の半分を経営者として歩んできた
   平尾さんの経営は、未来を予感させる。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140114
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  今週のゲストは株式会社じげん 代表取締役の平尾丈さんです。

  平尾社長は、年齢が31歳と、とてもお若いのですが、
  大学在学中に2社のネットベンチャーを立ち上げ、
  人生の半分近くを経営者として歩まれています。
  現在経営されているじげんは、2013年11月に上場したばかりで、
  複数のインターネットメディアの情報を統合し、
  一括検索・一括応募を可能にしたプラットフォームサイト
  を運営されている会社です。

  例えば、派遣の仕事を探そうとしても、
  色々なサイトに求人情報が散在していて、何度も検索を行ったり、
  いくつものサイトで条件を絞り込んで検索を行ったりするなど、
  希望の情報を収集するための手間が煩雑に感じることがあるかと思います。
  そこで、じげんさんの運営されている『派遣EX』を利用すると、
  あらゆる派遣会社を経由した派遣先を検索でき、登録するときの名前や
  住所の入力も一回で済ませることができるため、非常に便利です。

  このように、企業とユーザーさんの間に立ち、
  両者をつなぐプラットフォームを運営される立場として、
  大切にされていることは何か。
  そのあたりについての平尾社長のお考えをご紹介します。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140114
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
   「藤沢久美の社長Talk」対談全編は、
   音声配信サイト「FeBe!」の定期配信番組として、
   毎週火曜日正午、月4本お届けいたします。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇株式会社ラクーン
    代表取締役社長 小方 功さん
    『20年連続売上増のネット問屋』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131217

   ◇株式会社エンビプロ・ホールディングス
    代表取締役社長 佐野 富和さん
    『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131224

   ◇株式会社リプロセル
    代表取締役社長 横山 周史さん
    『医療界で市民権を得たiPS細胞の産業化を担う』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140107

   ◇株式会社じげん
    代表取締役 平尾 丈さん
    『企業と社会の未来像を追求し続ける』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140114
  
  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.イベント・講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬

  2014年2月1日(土)に開催される
  「ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬」
  のパネルトークに、コーディネーターとして登壇します。

 ===================================================
    ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬   

    http://socialvalue.jp/final/2014winter/   
 ====================================================

  ソーシャル・ビジネスグランプリは、
  ソーシャルビジネスに精通した有識者による講演やパネルトーク、
  これから世に出る政治起業家・社会起業家によるプレゼンテーション、
  参加者による投票等を行う参加型イベントです。

  本大会は、参加者の皆さまが社会貢献するという志を共有し、
  新しい生き方・働き方への第一歩を踏み出すきっかけの日とし、
  当日発表する社会起業家が、
  どのようにして「原体験」に基づいた共感資本を集めていくか、
  ご自身の事業の参考にしたり、これから世に出る社会起業家を支援する等、
  参加者全員がソーシャルアクションを起こすことを目的にしています。

  【日 時】2014年2月1日(土)13:00-18:30

  【会 場】ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16)
       http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html

  【定 員】700名

  【参加費】一般:3,000円
       学生:1,500円(当日、学生証の提示をお願いします。)

  【パネルトーク】
   ◇時間  14:40-15:10

   ◇テーマ
    「政治起業家は社会を変える」

   ◇登壇者
    田坂 広志  (社会起業家フォーラム 代表、社会起業大学 名誉学長)
    田中 勇一  (社会起業大学 理事長)
    金野 索一  (一般財団法人 日本政策学校 代表理事)
    伊勢谷 友介 (俳優/映画監督/株式会社リバースプロジェクト代表)
    藤沢 久美

   ※その他のプログラムは、下記URLをご覧ください
    http://socialvalue.jp/final/2014winter/summary/detail01.html

  【申し込み】
   下記URLより、詳細をご確認の上、お申し込みください。
   http://socialvalue.jp/final/2014winter/overture/detail01.html

  【主催】
   デモクラシー2.0イニシアティブ
   社会起業大学
   一般財団法人日本政策学校

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ◆知財ビジネスマッチングマート 知財活用シンポジウム(大阪)

  2月24日(月)に開催される「知財活用シンポジウム」において、
  基調講演とパネルディスカッションに登壇します。

 =====================================================
        「中小企業の未来が見える」       
      ~成功事例に学ぶ新商品開発戦略~      

  http://www.krp.co.jp/sks/event/data.php?eid=00097 
 =====================================================

  【日 時】2014年2月24日(月)13:00~

  【会 場】大阪市中央公会堂 3階 中集会室
       http://osaka-chuokokaido.jp/access/index.html

  【定 員】80名

  【参加費】無料(事前申込)

  【主 催】特許庁、近畿経済産業局

  【プログラム】
   ●基調講演
    「知恵の流通で進化する中小企業戦略」
     藤沢 久美(シンクタンク・ソフィアバンク 代表)

   ●中小企業経営者が語る大企業の特許利用戦略
     大東 利幸 氏  大東寝具工業(株) 代表取締役 
     西脇 章  氏  ハートス フード クリエーツ(株) 代表取締役 

   ●パネルディスカッション
    ◇パネリスト
     大東 利幸 氏  大東寝具工業(株) 代表取締役 
     西脇 章  氏  ハートス フード クリエーツ(株) 代表取締役
     吾妻 勝浩 氏  富士通(株) 知的財産権本部ビジネス開発部 部長 
     中田 照夫 氏  奈良中央信用金庫 理事・業務推進部 部長 
     西浦 伸雄 氏  堺市 産業振興局ものづくり支援課 主幹兼新事業係長 

    ◇モデレーター
     藤沢 久美    シンクタンク・ソフィアバンク 代表 

   ■大企業の知財を使った製品展示

   ■交流会(有料)

  【お申込み】
   下記URLより、お申し込みください
   http://www.krp.co.jp/sks/event/data.php?eid=00097

  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫3.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆投資成果を考える 第1回 ベンチマーク

  今回からは、投資の成果をいかにして考えるかをご紹介していきます。
  このテーマについて考えたいと思った理由の一つは、年金制度です。
  私は、厚生労働省の年金部会の委員をしており、
  日本の年金資産の運用についての議論を見るにつけ、
  「投資成果」についての日本における理解の不足を感じています。
  国民の資産である年金も、個人が将来のために運用する資産も、
  どちらも「投資成果」についてどのように考えるべきかは極めて重要です。

  ―投資成果を計るには?

  さて、投資成果を計る上で、最も大切なものは「ベンチマーク」です。
  ベンチマークとは、リターンやリスクの最低目安で、
  運用を担当する人は、ベンチマークよりも高いリターンを
  得ることを目標にします。

  例えば、日本の株に投資する投資信託の場合は、
  日経平均やTOPIX(東証株価指数)をベンチマークにし、
  日経平均やTOPIXよりも高い収益を上げることをめざします。
  ただし、一言で高い収益と言っても、重要なのは、
  どの程度の期間で高い収益を上げるかということを
  同時に目安として持っておくことです。

  ―期間ごとに考える

  ベンチマークと期間を設定したら、その期間内の値下がりに対する
  許容の心を持つことが大切です。
  株式など値動きのある商品は、値下がりを避けることはできません。
  値下がりをすることがあることを前提にして、決められた期間内に、
  いかにして目標通りの成果を上げるかがポイントです。

  ┌────────────────────────────────
  │□マネーコラムの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/money/money-column/133/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014/01/17 15:00

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第197号 ◆◇◆      

       『医療界で市民権を得たiPS細胞の産業化を担う』      

           http://www.shachotalk.jp/            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 あけまして、おめでとうございます。
 藤沢久美です。

 今日は全国的に寒波が日本列島を襲っているようで、
 午前中に、東京から大阪に移動しましたが、
 どちらも底冷えする寒さです。

 さて、今年はどんな一年になるのか・・
 各方面での予測や分析がありますが、
 私が思うのは、
 今年は「起業」する人が増えるということです。

 各地を訪問したり、企業経営者の方と交流したり、
 学生と交流したり、政府の様々な委員会に参加したり・・
 私の日々の活動を通じて、起業を促すための動きが本格化している実感があります。

 また、若者たちのみならず、女性、主婦、シニアといった
 いわゆる「会社員」という枠にはまらない人たちの中に、
 社会からの置き去り感という悲壮感から脱却し、
 小さくてもいいから自分で何かやろうという気持ちになられている方が
 増えている感じがします。

 「起業」というと、リスクの大きさ・・などが話題になりますが、
 今はネットもありますし、「サロネーゼ」という言葉に代表されるように、
 自分の得意な分野で少しだけお小遣いを稼ぐことだって、立派な起業です。

 小さな起業をする人がたくさん生まれてくれば、
 そこから大きな起業をする人や
 小さく生んだ会社を大きくする人も出てくるに違いありません。

 裾野が狭いと山は高くなりません。
 裾野の広い山こそ、富士山のごとく高い山になります。

 起業を大それたものとせず、誰もが自分の力で少しでいいから稼ぐ。
 そんな雰囲気をみんなが認め合い、応援し合うようになった時、
 再び日本を代表し、日本をリードする企業が育ち始めるのだと思います。

 社長Talkも、そんな起業をめざす人、企業の成長をめざす人、
 そんな人を応援したい人たちのお役に立てたらと思っています。
 今年もよろしくお願いいたします。
 
 
 追伸
 今週の日曜日12日朝8時25分からNHK『サキどり』で、
 シニア起業について、具体的な起業までのプロセスを紹介します。
 シニアに限らず、誰にでも役立つ内容だと思いますので、ぜひご覧下さい!
 
 
===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  株式会社リプロセル
  代表取締役社長 横山 周史さん
  『医療界で市民権を得たiPS細胞の産業化を担う』

 【2.メディア情報】
  1月12日(日)放送 NHK総合「サキどり↑」
   『シニア起業パート2 ハウツー編』

 【3.イベント・講演情報】
  2月1日(土)
   ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬

 【4.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その8)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆株式会社リプロセル
  代表取締役社長 横山 周史さん
  (JASDAQ 4978)

  『医療界で市民権を得たiPS細胞の産業化を担う』

   ノーベル賞受賞者山中教授がiPS細胞を作ったときに
   使われたのが同社の培養液。iPS細胞の産業化が本格化し、
   日本発の同社が世界競争へ挑む。その歩みと戦略とは。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140107
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  今週のゲストは株式会社リプロセル 代表取締役社長の横山周史さんです。

  リプロセルは、iPS細胞の技術を事業化した会社として有名ですが、
  具体的には、iPS細胞から作る心筋、神経、肝臓などの細胞製品と、
  iPS細胞の研究に必要な研究試薬の製造販売をされています。
  また、iPS細胞事業とは別に、臓器移植をする際に必要な血液などの
  検査を病院から受託する臨床検査事業も提供されています。

  今回、横山社長には、大きく4つのお話を伺いました。

  1つ目は、事業概要について。

  2つ目は、iPS細胞の基礎知識。
  iPS細胞については、理解しているようでできていない部分が
  ありましたが、非常に分かりやすく説明していただきました。

  3つ目は、横山さんの社長としての歩み。
  横山さんは、バイオテクノロジーの専門家ではなく、
  研究者の方々が立ち上げた会社に、社長として迎え入れられました。
  その時の心境や、社長という役割を任された時の経営に対する心構え、
  また、上場に至るまで経験などのご苦労話も伺っています。

  4つ目は、細胞ビジネスの未来について。
  再生医療を広めていくために、iPS細胞含め、
  どのような細胞ビジネスを展開していかれるのか。
  リプロセルの将来展望について
  お話いただいた部分を、少しご紹介します。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140107
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
   「藤沢久美の社長Talk」対談全編は、
   音声配信サイト「FeBe!」の定期配信番組として、
   毎週火曜日正午、月4本お届けいたします。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇株式会社メディアフラッグ
    代表取締役社長 福井 康夫さん
    『マニュアルを超えたサービスを支える会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131210

   ◇株式会社ラクーン
    代表取締役社長 小方 功さん
    『20年連続売上増のネット問屋』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131217

   ◇株式会社エンビプロ・ホールディングス
    代表取締役社長 佐野 富和さん
    『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131224

   ◇株式会社リプロセル
    代表取締役社長 横山 周史さん
    『医療界で市民権を得たiPS細胞の産業化を担う』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140107
  
  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.メディア情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆NHK総合「サキどり↑」

  1月12日(日)朝8時25分から放送の
  NHK「サキどり↑」に、スタジオゲストとして出演します。

  『シニア起業パート2 ハウツー編』をテーマに、
  シニア世代の起業について、
  具体的な起業までのプロセスを紹介します。

  ◇放送日時:1月12日(日)朝8時25分~8時57分
  ◇放送局 :NHK総合
  ◇番組詳細:http://www.nhk.or.jp/sakidori/

  ┌────────────────────────────────
  │□メディア情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/media/
  └────────────────────────────────

━┫3.イベント・講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬

  2014年2月1日(土)に開催される
  「ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬」
  のパネルトークに、コーディネーターとして登壇します。

 ===================================================
    ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬   

    http://socialvalue.jp/final/2014winter/   
 ====================================================

  ソーシャル・ビジネスグランプリは、
  ソーシャルビジネスに精通した有識者による講演やパネルトーク、
  これから世に出る政治起業家・社会起業家によるプレゼンテーション、
  参加者による投票等を行う参加型イベントです。

  本大会は、参加者の皆さまが社会貢献するという志を共有し、
  新しい生き方・働き方への第一歩を踏み出すきっかけの日とし、
  当日発表する社会起業家が、
  どのようにして「原体験」に基づいた共感資本を集めていくか、
  ご自身の事業の参考にしたり、これから世に出る社会起業家を支援する等、
  参加者全員がソーシャルアクションを起こすことを目的にしています。

  【日 時】2014年2月1日(土)13:00-18:30

  【会 場】ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16)
       http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html

  【定 員】700名

  【参加費】一般:3,000円
       学生:1,500円(当日、学生証の提示をお願いします。)

  【パネルトーク】
   ◇時間  14:40-15:10

   ◇テーマ
    「政治起業家は社会を変える」

   ◇登壇者
    田坂 広志  (社会起業家フォーラム 代表、社会起業大学 名誉学長)
    田中 勇一  (社会起業大学 理事長)
    金野 索一  (一般財団法人 日本政策学校 代表理事)
    伊勢谷 友介 (俳優/映画監督/株式会社リバースプロジェクト代表)
    藤沢 久美

   ※その他のプログラムは、下記URLをご覧ください
    http://socialvalue.jp/final/2014winter/summary/detail01.html

  【申し込み】
   下記URLより、詳細をご確認の上、お申し込みください。
   http://socialvalue.jp/final/2014winter/overture/detail01.html

  【主催】
   デモクラシー2.0イニシアティブ
   社会起業大学
   一般財団法人日本政策学校

  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫4.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その8)

  この連載でご紹介してきたNISA口座の開設受付が、
  10月1日から始まりました。
  新聞等でもNISAについての報道が続き、
  目にされた方も多いと思います。
  9月28日の日経新聞によれば、
  10月1日時点の申し込みだけで約300万件、
  口座開設意思のある人も含めると420万件を超えるとのこと。
  今回は、NISA口座について、おさらいをしましょう。

  ―NISAとは?

  2014年1月から始まる、
  1年あたりの投資の上限100万円の非課税投資口座です。
  100万円まで投資した場合の値上がり利益や配当利益が
  非課税となります。2014年から2023年まで、
  毎年100万円を非課税枠をして使うことができます。
  日本に住んでいて、20歳以上の人なら、
  誰でも口座を開くことができます。

  ―どこで、口座を開くのか?

  証券会社や銀行業等の金融機関で、口座を開くことができます。
  2013年1月1日に日本に住んでいることを証明する
  住民票の写しを用意する必要があります。
  開くことができる口座は、一人1口座で、
  当初4年間は口座の変更はできません。
  10月9日の日経新聞の記事によると、
  日経新聞のモニターへアンケートを行った結果、
  NISA口座を開こうと考えている人の約63%が
  年内に口座を開設すると答え、
  約70%の人が証券会社で口座を開設すると答えているそうです。

  ―非課税になる金融商品は?

  個別株(日本株・海外株)や株式投信(国内・外国籍)、
  ETF(上場投資信託、国内・海外)、
  REIT(不動産投資信託、国内・海外)などをNISA口座で
  運用すると、非課税の対象となります。
  預金や個人向け国債などの債券、
  公社債投信、FX(外国為替証拠金)取引、株の信用取引などは、
  NISA口座に入れることはできません。

  ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014/01/10 14:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第196号 ◆◇◆      

      『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』      

           http://www.shachotalk.jp/       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 今年も残すところ、あと5日。
 いかがお過ごしでしょうか。

 私は、今年も数多くの社長様にお話をうかがい、
 ネットラジオ「藤沢久美の社長Talk」を中心に、
 社長様のお話を発信してきました。

 1年の社長Talkを振り返ると、大きく3つの特徴があったように思います。

 1)哲学の共有を重視し、現場発のイノベーションを促す経営の増加
 2)部品やサービスの一部をになう企業のアジア進出が本格化
 3)ITが効率化ツールから、事業のイノベーションツールへ進化

 社長Talkを始めて7年が経ち、360社を超える経営者のお話を
 紹介してきました。

 私は、新入社員時代、未来が知りたいと、
 証券アナリストをめざしましたが、
 今、こうして経営者の方のお話を聞いて、実感していることは、
 未来は数値で予測するものではなく、
 経営者の皆様が、日々の仕事を通じて生み出しているという事実です。

 新製品も、新商品も、経営のあり方も、人間のあり方も、
 すべてが経営の現場で、日々研鑽され、進化しています。

 情報通信革命を経て、未だ世界は次なる常識を求めて
 さまよっている感があります。

 一方、日本は、新たな政権を迎え、
 少し落ち着いて未来を作り始めています。

 そんなこの年末、一年を振り返り、改めて思うこと。

 それは、

 未来を知りたければ、経営者のお話に耳を傾けるべき。

 今年も一年、ありがとうございました。
 どうぞ良いお年をお迎えください。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  株式会社エンビプロ・ホールディングス
  代表取締役社長 佐野 富和さん
  『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』

 【2.メディア情報】
  雑誌『ジェトロセンサー』1月号

 【3.講演情報】
  2014年1月28日(火)
   新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」

 【4.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その7)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆株式会社エンビプロ・ホールディングス
  代表取締役社長 佐野 富和さん

  『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』

   世界でもトップクラスの金属資源を保有する都市鉱山を持つ日本。
   その金属資源を輸出産業に育て、世界の資源の不均衡を是正し、
   平和へと導く高い理想と技術を兼ね備える。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131224  
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14  
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  今週のゲストは株式会社エンビプロ・ホールディングス
  代表取締役社長の佐野富和さんです。

  エンビプロ・ホールディングスは、リサイクル事業をされていて、
  2013年9月に、東証二部に上場された会社です。

  今回、佐野社長には、大きく4つのお話を伺いました。

  1つ目は、日本の資源リサイクル環境がどういうものかというお話。

  2つ目は、エンビプロ・ホールディングスが、
  いかにして生まれてきたのかという創業の原点やご苦労について。

  3つ目は、未来への可能性。
  現在取り組まれている金属分野のリサイクル事業から、
  違う分野のリサイクルへも進出するために、
  色々な準備を始めていらっしゃるのですが、リサイクルという分野が、
  さらに精密になっていくために必要とされる技術、また、
  その可能性について伺いました。

  4つ目は、佐野社長の経営哲学。
  企業理念にも掲げられている「求道企業」という言葉に表されていますが、
  リサイクルという事業をされる上で大切にされてきた佐野社長の
  経営哲学や企業精神、創業精神とは何か、ということを最後に伺いました。

  佐野社長のお話でとても感動したのは、会社のホームページの
  「ご挨拶」の中にも掲載されているお父様のお話。
  自分の原点だと語るそのお話を少しご紹介します。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131224
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
  「藤沢久美の社長Talk」は、FeBeの定期配信サービスとして配信しています。
   最新の番組は、毎週火曜日正午、月4本の番組を更新。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇株式会社ネットプロテクションズ
    代表取締役社長CEO 柴田 紳さん
    『社業と共に社員と社長が成長する会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131203

   ◇株式会社メディアフラッグ
    代表取締役社長 福井 康夫さん
    『マニュアルを超えたサービスを支える会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131210

   ◇株式会社ラクーン
    代表取締役社長 小方 功さん
    『20年連続売上増のネット問屋』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131217

   ◇株式会社エンビプロ・ホールディングス
    代表取締役社長 佐野 富和さん
    『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131224

  
  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.メディア情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆雑誌『ジェトロセンサー』1月号

  12月15日(日)発売の『ジェトロセンサー』1月号の新年特集に、
  インタビュー記事、「女性の活力をビジネスに」が掲載されました。

   http://www.jetro.go.jp/publications/item/js-20131215.html

  ┌────────────────────────────────
  │□メディア情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/media/
  └────────────────────────────────

━┫3.講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」

  1月28日(火)に伊丹市で開催される、新春経済講演会において
  「日本経済の動向とこれからの市場の変化」をテーマに講演を行います。

 ==========================================================
  新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」 

          http://goo.gl/Wx52H3          
 ==========================================================

  中小企業が変わるにはピンチをチャンスにしていくという
  発想の転換が必要です。あまたの中小企業を取材する中で、
  中小企業でも日本経済を支えていると自覚し、
  浮足立つことなく原点にもどり、そこからまた打って出る原動力が
  うまれるという持論を持つ藤沢氏が元気な企業のポイントを探ります。

  【日 時】2014年1月28日(火)14:00-15:30

  【会 場】伊丹市立産業・情報センター6階マルチメディアホール
       http://www.meditam.org/access/index.html

  【定 員】先着100名

  【参加費】無料

  【申込み】
   下記URLより、詳細をご確認の上、お申し込みください。
   http://www.meditam.org/info_02/20140128/index.html

  【主 催】
   伊丹市立産業・情報センター
   伊丹商工会議所

  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫4.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その7)

  2014年1月から新しい非課税制度「NISA」が始まります。
  これまで、6回にわたってNISAについて、ご紹介してきましたが、
  だいたいの仕組みはイメージしていただけたでしょうか。
  毎年新たな100万円を5年間運用すると、
  その運用益や配当益は非課税となる制度ですが、
  先日、こんな質問をいただきました。
  「NISA口座で投資した投資信託を5年以上保有したら、
  税金メリットはどうなるのですか」という問いです。

  改めての確認となりますが、NISA口座において、
  運用益や配当益が非課税となる期間は5年間で、
  100万円を使ってある商品(複数でも良い)に投資し、
  その商品から5年以内に支払われる配当益と、
  それを5年以内に売却した場合の売却益が非課税となります。
  しかし、5年が経過すると、その非課税効果はなくなり、
  5年経過後からは、配当益に対しても課税されることになります。
  売却益についても同様で、
  5年以内に売却した場合の売却益は非課税となりますが、
  5年経過後に売却すると、売却益は全額課税対象となります。

  5年間という制限があるNISAでは、
  売却のタイミングを事前に考えておく必要があります。
  ただし、5年間、順調に値上がりしている商品を
  さらに長期間持ち続けたいと考える方にとっては、
  5年以内に売却しなくても、非課税メリットを得ることが可能です。
  なぜならば、5年間の非課税期間が終わると、
  ロールオーバーのほかにその商品は非課税期間終了時の価格で、
  課税口座(一般口座や特定口座)に
  移管される仕組みになっているからです。

  一方で、気をつけておいていただきたいのが、
  5年間で値下がりしてしまった商品です。
  前述のとおり、5年が経過して課税口座に商品が移管される際に、
  値下がりした価格が買い付け価格となり、
  その後値上がりした場合に、課税対象となる売却益が、
  実際の売却益よりも大きくなってしまいます。
  また、NISA口座における譲渡損失は、課税口座の譲渡益、
  配当益とは損益通算ができませんのでご注意ください。

   ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013/12/27 8:16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第195号 ◆◇◆      

       『マニュアルを超えたサービスを支える会社』       

           http://www.shachotalk.jp/            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 先日、新潟に講演に行った際に、
 主催してくださった経営者の方々と一緒に、
 芸妓さんを呼んでの懇親会に参加させていただきました。

 新潟の文化の一つである芸妓さんも、
 どんどんと数が減り、絶滅の危機に直面することになり、
 経営者の皆さんが芸妓さんが所属するための会社を設立し、
 芸妓さんに給与を払う仕組を作られたとのこと。

 会社に所属することで、芸妓さんたちは
 安心して技を磨くこともできるし、
 経営者の皆さんのネットワークで、
 芸妓さんを呼んでいただく宴席を増やすこともできる。

 文化芸術というと、官やNPOが守るものという傾向がありますが、
 経営者の皆さんが文化芸術を守るために、
 自らの持つお金やネットワーク、経営ノウハウなどの資本を
 提供するという取組みは、いろんな分野に活かせるように思います。

 企業は赤字が続くと、存続は不可能です。
 事業を続けている企業の経営に、持続可能性のヒントがあるはずです。

 様々な分野に、企業経営の智恵をもっと転嫁していくべきと思います。

 官民癒着が批判された時代が続きましたが、
 民の智恵を最大限活かした官のあり方、
 新たな官民協働の時代がやってきたように思います。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  株式会社メディアフラッグ
  代表取締役社長 福井 康夫さん
  『マニュアルを超えたサービスを支える会社』

 【2.メディア情報】
  雑誌『潮』2014年1月号

 【3.講演情報】
  2014年1月28日(火)
   新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」

 【4.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その6)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆株式会社メディアフラッグ
  代表取締役社長 福井 康夫さん

  『マニュアルを超えたサービスを支える会社』

   マニュアルを超えたサービスが求められる時代の一方で、
   店頭で接客をする人の大半がアルバイトという現実。
   サービスの質を高めるための支援を事業化した同社の戦略とは。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131210  
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14  
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  今週のゲストは、株式会社メディアフラッグ
  代表取締役社長の福井康夫さんです。

  メディアフラッグは、流通業を中心としたチェーンストアの
  店舗活性化を支援する覆面調査事業を提供されている会社です。
  福井さんは、セブン‐イレブン・ジャパンでの経験や、
  フィールドマーケティング事業の立ち上げから得た気づきをもとに、
  35歳でメディアフラッグを起業されました。
  そのあたりのお話は、今年の8月にクロスメディアパブリッシングから
  出版された著書「コンビニの店長だった私が上場企業の社長になった今も
  大切にしている商売の心得」に詳しく書かれています。
  
  今回の対談では、覆面調査員の大半がアルバイトの方々
  であるにも関わらず、強い使命感を持って仕事をされていると
  感じたことが印象的でした。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131210
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
  「藤沢久美の社長Talk」は、FeBeの定期配信サービスとして配信しています。
   最新の番組は、毎週火曜日正午、月4本の番組を更新。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇スターティア株式会社
    代表取締役社長 兼 最高経営責任者 本郷 秀之さん
    『人が自ら育つ組織に不可欠なものとは』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131119

   ◇株式会社パイプドビッツ
    代表取締役社長CEO 佐谷 宣昭さん
    『ITで「販売支援」から「つながり支援」へ』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131126

   ◇株式会社ネットプロテクションズ
    代表取締役社長CEO 柴田 紳さん
    『社業と共に社員と社長が成長する会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131203

   ◇株式会社メディアフラッグ
    代表取締役社長 福井 康夫さん
    『マニュアルを超えたサービスを支える会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131210

  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.メディア情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆雑誌『潮』2014年1月号

  12月5日(木)発売の『潮』2014年1月号の
  特別企画「ニッポンの元気企業」に、
  藤沢久美のインタビュー記事、
  「グローバル時代に生き残る中小企業の条件」が掲載されました。

  《記事のポイント》
  ・スピードが重視されるグローバル会社だからこそ、
   企業には確かな哲学が必要とされる
  ・ASEAN市場などに対し、現地の生活習慣に即した
   モノ作りをすれば、日本の製造業にもチャンスがある
  ・海外進出と、人材の現地化によるイノベーションを逆輸入すれば、
   日本に新しいニーズが生まれる

   http://www.usio.co.jp/html/usio/

  ┌────────────────────────────────
  │□メディア情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/media/
  └────────────────────────────────

━┫3.講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」

  1月28日(火)に伊丹市で開催される、新春経済講演会において
  「日本経済の動向とこれからの市場の変化」をテーマに講演を行います。

 ==========================================================
  新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」 

          http://goo.gl/Wx52H3          
 ==========================================================

  中小企業が変わるにはピンチをチャンスにしていくという
  発想の転換が必要です。あまたの中小企業を取材する中で、
  中小企業でも日本経済を支えていると自覚し、
  浮足立つことなく原点にもどり、そこからまた打って出る原動力が
  うまれるという持論を持つ藤沢氏が元気な企業のポイントを探ります。

  【日 時】2014年1月28日(火)14:00-15:30

  【会 場】伊丹市立産業・情報センター6階マルチメディアホール
       http://www.meditam.org/access/index.html

  【定 員】先着100名

  【参加費】無料

  【申込み】
   下記URLより、詳細をご確認の上、お申し込みください。
   http://www.meditam.org/info_02/20140128/index.html

  【主 催】
   伊丹市立産業・情報センター
   伊丹商工会議所

  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫4.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その6)

  2014年1月から新しい非課税制度「NISA」が始まります。
  毎年100万円につき最長5年間、最大500万円まで、
  上場株式や投資信託等へ投資した際の利益が非課税となる制度です。

  今回は、NISA口座での積立投資の活用について考えます。

  ―積立のメリットは何ですか?

  昨年末からの大幅な日本株の上昇に、戸惑った方も多いと思います。
  株式は安いときに買って高いときに売るのが基本ですが、
  そのタイミングを見計らうのはとても難しいのもご存知の通りです。
  その意味では、毎月一定額で、株や投資信託を購入し続けておくことで、
  タイミングを気にせずに、ほどほどのリターンを
  得ることができることは、過去の株価からも見て取れます。

  ―NISA口座で積立をすることは可能ですか?

  金融機関によって、対応は異なります。
  NISA口座で積立を活用することをお勧めしている
  金融機関もありますので、NISA口座を開設する
  予定の金融機関に確認してください。

  ―積立はいくらずつすればいいですか?

  月々に投資にまわせる金額は個々人で異なりますから、
  いくらが最適という金額はありませんが、
  NISAの場合は、各年で元本100万円までの運用となりますので、
  100万円を12ヶ月で割ると、1ヶ月あたり約8万3千円となります。
  1年目は、毎月8万3千円を積み立て、
  2年目には、新たな100万円の枠が追加できますので、
  新たに月々8万3千円を積立することができます。
  2023年までの10年間は
  毎年新たな100万円枠を作ることができるのです。

  ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013/12/12 17:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第194号 ◆◇◆      

        『社業と共に社員と社長が成長する会社』        

           http://www.shachotalk.jp/           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 師走に入ってからの都内のイチョウの紅葉が美しく、
 クリスマスのイルミネーションも相まって、
 街が明るくなった感じがしています。

 さて、師走に入る少し前の11月下旬に、
 アブダビで開催された、
 グローバル・アジェンダ・カウンシルという会議に参加してきました。

 この会議は、世界の課題を90種類ほどに分けて、
 それぞれのテーマについて、世界から10名ほどのメンバーが集まって
 議論をするという会議です。
 (ちなみに、私のテーマは、「JAPAN」です。)

 そこで、教育に関するディスカッションがあったので参加したのですが、
 話題の中心は、
 MOOCs (Massive Open Online Courses の略。大規模公開オンライン授業)。

 これから世界中の人たちが、ネットにつながりさえすれば、
 一流大学の講義を無料で受けることができる時代がやってくる。

 そのときに、大学の卒業証書は就職に有利なブランドになるか?
 という投げかけがありました。

 特に、新興国では急速にスマホが普及しており、
 お金のない子供たちも世界の知に触れ、学ぶことができます。

 今年のアメリカで行なわれたTEDカンファレンスでも、
 ネットで勉強をして、
 膵臓がんの検査キッドの開発をした高校生が講演をしていました。

 もはや、年齢や経済力に関係なく、学ぶことができる時代、
 企業は、卒業大学のブランドで人を採用する時代から、
 実質的なその人間の能力や知識を見て採用する時代になるのではないか。

 では、大学では何を教えるべきか・・・そんな議論がされていました。

 インターネットは、21世紀に入り、
 本格的に社会のあらゆる分野の常識を変え始めています。

 過去に築き上げたブランドや経済力が必ずしも
 強みではなくなってきていることを痛感すると同時に、
 すべての人に新たなチャンスがやってきたことを実感しました。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  株式会社ネットプロテクションズ
  代表取締役社長CEO 柴田 紳さん
  『社業と共に社員と社長が成長する会社』

 【2.講演情報】
  2014年2月1日(土)
   ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬

 【3.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その5)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆株式会社ネットプロテクションズ
  代表取締役社長CEO 柴田 紳さん

  『社業と共に社員と社長が成長する会社』

   ネットショッピングでの後払いシステムを構築したことで、
   あらゆる事業への足がかりを作った同社。
   その原動力は人づくり。
   独特の人材育成と組織運営のあり方を聞いた。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131203  
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14  
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  今週のゲストは、株式会社ネットプロテクションズ
  代表取締役社長CEOの柴田紳さんです。

  ネットプロテクションズは、ネットショッピングにおいて、
  消費者が安心して商品を購入できる
  「後払い決済」の仕組みを提供している会社です。
  「後払い」という方法は一般的にも聞こえますが、
  ネットショップ側からすると、代金を払ってもらえないという
  高いリスクがあり、なかなか実現が難しいのです。
  その未回収リスクまで含めて請け負い、
  お客様に「後払い」で買っていただく仕組みを
  提供しているというのが、ユニークな点です。

  柴田さんの経営に対する考え方は、非常に面白く、
  「人」がすべてなのです。お金の儲け方や、
  新しいビジネスモデルのつくり方よりも、
  「人」が成長できる組織づくりが大事だということをおっしゃいます。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131203  
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14  
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
  「藤沢久美の社長Talk」は、FeBeの定期配信サービスとして配信しています。
   最新の番組は、毎週火曜日正午、月4本の番組を更新。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇株式会社カカクコム
    代表取締役社長 田中 実さん
    『ネットビジネスの進化をけん引する会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131112

   ◇スターティア株式会社
    代表取締役社長 兼 最高経営責任者 本郷 秀之さん
    『人が自ら育つ組織に不可欠なものとは』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131119

   ◇株式会社パイプドビッツ
    代表取締役社長CEO 佐谷 宣昭さん
    『ITで「販売支援」から「つながり支援」へ』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131126

   ◇株式会社ネットプロテクションズ
    代表取締役社長CEO 柴田 紳さん
    『社業と共に社員と社長が成長する会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131203

  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.イベント・講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬

  2014年2月1日(土)に開催される
  「ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬」
  のパネルトークに、コーディネーターとして登壇します。

 ===================================================
    ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬   

    http://socialvalue.jp/final/2014winter/   
 ====================================================

  ソーシャル・ビジネスグランプリは、
  ソーシャルビジネスに精通した有識者による講演やパネルトーク、
  これから世に出る政治起業家・社会起業家によるプレゼンテーション、
  参加者による投票等を行う参加型イベントです。

  本大会は、参加者の皆さまが社会貢献するという志を共有し、
  新しい生き方・働き方への第一歩を踏み出すきっかけの日とし、
  当日発表する社会起業家が、
  どのようにして「原体験」に基づいた共感資本を集めていくか、
  ご自身の事業の参考にしたり、これから世に出る社会起業家を支援する等、
  参加者全員がソーシャルアクションを起こすことを目的にしています。

  【日 時】2014年2月1日(土)13:00-18:30

  【会 場】ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16)
       http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html

  【定 員】700名

  【参加費】一般:3,000円
       学生:1,500円(当日、学生証の提示をお願いします。)

  【パネルトーク】
   ◇時間  14:40-15:10

   ◇テーマ
    「政治起業家は社会を変える」

   ◇登壇者
    田坂 広志 (社会起業家フォーラム 代表、社会起業大学 名誉学長)
    田中 勇一 (社会起業大学 理事長)
    金野 索一 (一般財団法人 日本政策学校 代表理事)
    グランプリ受賞者 (政治起業家グランプリ受賞者)
    藤沢 久美

   ※その他のプログラムは、下記URLをご覧ください
    http://socialvalue.jp/final/2014winter/summary/detail01.html

  【申し込み】
   下記URLより、詳細をご確認の上、お申し込みください。
   http://socialvalue.jp/final/2014winter/index.html

  【主催】
   デモクラシー2.0イニシアティブ
   社会起業大学
   一般財団法人日本政策学校

  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫3.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その5)

  2014年1月から新しい非課税制度「NISA」が始まります。
  毎年100万円につき最長5年間、最大500万円まで、
  上場株式や投資信託等へ投資した際の利益が非課税となる制度です。

  今回は、NISA口座でどんな商品に投資すれば良いかを考えます。

  ―NISA口座で非課税となる投資商品は何ですか?

  NISA口座で、非課税対象となるのは、
  ETF(Exchange Traded Funds)、
  REIT(Real Estate Investment Trust)などを含む
  上場株式と公募型の株式投資信託です。

  ―非課税制度を最大限利用する方法はありますか?

  最大限利用とは、恐らく税金をどれだけ節約できるかという意味かと思います。
  そう考えると、できるだけ大きな利益を得られる商品を選ぶことが、
  その方法となりますが、5年間の運用期間の中で、
  必ず最大の利益を上げる商品を見つけるようなことは、誰にもできません。

  ご自身の相場観に基づき、5年の間に値上りの可能性が大きいと思う商品を、
  NISA口座を活用して購入すると良いでしょう。

  ―大きな値動きをする投資商品とは何ですか?

  過去の実績から想定すると、
  為替変動の影響を受ける外国の株に投資する投資信託や、
  ブルベアファンドといった株式や為替の動きの数倍の値動きをする投資信託
  などが挙げられます。

  大きな値動きとは、値上りも大きいですが、
  値下がりも大きいということですから、
  購入や売却の際には注意が必要です。

  ―相場観を活かして投資できる商品を教えてください。

  株価指数と同じように値動きをする商品として、前出のETFがあります。
  日本の株や米国の株等様々な国の株式指数と同じ値動きをするものや
  金などの商品の価格と同じような値動きをするETFもあります。
  ご自身が身近に感じる指数と同じ値動きをするETFへ投資して、
  相場観を磨きながら投資されてはいかがでしょうか。

  ―NISA口座で日本株を買うのは不向きですか?

  日本株を買うのも一つの方法です。
  5年以内に値上りしそうな株を購入し、5年以内に売却すれば、
  その値上り益に対して、税金がかかりませんし、
  配当金がたくさん出る株を購入すれば、配当金への税金も非課税になります。

  ―すでに投資経験がある人は、NISAをどのように利用すれば良いですか?

  すでに証券会社に口座を持ち、様々な投資に慣れ親しんでいる人は、
  これから5年間に最も売却益が高くなりそうな商品、
  または、最も配当が多くなりそうな商品を見定め、
  新たに開設したNISA口座で投資されると良いでしょう。

  ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013/12/05 17:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第193号 ◆◇◆      

          『長く続く企業を経営するために』         

           http://www.shachotalk.jp/            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 世界各国から集まる仲間たちと議論をすると、
 あまりの価値観の違いに呆然とすることがあります。

 時には、理不尽な日本に対する批判も受けます。

 しかし、ふと思います。

 こうした相手の価値観を変えることは簡単ではないし、
 相手の価値観と同じ土俵に、無理に乗って戦ったところで
 勝ち目はありません。

 やはりどこまでいっても、
 自分が長年磨いてきた価値観に勝るものはありません。

 その意味でも、自分の価値観というものを
 自分自身がしっかり見つめ、問い直し、
 そして磨き続けることが、自分の存在意義と存在価値を
 確立する方法なのだと思います。

 しかし、同時に思うのは、自分の価値観ばかりを主張し、
 相手の価値観を無視してもこじれるだけで、
 相手の価値観の存在も認めながら、
 自らの価値観に則って行動することなのだろうと
 思う今日この頃です。

 こういった価値観の違いは、国際的な場面だけでなく、
 日常生活でもよくあります。

 最近の議論は、多様性の大切さを語りつつも、
 一様な働き方や生き方を強制してはいないかと
 思うことがあります。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  イマジニア株式会社
  代表取締役会長兼CEO 神藏 孝之さん
  『長く続く企業を経営するために』

 【2.メディア情報】
  NHK Eテレ「グッドジョブ!会社の星」
  11月6日(水)放送

 【3.講演情報】
  11月14日(木) NECの経営を支えるICT戦略
            ~グローバル経営強化に向けた全社14万人のクラウド基盤~

 【4.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その4)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆イマジニア株式会社
  代表取締役会長兼CEO 神藏 孝之さん
  (JASDAQ 4644)

  『長く続く企業を経営するために』

  松下政経塾から起業家の道を選び、
  自らが欲しいものを作り続けてきたという神蔵氏だが、
  松下幸之助氏をはじめとし、多くの経営者に学び、
  自らのものとした経営思想は必聴。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131029
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
  
  「藤沢久美の社長Talk」は、FeBeの定期配信サービスとして配信しています。
   最新の番組は、毎週火曜日正午、月4本の番組を更新。
   
   今ご登録いただくと、下記の番組をお聴きいただけます。
   ぜひご登録ください。

   ◇ミュージックセキュリティーズ株式会社
    代表取締役 小松 真実さん
    『世界初、がんばっている人を応援するファンド』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131001

   ◇ブロードメディア株式会社
    代表取締役社長 橋本 太郎さん
    『メディアの可能性をどこまでも拓く』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131008

   ◇本多通信工業株式会社
    代表取締役社長 佐谷 紳一郎さん
    『黒字体質から効率体質へ、社員力アップの戦略』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131022

   ◇イマジニア株式会社
    代表取締役会長兼CEO 神藏 孝之さん
    『長く続く企業を経営するために』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131029

  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.メディア情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆NHK Eテレ「グッドジョブ!会社の星」

  11月6日(水)23:30から放送の
  NHK Eテレ「グッドジョブ!会社の星」にゲストとして出演します。

  テーマは

  『助けあって増加中!?女性起業家SP』

  です。

  ◇放送日時:2013年11月 6日(水)23:30-23:55
        2013年11月12日(火)1:00-1:24(再放送)
  ◇番組名 :グッドジョブ!会社の星
  ◇放送局 :NHK Eテレ
  ◇司 会 :アンジャッシュ
        池田伸子アナウンサー
  ◇番組詳細:http://www.nhk.or.jp/kaisha/

  ┌────────────────────────────────
  │□メディア情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/media/
  └────────────────────────────────

━┫3.イベント・講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆NECの経営を支えるICT戦略
  ~グローバル経営強化に向けた全社14万人のクラウド基盤~

  11月14日(木)に開催される
  「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2013」において、
  上記テーマのセミナーにモデレーターとして登壇します。
 
  ◇日 時:2013年11月14日(木)13:30-14:30
  ◇会 場:東京国際フォーラム
       http://www.t-i-forum.co.jp/
  ◇登壇者
      小原 琢哉氏(日本マイクロソフト株式会社 執行役 常務)
      新野 隆氏 (NEC 取締役執行役員副社長)
      清水 隆明氏(NEC 取締役執行役員常務)

      モデレーター:藤沢 久美

  ◇申し込み
   下記URLよりお申込みいただけます
   http://jpn.nec.com/uf-iexpo/schedule_sem_sp.html
   ※申込締切:11月11日(月)
 
  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫4.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その4)

 2014年1月から新しい非課税制度「NISA」が始まります。
 毎年100万円につき最長5年間、最大500万円まで、
 株式や公募株式投資信託に投資した際の利益が非課税となる制度です。

 今回は家族での活用方法をご紹介します。

 ―NISAは、家族の口座を作ることはできますか?

 NISAは、個人のための口座なので、
 家族口座というものは作ることができません。
 しかし、20歳以上の個人であれば、誰でも作ることができますから、
 家族の20歳以上の人数分だけ口座を開設することができます。

 例えば、両親と20歳を超えた二人の子供がいる場合、
 4つの口座を開くことができますから、
 年間400万円の非課税の運用ができることになります。
 5年目には最大2000万円の非課税運用が可能となる計算になります。

 ―NISA口座開設を機に、家族で生活設計を話し合ってみましょう。

 家族でNISA口座を開設するにあたって、
 家族のライフプランシートを作ってみてはどうでしょうか。

 子供たちの就職、結婚、または留学などの夢や希望を聴くチャンスですし、
 夫婦にとっても、老後に向けての夢や希望を共有するチャンスです。

 NISAでは、トータルで10年間の運用期間がありますから、
 少なくとも10年先を見据えたそれぞれの未来への計画に合わせて、
 NISA口座で運用する金融商品を選ぶことで、
 長期資産運用のあり方についても学ぶ機会となります。
 NISAスタートに応じて、ファイナンシャルプランナーの
 相談サービスも生まれてくるかもしれませんので、ぜひ活用してみてください。

 ―NISAを生前贈与の運用口座として使う。

 祖父母から年間100万円の贈与を得て、
 それをNISAの口座で運用してはどうでしょうか。

 年間100万円の贈与でしたら、贈与税はかかりませんし、
 かつ、これから社会に出る若者たちは、
 自分の老後資産を自分で作らなくてはいけない世代ですから、
 こうした機会に、資産運用の体験と勉強をさせてあげることは、
 極めて有益なことと言えるのではないでしょうか。

  ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013/11/01 14:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第192号 ◆◇◆      

      『黒字体質から効率体質へ、社員力アップの戦略』      

           http://www.shachotalk.jp/            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 先週末、二泊三日でロシアに行ってきました。

 ロシアの財界スポンサーによる「Discovery Russia」という
 ダボス会議のヤング・グローバル・リーダー向けのプログラムで、

 ロシア経済を、いかにして石油・ガス依存から脱却させ、
 新しい経済を作るかについて、
 世界から集まった60人で考えるというものでした。

 起業家やジャーナリスト、外交官、副首相など、
 いろんな方々とお会いし、ロシアの現状と課題をうかがい、
 外から見るロシアと国内で実感するロシアは、
 違うのだと改めて思いました。

 共通で耳にしたのが、国名はソ連からロシアへと変わったけれど、
 実際に国をリードする人々は、ソ連時代に教育を受けた人たちであり、
 多くの部分でソ連時代の常識が引き継がれていて、
 本当の意味で、変革が起きていないとのこと。

 ロシア体制下での新たな教育や価値観を受けた人が社会に出始め、
 少しずつ変化への圧力が高まっているようです。

 しかし、これは、ロシアだけにとどまらず、
 情報革命後の新たなデジタルエイジたちが社会人になり始めた今、
 世界各国が、新しい価値観に沿った新しい社会づくりを
 求め始めているように思います。

 そう考えると、
 情報革命以前に教育を受けた私たちには、
 役割があるように思います。

 それは、情報革命以前の社会の棚卸しをし、
 未来にも受け継ぐべきことと、改革するべきことを明確にし、
 次の世代が新たな社会を作るための整備と後押しをする。

 未来を考え、未来のために行動すること、
 これこそが、人間と動物の大きな違い。
 今こそ人間として、未来へつながる社会を作るために
 私たちは考え、行動する時のように思います。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  本多通信工業株式会社
  代表取締役社長 佐谷 紳一郎さん
  『黒字体質から効率体質へ、社員力アップの戦略』

 【2.イベント・講演情報】
  11月14日(木) NECの経営を支えるICT戦略
            ~グローバル経営強化に向けた全社14万人のクラウド基盤~

 【3.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その2)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆本多通信工業株式会社
  代表取締役社長 佐谷 紳一郎さん
  (東証2部 6826)

  『黒字体質から効率体質へ、社員力アップの戦略』

   3年連続赤字から、3年間で黒字体質へと導いた佐谷社長の
   次なる課題は、売上アップとROAの二桁化。
   事業分野の拡大、生産効率向上、社員力のアップ。
   新たな戦略とは。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131022
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
  
  「藤沢久美の社長Talk」は、FeBeの定期配信サービスとして配信しています。
   最新の番組は、毎週火曜日正午、月4本の番組を更新。
   
   今ご登録いただくと、下記の番組をお聴きいただけます。
   ぜひご登録ください。

   ◇アキュセラ社
    会長・社長兼CEO 窪田 良さん
    『世界初を生み出すためのキャリアと経営』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20130924

   ◇ミュージックセキュリティーズ株式会社
    代表取締役 小松 真実さん
    『世界初、がんばっている人を応援するファンド』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131001

   ◇ブロードメディア株式会社
    代表取締役社長 橋本 太郎さん
    『メディアの可能性をどこまでも拓く』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131008

   ◇本多通信工業株式会社
    代表取締役社長 佐谷 紳一郎さん
    『黒字体質から効率体質へ、社員力アップの戦略』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131022

  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.イベント・講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆NECの経営を支えるICT戦略
  ~グローバル経営強化に向けた全社14万人のクラウド基盤~

  11月14日(木)に開催される
  「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2013」において、
  上記テーマのセミナーにモデレーターとして登壇します。
 
  ◇日 時:2013年11月14日(木)13:30-14:30
  ◇会 場:東京国際フォーラム
       http://www.t-i-forum.co.jp/
  ◇登壇者
      小原 琢哉氏(日本マイクロソフト株式会社 執行役 常務)
      新野 隆氏 (NEC 取締役執行役員副社長)
      清水 隆明氏(NEC 取締役執行役員常務)

      モデレーター:藤沢 久美

  ◇申し込み
   下記URLよりお申込みいただけます
   http://jpn.nec.com/uf-iexpo/
   申込締切:11月11日(月)
 
  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫3.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その3)

 2014年1月から新しい非課税制度「NISA」が始まります。
 毎年100万円を上限に5年間(最大500万円まで)、
 株式や投資信託の売却益や配当への税が非課税となる制度です。
 今回は、その活用についてご説明しましょう。

 ―NISAで非課税の対象となる商品は何ですか?
 
 上場株式と株式投資信託(証券会社などで不特定多数の
 投資家に販売されている公募もののみ)等が対象となり、
 配当や分配金と値上り益に対する税金が非課税となります。

 ―どの商品を選べば良いかわかりません。
 
 投資をしてから5年以内の利益に対して非課税となりますので、
 最も効果的にNISAを活用する場合、
 5年間に最も高い利益を得られると思うものに投資すると良いことになります。
 しかし、5年以内で高いリターンを得ることができる株や投資信託を選ぶのは、
 簡単ではありませんので、ご自身の資産運用の方針に応じて、
 商品を選ぶことをお勧めします。

 ―配当重視の運用をしたいのですが、効果はありますか?

 配分や配当金も非課税の対象となりますから、
 配当や分配金の多い株式や投資信託を選んで投資すれば、
 購入後5年間に受け取る配当や分配金の税金はゼロとなります。

 ―5年間に、株や投資信託をタイミング良く売買すれば効果がありますか?
 
 NISAの非課税枠は、年間で100万円となっています。
 投資手段としては、一度にまとめて投資する一括投資、
 何回かに分けて投資する分割投資、
 一定額を定期的に買付ける持続投資が可能です。
 ただし、年間の買付け上限額が100万円となっています。
 もしも、NISA口座で、100万円分の投資信託を購入し、
 半年後に売却して利益を得た場合は、その利益に対する税金はかかりませんが、
 その時点で、当初の100万円の非課税投資枠は、終了します。

  ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html

───────────────────────────────────

  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013/10/24 17:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第191号 ◆◇◆      

         『メディアの可能性をどこまでも拓く』         
 
           http://www.shachotalk.jp/            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
藤沢久美です。

今週も様々な経営者の方とお会いしました。

ある地方の伝統工芸に携われている経営者の方は、
師匠から独立後、東京で取引先を得ようと、
取引のお願いのために、同じ店に2年間通い続け、やっと、
取引を始めていただいたというお話をしてくださいました。

そして、その取引先との信頼関係が今、
全国の取引先とのご縁につながっているとのこと。

値段の多寡ではなく、
互いの誠実さに基づく信頼関係が
縁を生み育てていくのだと教えていただきました。

世の中には、様々なマーケティングの手法や
戦略について書かれた本がありますが、

多くの経営者の方にお会いしていると、
手法は千差万別で、戦略は一つでないこと、

何よりも大切なのが、
誠実さに基づく信頼関係であることを
痛感します。

こうした千差万別の手法と情報の中で、
誠実さを持って道を切り拓いていらっしゃる
経営者さんたちの生の声を
お届けしているのが社長Talkです。

今週も、お話の間や行間を通じて、
経営者にしか表現できない智恵を
感じ取っていただけたら幸いです。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  ブロードメディア株式会社
  代表取締役社長 橋本 太郎さん
  『メディアの可能性をどこまでも拓く』

 【2.メディア情報】
  伊藤忠テクノソリューションズ CSRレポート2013

  「ニッポン未来会議」YouTube公開

  NHK Eテレ「グッドジョブ!会社の星」

 【3.イベント・講演情報】
  11月1日(金) 関西ウーマン・パワーアップ会議
           パネル討論「女性がいきいきと働くには」

 【4.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その1)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆ブロードメディア株式会社
  代表取締役社長 橋本 太郎さん
  (JASDAQ 4347)

  『メディアの可能性をどこまでも拓く』

   衛星放送のセットトップボックスの販売からスタートした同社は、
   今、4つの事業を持つ。
   異なって見える各事業はいかに生まれたか。
   新たな技術とコンテンツの世界を聞いた。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131008
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
  
  「藤沢久美の社長Talk」は、FeBeの定期配信サービスとして配信しています。
   最新の番組は、毎週火曜日正午、月4本の番組を更新。
   
   今ご登録いただくと、下記の番組をお聴きいただけます。
   ぜひご登録ください。

   ◇フロイント産業株式会社
    代表取締役社長 伏島 巖さん
    『新興国への挑戦。次なる50年を占う。』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20130917

   ◇アキュセラ社
    会長・社長兼CEO 窪田 良さん
    『世界初を生み出すためのキャリアと経営』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20130924

   ◇ミュージックセキュリティーズ株式会社
    代表取締役 小松 真実さん
    『世界初、がんばっている人を応援するファンド』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131001

   ◇ブロードメディア株式会社
    代表取締役社長 橋本 太郎さん
    『メディアの可能性をどこまでも拓く』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131008

  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.メディア情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆伊藤忠テクノソリューションズ CSRレポート2013

  伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のCSRレポート2013に、
  代表取締役社長、菊池哲さんとの対談が掲載されました。

  テーマは、
  『ITの力で、持続可能な社会を次世代に引き継いでいく』
  です。

  http://www.ctc-g.co.jp/corporate/pdf/csr/2013_02.pdf

  また、『第三者意見書』としての寄稿も掲載されました。

  http://www.ctc-g.co.jp/corporate/pdf/csr/2013_10.pdf

 ◆「ニッポン未来会議」 YouTube公開

  10月6日(日)に放送された「ニッポン未来会議」が
  YouTubeに公開されました。

  テーマは、
  『世界に後れをとるな!ニッポンの発信力』
  です。

  下記URLよりご覧いただけます。
  http://youtu.be/THADl1CVnxI
  
  ◇出演者情報
  メインキャスター 議長
   堀義人(グロービス経営大学院学長)
  進行
   外山惠理(TBSアナウンサー)
  プレゼンター
   世耕弘成(内閣官房副長官 参議院議員)
   津田大介(ジャーナリスト)
  ゲストコメンテーター
   田中慎一(フライシュマン・ヒラード・ジャパン代表取締役社長)
   藤沢久美

  ◇番組詳細:http://www.bs-tbs.co.jp/entertainment/miraikaigi/

 ◆NHK Eテレ「グッドジョブ!会社の星」
  
  11月6日(水)23時30分から放送の
  「グッドジョブ!会社の星」にゲストとして出演します。

  テーマは
  『女性起業家SP』
  です。
   
  ◇放送日時:2013年11月6日(水)
           23:30-23:55
  ◇番組名 :グッドジョブ!会社の星
  ◇放送局 :NHK Eテレ
  ◇司会  :アンジャッシュ
         池田伸子アナウンサー

  ◇番組紹介:http://www.nhk.or.jp/kaisha/

  ┌────────────────────────────────
  │□メディア情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/media/
  └────────────────────────────────

━┫3.イベント・講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆関西ウーマン・パワーアップ会議
  パネル討論「女性がいきいきと働くには」

  関西ウーマン・パワーアップ会議のパネル討論に
  司会として登壇します。
 
  ◇日 時:11月1日(金) 18:30ー21:00
  ◇会 場:グランフロント大阪北館4階
       「ナレッジシアター」(大阪市北区大深町)
       http://www.grandfront-osaka.jp/
  ◇参加費:無料
  ◇定 員:300名
  ◇登壇者
   【基調講演】
    「野心のすすめ」
     林真理子(作家)

   【パネル討論】
    「女性がいきいきと働くには」
    パネリスト
     上田理恵子(マザーネット社長)
     倉田哲郎(箕面市長)
    司会
     藤沢久美

  ◇申し込み
   下記URLよりお申込みいただけます
   https://tr.nikkei4946.com/r/form.asp?c=e4790f8a08abb00b82873938bbda1e541200100921
   申込締切:10月23日(水)
  ◇主催:日本経済新聞社大阪本社

  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫4.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その1)

  来年の2014年1月から、新しい非課税制度が始まる予定です。
  その名前は、「NISA」。
  今年の秋あたりから、様々な金融機関から、
  この新しい制度を活用するための口座開設のおすすめが、
  投資家の皆さんに届く可能性があります。
  金融機関からお誘いが来る前に、
  まずは、自分で、「NISA」とはどんなものかを知っておき、
  準備を進めておくことをおすすめします。

  NISAとは、2014年1月に開始予定の「少額投資非課税制度」のことで、
  毎年100万を上限として、最長5年間、
  その間に出た利益は非課税となる投資ができる制度です。
  しかも、毎年100万円までですので、
  また翌年に新たな100万円をこの非課税制度で投資することができます。
  非課税期間は5年間ですから、
  5年目には、合計500万円までの資産で、
  非課税の投資ができることになります。

  このNISAは、現在の予定では、
  2014年1月から2023年まで実施される予定です。
  ですから、10年間は、
  毎年100万円ずつ非課税の投資ができるということになります。
  ただし、制度は最長5年間ですから、
  当初の5年間の間に出た利益は、非課税になりますが、
  5年を過ぎてさらに投資を続けたい場合は、
  その5年経過後に出た利益については、課税されることになります。
  ですが、5年で必ずしも売却する必要はなく、
  5年を超える長期投資を続けることももちろん可能です。
 
  非課税の対象になる投資商品とは、
  株式型投資信託と株式市場に上場されている株式です。
  株式投資信託は銀行でも購入できますが、
  一人につき一口座しか持つことができませんから、
  株式と投資信託の両方の組み合わせで100万円の投資を考えている人は、
  証券会社で口座を作った方が良いでしょう。
  
  口座の開き方などは、次回ご紹介します。

  ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013/10/11 15:00