LEADERS

「社員が心の底から誇りを持って
 働けなければ、会社の意味がない」

幼児活動研究会株式会社、
代表取締役の山下孝一さん

自らが直面した現実に流されるままに
会社を立ち上げたという山下さん。

ある日、社員の結婚式に参加したとき、
山下さんは、社長としての責任の重さに
気づいたという。

社長が成長しなければ、
企業も成長しない。

そして、社員の成長がなければ、
企業の成長はない。

山下さんは、
その事実を、36年間の経営の中で、
体験し、成長の道を歩んでこられたようだ。

山下社長との対談は、
社長Talkでお聞きいただけます。
対談原稿を文字でもご覧いただけます。
http://www.shachotalk.jp/talk/20080325

2008/03/25 7:35

この言葉は、未来工業の山田会長の言葉。

取材させていただいた当時は、
何十種類ものスイッチボックスを生産されていて、
約9割が赤字で、残りの1割の黒字によって、
スイッチボックス全体が黒字になっている
というお話をうかがいました。

それなら、9割分の生産を止めてしまえばいいのでは?と
単純に思うのですが、

その儲からない9割の部品があるからこそ、
お客様は「未来工業なら何でもあるはず」と、
注文を寄せてくれる。

だから、
「9割の生産は無駄ではなく、投資なのだ」
とお話ししてくださいました。

なんだか人生にも通じるこの言葉。

全ての体験を無駄として終えてしまうか、投資に変えるか。

それは自分自身の心の持ちようで
いかようにでも変わるのかもしれません・・。

2008/03/21 3:45