LEADERS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第196号 ◆◇◆      

      『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』      

           http://www.shachotalk.jp/       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 今年も残すところ、あと5日。
 いかがお過ごしでしょうか。

 私は、今年も数多くの社長様にお話をうかがい、
 ネットラジオ「藤沢久美の社長Talk」を中心に、
 社長様のお話を発信してきました。

 1年の社長Talkを振り返ると、大きく3つの特徴があったように思います。

 1)哲学の共有を重視し、現場発のイノベーションを促す経営の増加
 2)部品やサービスの一部をになう企業のアジア進出が本格化
 3)ITが効率化ツールから、事業のイノベーションツールへ進化

 社長Talkを始めて7年が経ち、360社を超える経営者のお話を
 紹介してきました。

 私は、新入社員時代、未来が知りたいと、
 証券アナリストをめざしましたが、
 今、こうして経営者の方のお話を聞いて、実感していることは、
 未来は数値で予測するものではなく、
 経営者の皆様が、日々の仕事を通じて生み出しているという事実です。

 新製品も、新商品も、経営のあり方も、人間のあり方も、
 すべてが経営の現場で、日々研鑽され、進化しています。

 情報通信革命を経て、未だ世界は次なる常識を求めて
 さまよっている感があります。

 一方、日本は、新たな政権を迎え、
 少し落ち着いて未来を作り始めています。

 そんなこの年末、一年を振り返り、改めて思うこと。

 それは、

 未来を知りたければ、経営者のお話に耳を傾けるべき。

 今年も一年、ありがとうございました。
 どうぞ良いお年をお迎えください。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  株式会社エンビプロ・ホールディングス
  代表取締役社長 佐野 富和さん
  『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』

 【2.メディア情報】
  雑誌『ジェトロセンサー』1月号

 【3.講演情報】
  2014年1月28日(火)
   新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」

 【4.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その7)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆株式会社エンビプロ・ホールディングス
  代表取締役社長 佐野 富和さん

  『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』

   世界でもトップクラスの金属資源を保有する都市鉱山を持つ日本。
   その金属資源を輸出産業に育て、世界の資源の不均衡を是正し、
   平和へと導く高い理想と技術を兼ね備える。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131224  
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14  
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  今週のゲストは株式会社エンビプロ・ホールディングス
  代表取締役社長の佐野富和さんです。

  エンビプロ・ホールディングスは、リサイクル事業をされていて、
  2013年9月に、東証二部に上場された会社です。

  今回、佐野社長には、大きく4つのお話を伺いました。

  1つ目は、日本の資源リサイクル環境がどういうものかというお話。

  2つ目は、エンビプロ・ホールディングスが、
  いかにして生まれてきたのかという創業の原点やご苦労について。

  3つ目は、未来への可能性。
  現在取り組まれている金属分野のリサイクル事業から、
  違う分野のリサイクルへも進出するために、
  色々な準備を始めていらっしゃるのですが、リサイクルという分野が、
  さらに精密になっていくために必要とされる技術、また、
  その可能性について伺いました。

  4つ目は、佐野社長の経営哲学。
  企業理念にも掲げられている「求道企業」という言葉に表されていますが、
  リサイクルという事業をされる上で大切にされてきた佐野社長の
  経営哲学や企業精神、創業精神とは何か、ということを最後に伺いました。

  佐野社長のお話でとても感動したのは、会社のホームページの
  「ご挨拶」の中にも掲載されているお父様のお話。
  自分の原点だと語るそのお話を少しご紹介します。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131224
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
  「藤沢久美の社長Talk」は、FeBeの定期配信サービスとして配信しています。
   最新の番組は、毎週火曜日正午、月4本の番組を更新。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇株式会社ネットプロテクションズ
    代表取締役社長CEO 柴田 紳さん
    『社業と共に社員と社長が成長する会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131203

   ◇株式会社メディアフラッグ
    代表取締役社長 福井 康夫さん
    『マニュアルを超えたサービスを支える会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131210

   ◇株式会社ラクーン
    代表取締役社長 小方 功さん
    『20年連続売上増のネット問屋』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131217

   ◇株式会社エンビプロ・ホールディングス
    代表取締役社長 佐野 富和さん
    『「もったいないを究める」金属資源リサイクル』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131224

  
  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.メディア情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆雑誌『ジェトロセンサー』1月号

  12月15日(日)発売の『ジェトロセンサー』1月号の新年特集に、
  インタビュー記事、「女性の活力をビジネスに」が掲載されました。

   http://www.jetro.go.jp/publications/item/js-20131215.html

  ┌────────────────────────────────
  │□メディア情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/media/
  └────────────────────────────────

━┫3.講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」

  1月28日(火)に伊丹市で開催される、新春経済講演会において
  「日本経済の動向とこれからの市場の変化」をテーマに講演を行います。

 ==========================================================
  新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」 

          http://goo.gl/Wx52H3          
 ==========================================================

  中小企業が変わるにはピンチをチャンスにしていくという
  発想の転換が必要です。あまたの中小企業を取材する中で、
  中小企業でも日本経済を支えていると自覚し、
  浮足立つことなく原点にもどり、そこからまた打って出る原動力が
  うまれるという持論を持つ藤沢氏が元気な企業のポイントを探ります。

  【日 時】2014年1月28日(火)14:00-15:30

  【会 場】伊丹市立産業・情報センター6階マルチメディアホール
       http://www.meditam.org/access/index.html

  【定 員】先着100名

  【参加費】無料

  【申込み】
   下記URLより、詳細をご確認の上、お申し込みください。
   http://www.meditam.org/info_02/20140128/index.html

  【主 催】
   伊丹市立産業・情報センター
   伊丹商工会議所

  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫4.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その7)

  2014年1月から新しい非課税制度「NISA」が始まります。
  これまで、6回にわたってNISAについて、ご紹介してきましたが、
  だいたいの仕組みはイメージしていただけたでしょうか。
  毎年新たな100万円を5年間運用すると、
  その運用益や配当益は非課税となる制度ですが、
  先日、こんな質問をいただきました。
  「NISA口座で投資した投資信託を5年以上保有したら、
  税金メリットはどうなるのですか」という問いです。

  改めての確認となりますが、NISA口座において、
  運用益や配当益が非課税となる期間は5年間で、
  100万円を使ってある商品(複数でも良い)に投資し、
  その商品から5年以内に支払われる配当益と、
  それを5年以内に売却した場合の売却益が非課税となります。
  しかし、5年が経過すると、その非課税効果はなくなり、
  5年経過後からは、配当益に対しても課税されることになります。
  売却益についても同様で、
  5年以内に売却した場合の売却益は非課税となりますが、
  5年経過後に売却すると、売却益は全額課税対象となります。

  5年間という制限があるNISAでは、
  売却のタイミングを事前に考えておく必要があります。
  ただし、5年間、順調に値上がりしている商品を
  さらに長期間持ち続けたいと考える方にとっては、
  5年以内に売却しなくても、非課税メリットを得ることが可能です。
  なぜならば、5年間の非課税期間が終わると、
  ロールオーバーのほかにその商品は非課税期間終了時の価格で、
  課税口座(一般口座や特定口座)に
  移管される仕組みになっているからです。

  一方で、気をつけておいていただきたいのが、
  5年間で値下がりしてしまった商品です。
  前述のとおり、5年が経過して課税口座に商品が移管される際に、
  値下がりした価格が買い付け価格となり、
  その後値上がりした場合に、課税対象となる売却益が、
  実際の売却益よりも大きくなってしまいます。
  また、NISA口座における譲渡損失は、課税口座の譲渡益、
  配当益とは損益通算ができませんのでご注意ください。

   ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013/12/27 8:16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第195号 ◆◇◆      

       『マニュアルを超えたサービスを支える会社』       

           http://www.shachotalk.jp/            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 先日、新潟に講演に行った際に、
 主催してくださった経営者の方々と一緒に、
 芸妓さんを呼んでの懇親会に参加させていただきました。

 新潟の文化の一つである芸妓さんも、
 どんどんと数が減り、絶滅の危機に直面することになり、
 経営者の皆さんが芸妓さんが所属するための会社を設立し、
 芸妓さんに給与を払う仕組を作られたとのこと。

 会社に所属することで、芸妓さんたちは
 安心して技を磨くこともできるし、
 経営者の皆さんのネットワークで、
 芸妓さんを呼んでいただく宴席を増やすこともできる。

 文化芸術というと、官やNPOが守るものという傾向がありますが、
 経営者の皆さんが文化芸術を守るために、
 自らの持つお金やネットワーク、経営ノウハウなどの資本を
 提供するという取組みは、いろんな分野に活かせるように思います。

 企業は赤字が続くと、存続は不可能です。
 事業を続けている企業の経営に、持続可能性のヒントがあるはずです。

 様々な分野に、企業経営の智恵をもっと転嫁していくべきと思います。

 官民癒着が批判された時代が続きましたが、
 民の智恵を最大限活かした官のあり方、
 新たな官民協働の時代がやってきたように思います。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  株式会社メディアフラッグ
  代表取締役社長 福井 康夫さん
  『マニュアルを超えたサービスを支える会社』

 【2.メディア情報】
  雑誌『潮』2014年1月号

 【3.講演情報】
  2014年1月28日(火)
   新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」

 【4.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その6)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆株式会社メディアフラッグ
  代表取締役社長 福井 康夫さん

  『マニュアルを超えたサービスを支える会社』

   マニュアルを超えたサービスが求められる時代の一方で、
   店頭で接客をする人の大半がアルバイトという現実。
   サービスの質を高めるための支援を事業化した同社の戦略とは。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131210  
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14  
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  今週のゲストは、株式会社メディアフラッグ
  代表取締役社長の福井康夫さんです。

  メディアフラッグは、流通業を中心としたチェーンストアの
  店舗活性化を支援する覆面調査事業を提供されている会社です。
  福井さんは、セブン‐イレブン・ジャパンでの経験や、
  フィールドマーケティング事業の立ち上げから得た気づきをもとに、
  35歳でメディアフラッグを起業されました。
  そのあたりのお話は、今年の8月にクロスメディアパブリッシングから
  出版された著書「コンビニの店長だった私が上場企業の社長になった今も
  大切にしている商売の心得」に詳しく書かれています。
  
  今回の対談では、覆面調査員の大半がアルバイトの方々
  であるにも関わらず、強い使命感を持って仕事をされていると
  感じたことが印象的でした。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131210
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
  「藤沢久美の社長Talk」は、FeBeの定期配信サービスとして配信しています。
   最新の番組は、毎週火曜日正午、月4本の番組を更新。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇スターティア株式会社
    代表取締役社長 兼 最高経営責任者 本郷 秀之さん
    『人が自ら育つ組織に不可欠なものとは』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131119

   ◇株式会社パイプドビッツ
    代表取締役社長CEO 佐谷 宣昭さん
    『ITで「販売支援」から「つながり支援」へ』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131126

   ◇株式会社ネットプロテクションズ
    代表取締役社長CEO 柴田 紳さん
    『社業と共に社員と社長が成長する会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131203

   ◇株式会社メディアフラッグ
    代表取締役社長 福井 康夫さん
    『マニュアルを超えたサービスを支える会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131210

  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.メディア情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆雑誌『潮』2014年1月号

  12月5日(木)発売の『潮』2014年1月号の
  特別企画「ニッポンの元気企業」に、
  藤沢久美のインタビュー記事、
  「グローバル時代に生き残る中小企業の条件」が掲載されました。

  《記事のポイント》
  ・スピードが重視されるグローバル会社だからこそ、
   企業には確かな哲学が必要とされる
  ・ASEAN市場などに対し、現地の生活習慣に即した
   モノ作りをすれば、日本の製造業にもチャンスがある
  ・海外進出と、人材の現地化によるイノベーションを逆輸入すれば、
   日本に新しいニーズが生まれる

   http://www.usio.co.jp/html/usio/

  ┌────────────────────────────────
  │□メディア情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/media/
  └────────────────────────────────

━┫3.講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」

  1月28日(火)に伊丹市で開催される、新春経済講演会において
  「日本経済の動向とこれからの市場の変化」をテーマに講演を行います。

 ==========================================================
  新春経済講演会「日本経済の動向とこれからの市場の変化」 

          http://goo.gl/Wx52H3          
 ==========================================================

  中小企業が変わるにはピンチをチャンスにしていくという
  発想の転換が必要です。あまたの中小企業を取材する中で、
  中小企業でも日本経済を支えていると自覚し、
  浮足立つことなく原点にもどり、そこからまた打って出る原動力が
  うまれるという持論を持つ藤沢氏が元気な企業のポイントを探ります。

  【日 時】2014年1月28日(火)14:00-15:30

  【会 場】伊丹市立産業・情報センター6階マルチメディアホール
       http://www.meditam.org/access/index.html

  【定 員】先着100名

  【参加費】無料

  【申込み】
   下記URLより、詳細をご確認の上、お申し込みください。
   http://www.meditam.org/info_02/20140128/index.html

  【主 催】
   伊丹市立産業・情報センター
   伊丹商工会議所

  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫4.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その6)

  2014年1月から新しい非課税制度「NISA」が始まります。
  毎年100万円につき最長5年間、最大500万円まで、
  上場株式や投資信託等へ投資した際の利益が非課税となる制度です。

  今回は、NISA口座での積立投資の活用について考えます。

  ―積立のメリットは何ですか?

  昨年末からの大幅な日本株の上昇に、戸惑った方も多いと思います。
  株式は安いときに買って高いときに売るのが基本ですが、
  そのタイミングを見計らうのはとても難しいのもご存知の通りです。
  その意味では、毎月一定額で、株や投資信託を購入し続けておくことで、
  タイミングを気にせずに、ほどほどのリターンを
  得ることができることは、過去の株価からも見て取れます。

  ―NISA口座で積立をすることは可能ですか?

  金融機関によって、対応は異なります。
  NISA口座で積立を活用することをお勧めしている
  金融機関もありますので、NISA口座を開設する
  予定の金融機関に確認してください。

  ―積立はいくらずつすればいいですか?

  月々に投資にまわせる金額は個々人で異なりますから、
  いくらが最適という金額はありませんが、
  NISAの場合は、各年で元本100万円までの運用となりますので、
  100万円を12ヶ月で割ると、1ヶ月あたり約8万3千円となります。
  1年目は、毎月8万3千円を積み立て、
  2年目には、新たな100万円の枠が追加できますので、
  新たに月々8万3千円を積立することができます。
  2023年までの10年間は
  毎年新たな100万円枠を作ることができるのです。

  ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013/12/12 17:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第194号 ◆◇◆      

        『社業と共に社員と社長が成長する会社』        

           http://www.shachotalk.jp/           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 師走に入ってからの都内のイチョウの紅葉が美しく、
 クリスマスのイルミネーションも相まって、
 街が明るくなった感じがしています。

 さて、師走に入る少し前の11月下旬に、
 アブダビで開催された、
 グローバル・アジェンダ・カウンシルという会議に参加してきました。

 この会議は、世界の課題を90種類ほどに分けて、
 それぞれのテーマについて、世界から10名ほどのメンバーが集まって
 議論をするという会議です。
 (ちなみに、私のテーマは、「JAPAN」です。)

 そこで、教育に関するディスカッションがあったので参加したのですが、
 話題の中心は、
 MOOCs (Massive Open Online Courses の略。大規模公開オンライン授業)。

 これから世界中の人たちが、ネットにつながりさえすれば、
 一流大学の講義を無料で受けることができる時代がやってくる。

 そのときに、大学の卒業証書は就職に有利なブランドになるか?
 という投げかけがありました。

 特に、新興国では急速にスマホが普及しており、
 お金のない子供たちも世界の知に触れ、学ぶことができます。

 今年のアメリカで行なわれたTEDカンファレンスでも、
 ネットで勉強をして、
 膵臓がんの検査キッドの開発をした高校生が講演をしていました。

 もはや、年齢や経済力に関係なく、学ぶことができる時代、
 企業は、卒業大学のブランドで人を採用する時代から、
 実質的なその人間の能力や知識を見て採用する時代になるのではないか。

 では、大学では何を教えるべきか・・・そんな議論がされていました。

 インターネットは、21世紀に入り、
 本格的に社会のあらゆる分野の常識を変え始めています。

 過去に築き上げたブランドや経済力が必ずしも
 強みではなくなってきていることを痛感すると同時に、
 すべての人に新たなチャンスがやってきたことを実感しました。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  株式会社ネットプロテクションズ
  代表取締役社長CEO 柴田 紳さん
  『社業と共に社員と社長が成長する会社』

 【2.講演情報】
  2014年2月1日(土)
   ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬

 【3.藤沢久美のマネーコラム】
  『新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その5)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆株式会社ネットプロテクションズ
  代表取締役社長CEO 柴田 紳さん

  『社業と共に社員と社長が成長する会社』

   ネットショッピングでの後払いシステムを構築したことで、
   あらゆる事業への足がかりを作った同社。
   その原動力は人づくり。
   独特の人材育成と組織運営のあり方を聞いた。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131203  
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14  
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  今週のゲストは、株式会社ネットプロテクションズ
  代表取締役社長CEOの柴田紳さんです。

  ネットプロテクションズは、ネットショッピングにおいて、
  消費者が安心して商品を購入できる
  「後払い決済」の仕組みを提供している会社です。
  「後払い」という方法は一般的にも聞こえますが、
  ネットショップ側からすると、代金を払ってもらえないという
  高いリスクがあり、なかなか実現が難しいのです。
  その未回収リスクまで含めて請け負い、
  お客様に「後払い」で買っていただく仕組みを
  提供しているというのが、ユニークな点です。

  柴田さんの経営に対する考え方は、非常に面白く、
  「人」がすべてなのです。お金の儲け方や、
  新しいビジネスモデルのつくり方よりも、
  「人」が成長できる組織づくりが大事だということをおっしゃいます。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20131203  
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14  
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
  「藤沢久美の社長Talk」は、FeBeの定期配信サービスとして配信しています。
   最新の番組は、毎週火曜日正午、月4本の番組を更新。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇株式会社カカクコム
    代表取締役社長 田中 実さん
    『ネットビジネスの進化をけん引する会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131112

   ◇スターティア株式会社
    代表取締役社長 兼 最高経営責任者 本郷 秀之さん
    『人が自ら育つ組織に不可欠なものとは』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131119

   ◇株式会社パイプドビッツ
    代表取締役社長CEO 佐谷 宣昭さん
    『ITで「販売支援」から「つながり支援」へ』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131126

   ◇株式会社ネットプロテクションズ
    代表取締役社長CEO 柴田 紳さん
    『社業と共に社員と社長が成長する会社』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20131203

  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.イベント・講演情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬

  2014年2月1日(土)に開催される
  「ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬」
  のパネルトークに、コーディネーターとして登壇します。

 ===================================================
    ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬   

    http://socialvalue.jp/final/2014winter/   
 ====================================================

  ソーシャル・ビジネスグランプリは、
  ソーシャルビジネスに精通した有識者による講演やパネルトーク、
  これから世に出る政治起業家・社会起業家によるプレゼンテーション、
  参加者による投票等を行う参加型イベントです。

  本大会は、参加者の皆さまが社会貢献するという志を共有し、
  新しい生き方・働き方への第一歩を踏み出すきっかけの日とし、
  当日発表する社会起業家が、
  どのようにして「原体験」に基づいた共感資本を集めていくか、
  ご自身の事業の参考にしたり、これから世に出る社会起業家を支援する等、
  参加者全員がソーシャルアクションを起こすことを目的にしています。

  【日 時】2014年2月1日(土)13:00-18:30

  【会 場】ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16)
       http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html

  【定 員】700名

  【参加費】一般:3,000円
       学生:1,500円(当日、学生証の提示をお願いします。)

  【パネルトーク】
   ◇時間  14:40-15:10

   ◇テーマ
    「政治起業家は社会を変える」

   ◇登壇者
    田坂 広志 (社会起業家フォーラム 代表、社会起業大学 名誉学長)
    田中 勇一 (社会起業大学 理事長)
    金野 索一 (一般財団法人 日本政策学校 代表理事)
    グランプリ受賞者 (政治起業家グランプリ受賞者)
    藤沢 久美

   ※その他のプログラムは、下記URLをご覧ください
    http://socialvalue.jp/final/2014winter/summary/detail01.html

  【申し込み】
   下記URLより、詳細をご確認の上、お申し込みください。
   http://socialvalue.jp/final/2014winter/index.html

  【主催】
   デモクラシー2.0イニシアティブ
   社会起業大学
   一般財団法人日本政策学校

  ┌────────────────────────────────
  │□講演情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫3.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆新しい非課税制度「NISA」を知ろう(その5)

  2014年1月から新しい非課税制度「NISA」が始まります。
  毎年100万円につき最長5年間、最大500万円まで、
  上場株式や投資信託等へ投資した際の利益が非課税となる制度です。

  今回は、NISA口座でどんな商品に投資すれば良いかを考えます。

  ―NISA口座で非課税となる投資商品は何ですか?

  NISA口座で、非課税対象となるのは、
  ETF(Exchange Traded Funds)、
  REIT(Real Estate Investment Trust)などを含む
  上場株式と公募型の株式投資信託です。

  ―非課税制度を最大限利用する方法はありますか?

  最大限利用とは、恐らく税金をどれだけ節約できるかという意味かと思います。
  そう考えると、できるだけ大きな利益を得られる商品を選ぶことが、
  その方法となりますが、5年間の運用期間の中で、
  必ず最大の利益を上げる商品を見つけるようなことは、誰にもできません。

  ご自身の相場観に基づき、5年の間に値上りの可能性が大きいと思う商品を、
  NISA口座を活用して購入すると良いでしょう。

  ―大きな値動きをする投資商品とは何ですか?

  過去の実績から想定すると、
  為替変動の影響を受ける外国の株に投資する投資信託や、
  ブルベアファンドといった株式や為替の動きの数倍の値動きをする投資信託
  などが挙げられます。

  大きな値動きとは、値上りも大きいですが、
  値下がりも大きいということですから、
  購入や売却の際には注意が必要です。

  ―相場観を活かして投資できる商品を教えてください。

  株価指数と同じように値動きをする商品として、前出のETFがあります。
  日本の株や米国の株等様々な国の株式指数と同じ値動きをするものや
  金などの商品の価格と同じような値動きをするETFもあります。
  ご自身が身近に感じる指数と同じ値動きをするETFへ投資して、
  相場観を磨きながら投資されてはいかがでしょうか。

  ―NISA口座で日本株を買うのは不向きですか?

  日本株を買うのも一つの方法です。
  5年以内に値上りしそうな株を購入し、5年以内に売却すれば、
  その値上り益に対して、税金がかかりませんし、
  配当金がたくさん出る株を購入すれば、配当金への税金も非課税になります。

  ―すでに投資経験がある人は、NISAをどのように利用すれば良いですか?

  すでに証券会社に口座を持ち、様々な投資に慣れ親しんでいる人は、
  これから5年間に最も売却益が高くなりそうな商品、
  または、最も配当が多くなりそうな商品を見定め、
  新たに開設したNISA口座で投資されると良いでしょう。

  ┌────────────────────────────────
  │□藤沢久美オフィシャルサイト『コラム』にて、
  │ その他のコラムもお読みいただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013/12/05 17:00