LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ユニバーサル園芸社
代表取締役社長 森坂 拓実さん

です。

----------------------------------------
2014年4月30日公開

株式会社ユニバーサル園芸社
代表取締役社長 森坂 拓実さん

 一度きりの人生を生き切るために

 園芸を中心に、造園、切り花も扱う同社の創業者である
 森坂さんは、20歳で起業。原点は、子供心に貫かれた死生観。
 いかに生き働くか、それを求め続ける森坂さんから学ぶ。

 【主な内容】
 1)園芸・造園・花屋の違い
 2)人間が必ず死ぬことを知った恐怖と焦り
 3)20歳で独立、自ら仕事を創る
 4)現業をやることが社長業であり、経営
 5)自らを追い込むために選んだ「上場」
 6)M&Aからの学びと先進国進出の理由
 7)何歳まで働き続けるか
 8)未来への不安に苛まれず年齢を重ねる

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140430
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/178019
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ユニバーサル園芸社は、観葉植物のレンタルや
グリーン・フラワー全般のギフト販売を中心に、
オーダーメイドの庭作りや、フラワーショップを兼ねた
おしゃれなカフェの運営など、幅広い関連事業を手掛けている会社です。

創業46年の歴史を持つ同社ですが、
実は、森坂さんが二十歳の時に起業して、ここまで来ています。
高校を卒業して2年間は造園会社に勤めたとのことですが、
知識も経験も不十分な中、なぜ、そこまで起業を急がれたのか、
その理由を伺いました。

藤沢「ホームページを拝見すると『創業の精神』というページがあり、
  『人生は二度なし』という言葉や、『小学校のときに人間は死ぬのだと
  いうことを自覚し、その恐怖を毎日感じながら生きてきました』
  というお考えが書いてありました」

森坂「芸術家や経営者など、立派な足跡を残すような人というのは、
  間違いなく9割の人が死生観を持っていますね。
  一度きりの人生、どのような生き方をしていこうか、
  何にこの命を使おうか、ということを考えています。
  それは40歳ぐらいの時にある本と出会い、気がつきました。
  私の場合は、偉くもなんともないですし、『恐怖心』という
  少し変わった角度から入っているけども、そのような考え方を
  持っていたからこそ、充実した人生を送ってくることが出来ました」

「死生観」という深いテーマに始まり、どのように園芸を
ビジネスとしてかたちにしていったのかという創業当初のお話や、
森坂さんの長年のご経験にもとづいた経営論は、学びに溢れています。
また、ロンドン、ニューヨーク、シンガポールと、
世界の大都市に進出していくのだというワクワクする今後の戦略も伺いました。

事業がある程度軌道に乗って来ると、経営者としては気が緩んでしまいがちですが、
そういう時こそ新たな目標を設定されて、「まだ、まだまだだ」と
前に突き進んでいかれる森坂さん。

一度の人生を限りあるものとして、チャレンジを続けていかれるその覚悟を、
ぜひ、対談から感じ取っていただけたらと思います。


2014/04/30 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

リリカラ株式会社
代表取締役社長 山田 俊之さん

です。

----------------------------------------
2014年4月22日公開

リリカラ株式会社
代表取締役社長 山田 俊之さん

 日本の強みを支えるインテリア事業

 壁紙や床材を製造販売する同社。生産は、日本の厳しい基準に
 応えられる日本の製造業に委託。建物のリフォームも視野入れ、
 日本の古き良き存在を復活させる立役者となるか。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140422
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/177491
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リリカラは、壁紙、カーテン、床材などのオリジナル商品を
開発して販売するインテリア事業と、
オフィスなどを対象とした空間デザインや施工を手掛ける
スペースソリューション事業を二本柱とする、トータルインテリア企業です。

インテリア事業では、工場を持たずに自社ブランドを展開しているのですが、
サプライチェーンを国内で完結させている点が特徴的です。
対談では、なぜ、昔から一貫してそのような戦略を取っているのか、興味深く伺いました。

また、山田さんは、明治時代に創業し、100年以上の歴史を持つ同社の
3代目社長としてご活躍されていますが、実は、婿養子としてこの会社を継がれたのだそうです。

そのような特別な環境の中、どのように社長への道を歩まれたのか、
そして、業績悪化と重なった社長就任期を、いかにして乗り越えて来られたのか。
これらの困難に向かう山田さんの、リーダーとしての基本姿勢は、大変勉強になります。

その姿勢の一つが、「自身の役割を認識する」ということ。
それは、組織の中で強みを発揮するためにも、
周囲の力を借りるためにも重要なことですが、
そのことを強く感じた部分をご紹介します。

山田「私は銀行出身ということもあり、数字には強く、
   例えば経営に関するデータに異常値があると、真っ先に気が付いてしまうタイプです。
   一方で、商品開発やデザインについては、数字だけで割り切れる世界ではありません。
   
   もちろん製品コンセプトやマーケティングプランについては、
   前もって細かく議論して方向性を決めるのですが、
   そこから先のディテールについては、過度に口出しをしないことにしております。
   社内の色々な物やアイデアを活用することで、みんなの力が発揮され、
   デザインのタイアップ先を見つけて来たりしてくれるので、私はそれを承認するだけです。
   その積み重ねで今日まで来ています。

   先代はデザインに強い興味を持っていましたが、私はそこには及ばない。
   それならば、あえてそちらには踏み込まず、違うところでやっていこうという気持ちはあります」


2014/04/22 19:07

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆◇◆ 藤沢久美の社長Talk News 第199号 ◆◇◆      

        『SNSでマーケティングの進化形を創る』        

           http://www.shachotalk.jp/          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは。
 藤沢久美です。

 新年度に入り、気分一新、お元気でお過ごしでしょうか。
 東京では、ソメイヨシノが散り、八重桜が満開を迎えています。

 さて、久しぶりの社長Talk Newsをお送りいたします。
 何名かの方から、最近メールが届かないのだが、
 システムエラーが起きているのではないかと
 お問い合わせをいただき、大変恐縮しております。

 私が執筆を怠っておりました。

 言い訳も含めて、一つ、ご報告をさせていただきます。

 昨年、11月に、文部科学省の参与になり、
 一つのプロジェクトをお手伝いしていました。

 「官民協働海外留学創出プロジェクト」というもので、
 昨年4月に、ダボス会議のヤング・グローバル・リーダーたちとの
 下村文科大臣を囲む夕食会が発端となりました。

 「すべての若者に海外体験を創りたい」という大臣の言葉に
 共鳴した仲間たちが、民間の力も結集して、それを実現しようと声をあげ、
 その翌週から文科省の方々と議論を始め、プロジェクトが立ち上がることに
 なりました。

 しかし、すでに多くの仕事を抱えていらっしゃる文科省の方々だけでは
 プロジェクトを進めていくのは大変ですし、
 文科省では、過去に前例のない、官民協働の留学プロジェクトです。

 民間のメンバーを職員として参画させて欲しいというお願いを
 大臣が聞き入れてくださり、何名かの仲間が、職員として参画し、
 私は参与として参画することになりました。

 そして、民間からの前代未聞の無理難題を勇気ある文科省の皆さんが、
 省内調整をしながら、進めてくださいました。

 その結果、この4月に、「官民協働海外留学創出プロジェクト」は、
 正式なプロジェクトとして立ち上がり、3分の2のメンバーが、
 民間からの若手メンバーとなりました。年収が激減するにもかかわらず、
 参画してくださった使命感に燃える方々ばかりです。

 民間以外には、当然のことながら、文科省の方々、留学支援機構の方々、
 そして、国立大学の方々が、メンバーとして参画しています。

 まさに、産官学の新たな取組みです。

 企業経営者の皆さんと文科省関係者、大学関係者、そして自治体の方々と
 すべての若者にチャンスを与える仕組みを作り、さらに、
 新しい常識を創っていけたらと、メンバーみんなが希望に満ちています。

 そして、各省庁で、こうした新しい産官学プロジェクトが動き始めたら
 素敵だなぁと思っております。

 このプロジェクトに参画したいと思ってくださる方は、
 個人・企業に関わりなく、ぜひご連絡ください。

===================================
 ◆◇ 今週の社長Talk News ◇◆
===================================

 【1.今週の社長Talk】
  アライドアーキテクツ株式会社
  代表取締役社長 中村 壮秀さん
  『SNSでマーケティングの進化形を創る』

 【2.メディア情報】
  4月 1日(火)発行 岡三証券広報誌『Adesso』

  4月21日(月)放送 東海ラジオ『源石和輝 モルゲン!!』

 【3.藤沢久美のマネーコラム】
  『投資成果を考える 第2回 ベンチマーク(質問編)』

━┫1.今週の社長Talk┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆アライドアーキテクツ株式会社
  代表取締役社長 中村 壮秀さん
  (東証マザーズ 6081)

  『SNSでマーケティングの進化形を創る』

   様々なソーシャルメディアがでてくる中、SNSを使った
   新しいマーケティング手法を実現。同社のツールが、企業の
   規模に関わらず、世界へのマーケティングを可能にする。

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140408
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression ~対談を終えて~┣━━━━━━━━━━━━━━━━

  アライドアーキテクツ、「創造者の集団」という意味の社名ですが、
  常に創造性を発揮することで進化を導き、社会を驚かせるような
  サービスを作り上げていきたい、という意味がこめられています。
  そのような思いで中村さんが会社を立ち上げたのは2005年。
  当時は、ブログが急速に普及し、ミクシィが話題になり始めた頃
  でしたが、中村さんは、その頃から個人の発信が情報流通の中心に
  なるということを感じていたそうです。

  そして、FacebookやTwitter、
  ブログなどのソーシャルネットワークが急速な進化を遂げた今、
  アライドアーキテクツは、それらを活用したマーケティング
  プラットフォーム「モニプラ」を中心とした、ソーシャルメディア
  マーケティング支援事業を展開しています。

  対談では、ソーシャルネットワークをどのようにマーケティングに
  活用するのか、ヒントをいただきました。

  また、Facebook関連サービスを中心に、国内で急成長を
  遂げている「モニプラ」ですが、中村さんのお話を聞いていると、
  モニプラを使うことで、企業のみならず、個人も、ビジネスを世界に
  広げていくことができるのではないかと、ワクワクしてきます。

  ┌────────────────────────────────
  │□Talk Impressionの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140408
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/14
  └────────────────────────────────

  【FeBe 定期配信登録のご案内】
   ※※※初月無料キャンペーン実施中!※※※
  
   「藤沢久美の社長Talk」対談全編は、
   音声配信サイト「FeBe」の定期配信番組として、
   毎週火曜日正午、月4本お届けいたします。
   
   現在、初月無料キャンペーンを実施しており、
   今ご登録いただくと、下記の番組を無料でお聴きいただけます。
   是非、この機会にお楽しみください。

   ◇株式会社ビューティガレージ
    代表取締役CEO 野村 秀輝さん
    『美容業界を変える』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140318

   ◇アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社
    代表取締役社長 丸山 雄平さん
    『建築の常識を変えた不屈の挑戦』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140325

   ◇株式会社ユビキタスエンターテインメント
    代表取締役社長兼CEO 清水 亮さん
    『人類の進化に貢献する』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140401

   ◇アライドアーキテクツ株式会社
    代表取締役社長 中村 壮秀さん
    『SNSでマーケティングの進化形を創る』
     http://www.shachotalk.jp/talk/20140408

  ┌────────────────────────────────
  │□FeBeで配信中のその他の過去の番組は、
  │ 下記のURLからご確認いただけます。
  │⇒ http://www.febe.jp/shachotalk
  └────────────────────────────────

━┫2.メディア情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆『Adesso』2014年4月号

  岡三証券が発行する広報誌『Adesso』2014年4月号に、
  連載「藤沢久美のHow To 投資信託」第49回が掲載されました。

  『Adesso』は、岡三証券サイトから見本誌を請求いただけます。
   http://bit.ly/O6uFbY

 ◆東海ラジオ『源石和輝 モルゲン!!』

  毎月第1・3月曜日、
  東海ラジオ『源石和輝 モルゲン!!』の
  「情報モルゲン」のコーナーに出演しています。

  4月の放送日は、4月7日・21日です。

  ◇番組名:『源石和輝 モルゲン!!』
  ◇放送局:東海ラジオ 1332khz
  ◇放送時間:毎週月~金曜日 6:30-9:00

  出演時間は、朝6時50分頃を予定しています。
  (番組の都合により、変更になる場合もございます)

  ┌────────────────────────────────
  │□メディア情報の詳細は、
  │ 藤沢久美のオフィシャルサイトでもご覧いただけます
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/lectures/
  └────────────────────────────────

━┫3.藤沢久美のマネーコラム┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆投資成果を考える 第2回 ベンチマーク(質問編)

  前回、ベンチマークについて紹介したところ、
  2つの質問をいただきましたので、ご紹介し、回答します。
  
  ▼質問1

  ベンチマークがずっと値下がりしている場合に、
  投資信託の基準価額もずっと値下がりしていても、
  ベンチマークよりも値下がりが小さい場合は、
  良い運用成果だと評価するのですか。
  投資家にとって、投資信託は値上がりしてこそ意味のあるもので、
  値下がりしているものを評価することはできません。

  ▼回答

  ご指摘の通りです。ベンチマークの考え方に基づくと、
  たとえ投資信託の基準価額が値下がりしていても、
  ベンチマークよりも値下がり率が小さければ、
  ベンチマークを上回る成果を上げているということで、
  運用は目標通り行なわれていると評価します。
  しかし、ご質問者がおっしゃるとおり、値下がりしている
  ことを投資家の方々が喜べるはずがないのも事実です。

  また、日本株のベンチマークのTOPIXのように、バブルの頃から20年以上、
  元の価格に戻っていない場合もあるため、どれほどベンチマークよりも
  値下がり率が小さいと言われでも、納得がいかない場合も多いと思います。
  こうした投資対象国の経済の低迷によるベンチマークそのものの長期的な
  値下がりによる損失を小さくするために、積立投資が有効といわれます。
  積立投資を実践していれば、長期低迷している日本株に投資する投資信託でも、
  利益を出すことができているものもあります。

  ┌────────────────────────────────
  │□マネーコラムの続きは、こちらからご覧ください
  │⇒ http://kumifujisawa.jp/column/money/money-column/137/
  └────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  番組へのご意見、ご感想などは、下記へお送りください。
  studio@shachotalk.jp

  「社長Talk News」の配信開始、配信先変更は、
  下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.shachotalk.jp/support/regist.html
───────────────────────────────────
 
  藤沢久美の社長Talk
  http://www.shachotalk.jp/

  藤沢久美の社長Talk Facebook
  http://www.facebook.com/ShachoTalk

  藤沢久美の社長Talk Twitter
  http://twitter.com/shachotalk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014/04/11 19:07