LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

片倉工業株式会社
代表取締役社長 竹内 彰雄さん

です。

----------------------------------------
2014年6月24日公開

片倉工業株式会社
代表取締役社長 竹内 彰雄さん

 富岡製糸場が140年の社歴の原点

 141年の社歴を持つ片倉工業。世界文化遺産に
 登録された富岡製糸場を起点に多角化経営を
 続けてきた同社の進化し続ける経営を支える
 哲学とこだわりの組織づくりを聞いた。

 【主な内容】
 1)富岡製糸場の保存に込めたメッセージ
 2)海外の力を借りて、日本独自を生み出す
 3)富岡製糸場の中で生まれた多角化経営の種
 4)事業分野の取捨選択の基準と背景にある哲学
 5)低売上でもあえて続ける事業を持つ理由
 6)事業部署横断で新事業が生まれる仕組み
 7)片倉工業で働くことができる幸せ

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140624
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/182366
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年6月21日、「富岡製糸場」が
世界文化遺産として正式に登録されました。
近代産業遺産の登録としては、国内では初めてとのこと。
その立役者となったのが、創業140年の長い歴史を持つ片倉工業です。
同社は、1987年に工場の操業を停止した後も
「売らない、貸さない、壊さない」の3原則を掲げ、
2005年に富岡市に移管するまで守り続けてきました。
なぜ、片倉工業は、富岡製糸場を守り続けてきたのか。
その背景にある企業哲学をうかがい、片倉工業が140年間、
経営を続けることができた理由がわかったような気がします。

また、社長の竹内さんは、10年前に、長年勤めた都銀から
片倉工業に転職され、5年前に社長に就任されたのですが、
片倉工業についてお話になる姿は、とても幸せそうで、
毎日楽しいのだとおっしゃる。
そんなお姿が、最初は少し不思議でしたが、お話を聴いてみると、
竹内さんご自身が培ってこられた哲学が、片倉工業の培ってきた哲学と、
とてもよく合致しているということが見えてきました。

そんな哲学をいかに現実の経営へと落としていくか。
まさにそれが、片倉工業の140年の歴史を紡いできたわけですが、
生糸生産という製造業からスタートし、徐々に、
様々な事業分野へと多角化経営を進めてきました。

そして、今、同社の中期経営計画にある
事業展開のキーワードは、「分散と融合」。
いかにして事業を分散させ、いかにして融合させるか。
また、いかにして事業を選ぶか、いかにして決めるのか。
今まさに必要なイノベーションが起こる持続可能な経営を
いかにして実践するか、多くのヒントをうかがうことができました。

会社でマネジメントをされている方々だけでなく、
国家でマネジメントされている政治家の方々にも、
ぜひ、竹内さんのお話を聴いていただきたいです。


2014/06/24 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、先週に引き続き、

株式会社セプテーニ・ホールディングス
代表取締役社長 佐藤 光紀さん

です。

----------------------------------------
2014年6月17日公開

株式会社セプテーニ・ホールディングス
代表取締役社長 佐藤 光紀さん

 一人一人のアントレプレナーシップで世界を元気に(後編)

 「事業づくりは、人生を投影した作品づくり」だという佐藤さん。
 病気がちだった子供時代、アーティストをめざした学生時代。
 思想を深めながらの経営者への歩みを聴いた。

 【主な内容】
 5)事業づくりは、人生を投影した作品づくり
 6)子供時代のコンプレックスと両親への感謝
 7)ミュージシャン志望が、就職へと心が動いた理由
 8)毎日を200%の濃度で生きる

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140617
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/183458
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週に引き続き、対談の後編をお送りします。

前編では、佐藤さんが社長になられるまでのお話や、アントレプレナーを
生み出し続ける文化、そのための仕組みづくりについて、詳細にうかがいました。
後編では、佐藤さんの考え方について、さらに深くうかがいましたので、
その一部分をご紹介します。

佐藤「24時間×日数の積み重ねが年齢になっているわけですよね。
   その24時間という1日の時間はみんなが平等に与えられていて、
   今の科学だと、これを引き延ばすことは難しいのです。
   だから、人の成長というのは、時間の量よりも、時間の質で
   決まるものと思っています。1日を100%の濃度で生きるのか、
   50%なのか、それとも200%なのかは、選択できるはずです。
   その濃度によって、例えば同じ39歳でも、濃度200%で
   毎日を過ごしてきた人と、50%だった人とでは、生きてきた
   時間は一緒でも、恐らくだいぶ中身が変わってくる。
   やっぱり与えられた時間をどれだけの濃度で生きていくかというのが、
   自分の生き方を磨き上げたり、優れた人格をつくる上では大事かなと思って。
   200%で生きられるよう、日々努力しています」

前編と比べると、哲学的なお話で驚かれる方もいらっしゃるかも知れませんが、
佐藤さんは、様々なことを多角的に考えていらっしゃいます。

なぜ、そんなふうに考えるようになったのか。
経営者としてのこれまでとこれからの歩み、幼少期のエピソード、
生き方そのものに対するお考えなどを、じっくりとうかがいました。

セプテーニという、人がきらきら輝く組織をつくっている佐藤さんのお話から、
より充実した人生を送るためのヒントを見つけていただければ幸いです。


2014/06/17 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社セプテーニ・ホールディングス
代表取締役社長 佐藤 光紀さん

です。

----------------------------------------
2014年6月10日公開

株式会社セプテーニ・ホールディングス
代表取締役社長 佐藤 光紀さん

 一人一人のアントレプレナーシップで世界を元気に(前編)

 自然体で働き、事業とは、自らの思いを作品にする
 ことだという佐藤さん。社員たち一人ひとりにも
 そんな生き方ができる場としての職場を提供。
 枠にはまらない新たな経営。

 【主な内容】
 1)自然体で仕事に取り組み、経営者へ
 2)社員全員がアントレプレナーになる仕掛け
 3)失敗を強みに変える、フェアでオープンな環境
 4)常に新たなものが生まれてくる仕組みとは

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140610
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/181071
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10年以上前、セプテーニの創業者である七村さんに、
インタビューにうかがったことがあります。
当時は、人材サービスが事業の中心でしたが、それから10年後、
事業の内容、規模ともに、同社は大きな進化を遂げました。

その核となったインターネット広告事業を新しく立ち上げたのが、
今回お話をうかがった佐藤さん。現在は、モバイルゲームや
マンガコンテンツ事業への参入、積極的なグローバル展開への
取り組みなど、さらなる進化が続いています。

佐藤さんのお話をうかがって強く印象に残っているのが、
同社の進化を支えるエネルギーである、セプテーニの
社員一人ひとりが持つアントレプレナーシップ。

どうすれば社員一人ひとりが、新しいことにワクワクし、
挑戦したいという気持ちになれるのか。
また、失敗してしまった時に、それをどうやって社内で
受け入れ、その人が再び挑戦できる環境をつくっていくのか。
そんな組織文化づくりについても、うかがいました。

会社の中で、組織の中で、どうやったらみんながチャレンジ出来るように
なるのかと悩まれている方に、ぜひ、佐藤さんのお話をお届けしたいです。

※今回、佐藤さんのお話は、学び多く、長時間に渡って
 おうかがいしましたので、前後編に分けて放送させていただきます。


2014/06/10 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社モルフォ
代表取締役社長 平賀 督基さん

です。

----------------------------------------
2014年6月3日公開

株式会社モルフォ
代表取締役社長 平賀 督基さん

 すべての「カメラ」に知能をもたせる

 携帯電話やスマホのカメラ機能がどんどん
 進化する昨今、それをけん引しているのが同社。
 なぜ、同社のような大学発ベンチャーが生まれたのか。
 その軌跡と未来展望を聞いた。

 【主な内容】
 1)レンズではなくソフトで映像品質を上げる
 2)平賀さんを起業家に導いた大学での体験
 3)創業後2年売上ほぼゼロを乗り越えられた理由
 4)日本初「手ぶれ防止」機能付き携帯発売
 5)すべての「カメラ」に知能をもたせる
 6)研究開発者とエンジニアの違い
 7)未来へ世界へ、そして後進たちへ

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotalk.jp/talk/20140603
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/180979
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

モルフォは、手振れ補正やパノラマ撮影などの
画像処理技術を提供している会社です。
同社の製品は、2006年6月、NEC製のFOMA端末に
搭載されたことをきっかけに急速に広まり、現在では、
国内外の主要メーカーのほとんどが採用しています。

平賀さんは、東京大学大学院で画像処理の研究をされていて、
そこで培った専門知識を活かして起業されました。
研究者から経営者になるのは難しいという話を
よく耳にしますが、見事にそれを実現し、上場されています。

製品開発についてのお話を伺っていると、研究者としての
こだわりを持っていながらも、使う人にとって、より楽しく、
より便利に、という観点を大切にされていることが伝わって来ました。
専門知識を持っていない多くの人に、どうしたらその技術を活かした
楽しみを届けられるのか。このような考え方を徹底してきたことが、
モルフォの製品が支持され、飛躍的成長へとつながった理由の一つです。

現在、同社の売上の半分以上は海外で、今後も海外展開には積極的に
取り組まれていくそうです。これからさらに活躍の場が広がっていく中、
その役割の変化についてはどのように考えていらっしゃるのか。
そのあたりのお話を伺うと、モルフォの将来が非常に楽しみになります。
ぜひ、多くの方に聴いていただきたいです。


2014/06/03 12:00