LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社サイネックス
代表取締役社長 村田 吉優さん

です。

----------------------------------------
2014年9月30日公開

株式会社サイネックス
代表取締役社長 村田 吉優さん

 地方の自立を官民協働で支援する

 60年前に電話帳制作事業を始めた同社。
 全国の自治体に財政負担をかけない住民サービスや財源を増やす
 ふるさと納税サービスを展開。地方の自立を支援する稀有な事業会社。

【主な内容】
 1)60年前から全国各地でフリーペーパー事業
 2)地方の自力再生を支援する「わが街事典」
 3)無料で配布「わが街事典」成功の秘密
 4)ふるさと納税支援で、自治体財源を増やす

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20140930
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/190868
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地域を元気にするためにビジネスとして何ができるか。
サイネックスはそれを中核において、事業を通じて地域再生支援に取り組まれ、
上場企業として、きちんと収益もあげている本当にめずらしい会社です。

地域密着の電話帳「テレパル50」の発行事業から始まった同社は、
そこで培った出版ノウハウと広告モデルを軸に、
官民協働型による地域行政情報誌「わが街事典」の発行事業にも取り組み、
自治体の財政負担をかけずに、
ゼロ予算で自治体側が情報誌を発行することのできる仕組みをつくりました。

そして、自治体に財政負担をかけないというところからさらに進化して、
自治体の財源を増やすためのサービスも立ち上げられ、
今特に力を入れて取り組まれているのが、
最近話題の「ふるさと納税」の支援事業。
行政と民間の能力や知恵を共有することによって、
相乗効果が発揮できる仕組みをつくり、地域の活性化につなげています。

こうした事業の背景には、
「地域再生なくして日本の再生はない」という村田社長の強い想いがあります。

村田さんのお話でとても印象的だったのが、
「昔は『親方日の丸』だったけど、今は『親方火の車』」
という言葉。

国は地方を助けたくても、助けられない。
だから、自治体が自らの力で元気になるために、
一民間企業として、地方財政をなるべく触らずに
財政が再建できるようなサポートをし、
そして、官民協働の発想を使って地域経済を進行するようなアイデアを提供し、
地方の活性化につなげたい、と村田社長はおっしゃいます。

地域、地方の再生、創生ということが中央政府でも言われていますが、
お金があれば、地方が元気になるというわけではありません。

村田さんのお話を聞くと、
知恵やネットワークをどう使えばよいのか、意識や見方が変わります。
ぜひ、村田さんのお話を聞いていただき、
地域が元気になる方法、地方創生のヒントをつかんでいただければと思います。


2014/09/30 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社オールアバウト
代表取締役社長 江幡哲也さん

です。

----------------------------------------
2014年9月16日公開

株式会社オールアバウト
代表取締役社長 江幡哲也さん

 個人が輝き、日本が良くなる事業を展開

 1000人の個人の専門家を束ねてあらゆる分野の専門情報を
 ネットで提供するオールアバウト。
 次々に展開する事業すべてが個人のエンパワーメント。
 その思いと軌跡と未来。

【主な内容】
 1)情報の海を1000人の専門家がガイドする
 2)無料から有料への逆転の発想で大成功
 3)新家元制度で、女性にチャンスを
 4)インターネット活用と資格の信頼の高さが秘訣
 5)誰もが仕事を自分ごとにできる組織づくり
 6)日本を良くするための事業。鍵は未来予測
 7)次に目標とするステージは、C to C

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20140916
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/190727
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あらゆる分野の専門家が知識や知恵を提供する総合情報サイト
「All About」を運営している株式会社オールアバウト。
専門家や個人に活躍の場を提供し、
信頼できて役に立つ情報をWEBで提供する
というところから始まった同社ですが、
今はそれだけにとどまらず、「WEB&リアル」をキーワードに、
様々なサービスを展開されています。

たとえば、「サンプル百貨店」。
これは新商品の「お試し買い」ができるというサイトで、
企業からお金をいただいて無料サンプルを提供するのではなく、
ユーザーに通常よりも安い価格で商品のサンプルを提供し、
ユーザーの声を集めていくというもの。
これまでの事業モデルを180度転換されたことで、
これまでずっと赤字だった事業が黒字になり、
売上げも年率3倍で急伸しているといいます。
まさに逆転の発想からの成功ですが、とても面白い取り組みです。

さらに今、新しい事業として取り組んでいらっしゃるのが、
生涯学習の分野で、インストラクターを育成・輩出し、
教室経営の支援もするという「楽習フォーラム」。
いわば、教室の先生を育てるスクールです。
講座で学び、技能や知識を習得し、公的な資格を取得して認定講師となり、
自宅やサロンで教室を持ってそこで多くの人を育てていく。
新たな専門家を育て、ネットワークを広げていく、
そんな素敵な連鎖を生み出すような事業です。

こうした事業の根幹にあるのは、
すべての人が世の中の役に立つ存在として活躍できる場をつくり、支援していく
という江幡社長のお考え。
すべての人が持っている様々な能力を
社会に還元できる仕組みやきっかけ作りをされている取り組みは、
とても素晴らしいと思います。

上場企業としてお金もしっかり稼ぎつつ、
すべての人が、生きがいや、
世の中の役に立っているという実感をもてるような様々なインフラをつくり、
一人でも多くの個人が自立し、活躍し、
そして豊かな人生を歩めるような社会の実現に向けて
取り組まれているオールアバウト。

江幡社長のお話からは、未来に対する希望をたくさん感じました。
ぜひ、多くの方に聞いていただきたいと思います。


2014/09/16 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社トレジャー・ファクトリー
代表取締役社長 野坂 英吾さん

です。

----------------------------------------
2014年9月9日公開

株式会社トレジャー・ファクトリー
代表取締役社長 野坂 英吾さん

 リユース産業の生みの親

 リサイクルといわれていた事業を、
 リユースという産業に進化させた野坂さん。
 新たな消費マーケットとして、我々の価値観をも変えてきた
 リユース産業の進化の軌跡を聞いた。

【主な内容】
 1)「リサイクル」ではなく「リユース」のこだわり
 2)リユースの幅が広がり、ユーズレット誕生
 3)新分野展開の決断と進め方
 4)6ヶ月間赤字の危機で学んだこと
 5)多様化を進めるための仕組化
 6)日本の4割の国民の価値観に変化が?

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20140909
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/190486
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一般家庭にある洋服、電化製品、家具、雑貨などの
様々なアイテムの買取、販売を手掛けているトレジャー・ファクトリー。
社長の野坂さんは「リユース産業」という新たな産業をつくり、
育ててきた担い手の第一人者です。

リユース品の販売というと、昔は何か雑然としたお店の中に
雑多にものが並んでいて、というイメージだったのですが、
そうした常識を完全に覆して、
新品が売っているお店と同じようにきれいで見やすく商品が並べられ、
あたかも新品を買うかのごとくに利用できる仕組みを作られたという点は、
トレジャー・ファクトリーの大発明だと思います。

こうしたビジネスを育てて、上場企業にまでなるということは、
仕入れの管理から販売の管理まできちんとしなければなりません。
新品であれば、「今年はこういうものが売れそうだから、いくら仕入れます」
とメーカーと交渉すればいいわけですが、
リユース品の場合は、そういうわけにはいきません。
販売する商品は個人から買い取らなくてはなりませんが、
何を売ってくれるかはわからないわけです。
そういう中で、まさに今売りたいもの、これから売っていきたいものを、
どうやってお客さんに売りにきていただくか。
いかにしてそうした買取の流れを作っていくか。
ここにトレジャー・ファクトリーならではのノウハウ、強みがあります。

リユース分野の中で、今、
どんどん新しい業態を広げていらっしゃる野坂さんですが、
実は、ここまで順風満帆に来られたわけではなく、
10年前には大変厳しい業績悪化にも直面されていました。
なぜそういう業績悪化に直面したのか、どうやってそれを乗り越えたのか、
そして、今、こうして再び羽ばたくことができているわけですが、
どういうふうにその苦難が今に役立っているのか、そのあたりのお話も伺いました。

リユースという新しい産業をつくり、そして、
この新しい産業が生まれることによって、
人々に新しい価値観を提供するきっかけもつくっていらっしゃる。
まさにフロンティアを切り拓く野坂さんのお話は、
いろいろな意味で勉強になります。


2014/09/09 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

グリッドマーク株式会社
代表取締役 吉田 健治さん

です。

----------------------------------------
2014年9月2日公開

グリッドマーク株式会社
代表取締役 吉田 健治さん

 世界の常識を変える見えないドットコード技術

 大企業の研究者から、CGの可能性に魅せられ大学へと転身。
 技術者を育成した後は、数々の発明と共に起業。
 今、吉田さんが開発したグリッドマークの技術で世界の常識に挑戦。

【主な内容】
 1)目に見えないドットコードを開発
 2)原発設計の研究者からCG人材育成への転身
 3)英語読解力がアップする電子ペンの開発
 4)世界に広がると顕在化するコピー品登場と訴訟
 5)グリッドマークの技術で、世界の教育が変わる
 6)数ある特許の商品化を加速する

  ┌────────────────────────────────
  │□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
  │⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20140902
  │
  │□対談の全編は、FeBeで配信中です
  │⇒ http://www.febe.jp/product/188142
  └────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新しい二次元コード技術、 “GridOnput”(グリッドオンプット)。
この新たな二次元コードは、極小の点(ドット)から構成されていて、
ほとんど目に見えない状態で写真・文字・イラストなどの上に印刷することができる
「見えないドットコード」です。

バーコードやQRコードの技術がさらに進化し、
見えないけれど、かざすと多くの情報を読み取り、つながっていく。
見えない形で様々なところに印刷できることで、
様々なことへの可能性の広がりを感じます。

この技術を発明されたのが、グリッドマークの吉田社長。
吉田さんは、民間企業のエンジニアを経て、大学でCGを教える研究員になられ、
その後、デジタルハリウッドをはじめとする多数のIT企業を設立されているのですが、
ご自身が実際に社長になられたのは、このグリッドマークが初めてといいます。
なぜ、今まで設立した他の会社では自ら社長にならずにいたのに、
このグリッドマークでは社長になられたのか。

また、世界でも革命を起こしそうな技術、
世界でデファクトをとるかもしれない技術となると、
やはり他の国で似たようなものを作って、
グリッドマークを追い落とそうと考えるような企業もでてきます。
そうしたものに、どのように対峙しているのか。
今回の対談では、このあたりについても非常に興味深いお話を伺っています。

グローバルに活躍するということは、こういう苦労もあると覚悟しなければいけない、
そして、このくらいの腹決め、覚悟というのが必要なのだな、ということも、
吉田さんのお話から学ばせていただきました。

自ら世界に影響力のある技術を生み出し、
いかにそれを世界に貢献する事業へと展開していくか。
そのヒントを、吉田さんがいろんな角度から、教えてくださいます。
ぜひ、ご参考にお聴きいただければと思います。


2014/09/02 12:00