LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ジョイフル本田
代表取締役社長 矢ケ崎 健一郎さん

です。

----------------------------------------
2015年1月27日公開

株式会社ジョイフル本田
代表取締役社長 矢ケ崎 健一郎さん

高齢社会に挑む超大型ホームセンター

人口減少という小売にとって向かい風の環境下、超大型ホームセンターへと進化を続ける同社。畑違いの商社から社長に就任された矢ケ崎さんの未来を見据えた進化の戦略とは。

【主な内容】
1)大手商社勤務からホームセンター業社長へ
2)「いい店だから守ってほしい」創業者の言葉
3)高齢社会でのホームセンターの役割と進化
4)DIYショップとネットの意外なシナジー
5)「進化した超大型店の出店」とは

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20150127

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/202533
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

北関東を中心に、大型のホームセンターを15店運営されている株式会社ジョイフル本田。創業40年と歴史も長く、2014年4月に、東証一部に上場されました。

社長の矢ケ崎さんは、ずっとジョイフル本田で働いていたわけではなく、元々は、商社マン。そこから縁あって、ジョイフル本田に移り、3年前に社長に就任されました。

これから人口も減少し、小売業も厳しい時代が続く中で、ホームセンターはやっていけるのだろうかと思っていたのですが、矢ケ崎さんが見つめているのは、社会の変化。

これから社会がどのように変わっていくのか、その中でホームセンターというものは、どういう役割を担っていくのか。そうした観点から、ジョイフル本田は、どう進化していったらいいのか、ということを考えていらっしゃるのです。

たとえば、高齢社会が進み、孤独になる人も増える中で、いかにしてホームセンターを地域のコミュニティにしていくか、地域の家族がみんなで楽しめる場にしていくか、そして、DIYの知恵をみんなで交換できる場にしていくか。
人が集まり、コミュニティとしての存在価値をつくれるのではないかということを考えられています。

また、ホームセンターがライフスタイルを提案することによって、各家庭で、自分たちで家をリフォームしたり、インテリアを工夫したりして、その家に人が遊びに来てくれるような場をつくり、コミュニティをさらに促進するような役割をすることもできる。
そうしたお話もしてくださいました。

ホームセンターはこれから頭打ちなのではないかと思っていたのですが、ホームセンターが、この高齢社会、人口減社会において、新たな役割を担い、そして、新たな価値を生み出していくのだなということを、とても感動しながらお話を伺いました。

ぜひ、矢ケ崎さんの未来を見つめる視点、発想力を、これからの時代の変化をとらえるための参考にしていただければと思います。

2015/01/27 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ホットマン
代表取締役 伊藤信幸さん

です。

----------------------------------------
2015年1月20日公開

株式会社ホットマン
代表取締役 伊藤信幸さん

地域と一緒に壮大な家族経営

車の営業マンからメガフランチャイジーへと事業を拡大した伊藤さん。
その経営の真髄は、人を大切にすること。
人の幸せは自分の幸せ、人さえいればなんでもできる。伊藤流経営哲学。

【主な内容】
1)車のセールスマンからメガフランチャイジーへ
2)幹部の多くは会社を一度辞めた再入社組
3)基本は複合店。異なるブランドでも人は同じ
4)地域を巻き込んだ壮大な家族経営
5)伊藤流、リーダーの条件

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20150120

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/202106
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社ホットマンは、仙台市に本社があり、イエローハット、TSUTAYA、アップガレージ、ガリバー、ザ・ダイソー、ニコニコレンタカー、スペースクリエイト自遊空間、SEGAワールドなど、有名なナショナルチェーンの店舗をフランチャイズで運営している「メガフランチャイジー企業」です。

社名の「ホットマン」の由来は、「燃える男」。そして、「ホットな人」、「優しい人」という意味も込められているそうですが、社長の伊藤さんご自身が、とても元気であたたかく、まさにホットマンという感じの方です。

伊藤さんは元々、車のトップセールスマンだったのですが、脱サラして、ホットマンを起業されるまでの物語も、とても勇気をいただける行動力に溢れるお話ですが、その後、現在のようなメガフランチャイジー企業へと進化するまでのお話もまた、伊藤さんのお人柄とバイタリティを感じさせていただけます。そんな伊藤さんのお話を伺う中で、何よりも素晴らしいと思ったのは、人をすごく大切にして経営されているということ。
「人さえいれば何でもできる」「社員は家族だ」とおっしゃる伊藤さんは、すべての社員の可能性を心から信じていらっしゃるのだと思います。

また、「心の研修が大事だ」というお話もしてくださいましたが、
心の研修とは何なのか?
どんなことを社員に伝えていらっしゃるのか?
ご自身は社員の方にどんなふうに接していらっしゃるのか?
そのあたりも伺っています。

そして、伊藤さんの後を継いでいくリーダーたちが育っていかなくてはいけませんが、リーダーの素養、素質をどのように見出し、どう育てていらっしゃるのか。これからリーダーとはいかなる人がなるべきなのか、そんな伊藤さんのお話も参考になるのではないかと思います。

いくつもの異なるブランドを見事に束ね、社員みんなが活躍し、そして、社員だけでなく地域の人たちも含めて家族のようになっていく。様々な相乗効果を生み出しながら、メガフランチャイジーとして成長を続ける伊藤さんのお話から、人の上に立つというのはどういうことかということを、あらためて教えていただきました。

2015/01/20 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社アドバネクス
代表取締役社長 柴野恒雄さん

です。

----------------------------------------
2015年1月13日公開

株式会社アドバネクス
代表取締役社長 柴野恒雄さん

世界トップシェアを守り続ける

精密ばねで世界トップシェアを誇る同社。
下請けからの脱却を達成し、高いシェアを維持し続ける背景にある
ものづくりの心と文化。さらに世界へ生産拠点を拡大。その手法とは。

【主な内容】
1)世界トップシェアを支える商品開発の「心」
2)下請けからの脱却を実現、その道のり
3)失敗イコール成功。どんどん失敗しろ!
4)創業家外からの社長就任、守るもの捨てるもの
5)ばねの生産技術がないところへ進出
6)販売経路にオンラインを加えた理由

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20150113

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/200283
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アドバネクスは、業界トップクラスのばねの製作会社。

非常に印象的なのは、「美しい作品の追及」という言葉を掲げていらっしゃること。
柴野社長は、「ばねを製品とは呼ばないんです。作品なんです。そして、作品は美しくなくてはいけない。心をこめてつくらなくてはいけない。」とおっしゃいます。

心を込めて作品をつくるということは一体どういうことなのか。そういうふうにものづくりに取り組んだ時に、どのように新しいものが生まれてくるのか、どんなふうにお客様を見つめることができるのか。まさに「作品づくり」というものに携わる時の心構え、そして、その結果生まれてくるものについて、柴野社長に伺っています。

また、アドバネクスは、これまで創業家の方が社長をされていたのですが、創業家ではない柴野さんが、その後を継がれて社長になっていらっしゃる。創業家以外で社長になられるご苦労や、想いとはどんなものか。新たな時代を築くための準備をするという役割なのかもしれませんが、一体それは何なのか。その中で、心を強く経営をするというのは、どういうことなのか。

そして、これから海外展開もさらに進めていかれるのですが、心を込めた美しい作品をつくるというものづくりの精神を海外でどのように実現していかれるのか。
そうしたことを、対談の中でお伺いしました。

まさに21世紀。一段違うものづくりで、世界に出ていく。
そのヒントをたくさんいただけるお話だと思います。


2015/01/13 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ドリコム
代表取締役社長 内藤 裕紀さん

です。

----------------------------------------
2015年1月6日公開

株式会社ドリコム
代表取締役社長 内藤 裕紀さん

新事業を発明し続ける方法

日本初のブログサービスを立ち上げた同社。
次に取り組んだのはmixi初のソーシャルゲーム。
次々に日本初の新事業を生み出す秘訣とは。経営と発想のヒントが満載。

【主な内容】
1)上場直後の会社存続の危機と大きな学び
2)ブログ事業からmixi初のソーシャルゲームへ
3)初期投資2億円のゲームを成功に導くチーム
4)ゲーム作りは、モノづくりと同じ?
5)成功に導くための自由と規律
6)新卒入社でいきなり起業できる制度を実施
7)新しい体験を生み出すことが、新事業を生む
8)モノづくりに不可欠な「悩み」

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20150106

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/200115
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社ドリコムの内藤社長は、今回が2回目の社長Talkご出演です。
前回は、2007年11月にご出演いただいたのですが、
実はその時は、とても会社の業績が厳しく、
これから新たに生まれ変わらなければという辛い状況の最中だったそうです。

前回いらした際にはそういう話はしなかったのですが、
あれから7年経って、あらためて、あの頃実際どうだったのか、
どうやって厳しい局面を乗り越えてきたのか、
というお話も伺っています。

ITを使って事業をされている会社の特徴でもありますが、
常に新しいコンテンツや事業、ビジネスモデルを
繰り返し生み出すことをできているところが、
生き残り、そして、活躍しています。

ドリコムも、元々はブログサービスから始まったのですが、
そこからソーシャルゲームへと、ビジネスを変化させ、進化しています。

どんどん進化して、お客様に受け入れていただけるような
コンテンツ、ビジネスをつくっていくにはどうすればいいのか。
そうした新しいことを生み出せる人をどうやって育てるのか。
そして、どのようなチームを組めば、
新しいだけではなくて、人に楽しんでもらえ、評価され、
もっと使おうと思ってもらえるものを生み出せるのか。

そのための内藤さんの様々な工夫、
実際に会社の中でやっていらっしゃるチーム作り、
責任の所在の置き方なども事細かに伺っています。

新たなものを生み出したい、
イノベーティブな会社をつくりたいという方には、
ヒントがたくさんの対談だと思います。


2015/01/06 12:00