LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社スマートバリュー
代表取締役社長 渋谷 順さん

です。

----------------------------------------
2015年9月29日公開

株式会社スマートバリュー
代表取締役社長 渋谷 順さん

時代と共に、変化と成長を続けるクラウドサービス

「社会の公器として永続する事業体に」という哲学で、
自動車整備の町工場から最先端のクラウドサービスへと変化し成長した同社。
その軌跡と第三の創業とは。

【主な内容】
1)町工場から最先端クラウドビジネスへの転機
2)すべての原点は、会社を永続させること
3)地域のために生まれた、「オリジナル」のサービス
4)永続のため上場、一人一人が輝く組織へ
5)「社会の公器として」第三創業期の始まり

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20150929

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/223047
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自治体向けの地域情報配信などのクラウドソリューション事業、モバイル事業を行っている、株式会社スマートバリュー。1928年に事業を開始、1947年6月、株式会社堺電機製作所として、法人設立されました。その後、三代目である渋谷さんが会社を引き継ぎ、「社会課題をクラウドサービスで解決する企業」として事業転換。2015年6月に上場を果たされました。

世の中には、様々な中小企業、零細企業があり、10年、30年、50年と時間が経過するなかで、その時代に応じ、創業当初から行っている事業を変えざるを得ないということは、誰もが感じていることですが、なかなか難しいことです。渋谷さんは、時代に合わせ、事業を変えていくということを体現されてきました。

元々、車内の整備を行っていたお父様の後を継がれた渋谷さん。その整備の仕事から、次へ繋がるヒントがあるということを、見事にキャッチされ、現在は最先端のクラウドサービスへと、変容されてきました。

「うちの仕事は古い仕事だから、もう時代に合わない」「廃業するしかない」という方も多く居らっしゃいますが、そうではなく、その今の仕事の中に、必ず次に繋がるヒントがあるのですね。

事業は大きく変化しましたが、おじいさまの創業期からの社是である「社会の公器として永続する事業体になる」という、この哲学をとても大切にされている、渋谷さん。時代が変わっても、会社の仕事の中に、社会の為になること、社会の公器であり続けることに繋がっていく何かがあるということを、「うちは時代遅れ」だと悩んでいらっしゃる方に、ぜひ、渋谷さんのお話を、聴いていただければと思います。

2015/09/29 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ビーロット
代表取締役社長 宮内 誠さん

です。

----------------------------------------
2015年9月15日公開

株式会社ビーロット
代表取締役社長 宮内 誠さん

少数精鋭で人に誠実、不動産業界の未来の姿

不動産取引のあり方に疑問を感じて、リーマンショック直後、
向かい風の中、信頼を第一に起業し、次は世界へ。
不動産業界の未来を牽引する注目企業。

【主な内容】
1)成功体験を重ねた先に生まれた、挑戦への想い
2)リーマンショック直後、向かい風の中「仲間」で起業
3)人間同士の信頼関係が第一の不動産ビジネス
4)増えてくる海外からの資金の流れを視野に
5)純利益だけでなく、社会からの期待にどう応えるか
6)「ビーロット」独自の哲学を世界へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20150915

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/222314
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

不動産投資開発業をはじめ、不動産・金融のアドバイザリーをメインとした総合不動産コンサルティング事業を行っている、株式会社ビーロット。銀行勤務時代、不動産ファンドに携わった宮内さんが、リーマンショックの直後、2008年10月10日に設立しました。

リーマンショック直後で、起業して上場した不動産関係の会社は、おそらくビーロットが初めてだと思います。それまでの不動産業界、金融業界の様々取引の仕方、マネジメントの仕方に対し、課題を感じた宮内さんのお話から、関わる人すべての信頼関係と誠実であることの大切さを学びました。

不動産投資やファンド、コンサルティングをやっていらっしゃると伺うと、どうしても、「儲かる」という言葉を聴きたくなるビジネスですが、数字の利益だけでなく、社会に対する利益をとても大切にされているビーロットの経営哲学、詳しく伺っています。

宮内さんの想いを貫き通し、成果を上げ、どのように上場まで至られたのか。そして、そのスタイルを守りながら、いかに今後も成長していかれるのか、そんなお話も伺っています。不動産の世界に大きな影響を与えていくこのビーロットのお話、ぜひ聴いていただければと思います。

2015/09/15 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ディー・サイン
代表取締役社長 佐藤 浩也さん

です。

----------------------------------------
2015年9月8日公開

株式会社ディー・サイン
代表取締役社長 佐藤 浩也さん

経営者の想いを空間にデザインする、未来型ビジネス

経営者の想いを形にする、オフィス・空間づくりのプロ集団。
4度の転職を経て、すべての経歴を今の事業に集約した佐藤さんの
生き方、働き方、未来への新たなチャレンジとは。

【主な内容】
1)オフィスづくりのプロジェクトマネジメントを担う
2)建築学科から、覚悟を決めて選んだリクルートへの道
3)新しいチャレンジが、エネルギーの源泉に
4)「プロジェクトマネジメント」の可能性を確かめる
5)オフィスづくり+α、経営者の想いを形に
6)企業のパートナーとして、最大限のパフォーマンスを
7)「ディー・サインDNA」を未来へつなぐ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20150908

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/222073
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

企業の経営における目標達成や課題解決のための、オフィス・空間づくりをはじめとするプロジェクトディレクションを行っている株式会社ディー・サイン。様々な経歴をお持ちの佐藤さんが、2004年12月に設立しました。

4つの会社を転職され、起業し、現在、5つ目の会社となるディー・サインを経営されている佐藤さん。大学時代は建築学を学んだ佐藤さんが、なぜ、リクルートに新卒入社されたのか、その後の転職の経緯、ユニークなキャリア展開を、詳しく伺っています。一見無関係なそれぞれの経歴が、実はすべて繋がっていて、それぞれの異なる経験が、ご自身で起業、経営されているところに集約されています。

1つの会社を勤め上げるということが少なくなっているこの時代、転職をする時、どのような気持ちで転職をし、ひとつひとつの職場で何を得て次に繋げていくか、いつか将来、起業の道がやってくるかもしれないということを心におきながら、目の前の仕事に取り組んでいく大切さ、佐藤さんのお話から学びました。

なにより、このディー・サインという会社が担うビジネスは、今の時代、とても必要なビジネスであり、今後益々広がっていく可能性を感じました。色々な生き方、働き方、そしてビジネス、様々なヒントをいただける佐藤さんのお話、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。

2015/09/08 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ファンデリー
代表取締役 阿部 公祐さん

です。

----------------------------------------
2015年9月1日公開

株式会社ファンデリー
代表取締役 阿部 公祐さん

「一食二医」、健康食の宅配で社会貢献

社会貢献の想いが阿部さんを起業へと駆り立てた。
医療機関と提携した、健康食通販カタログ「ミールタイム」で、
人々の健康をサポート。新たな宅配の世界を切り開く。

【主な内容】
1)医療機関と連携した、健康食の宅配事業
2)子供の頃の夢は、国会議員
3)社会貢献への想いから起業へ
4)紆余曲折4年、「ミールタイム」第1号発行
5)利用者15万人以上、一気に全国区へ
6)社員をひとつにする理念「一食二医」
7)健康に関わるあらゆる情報をデリバリーする未来へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20150901

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/220383
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

健康食の通販カタログ「ミールタイム」を軸としたメディカルフードデリバリー事業、
企業向けマーケティング支援サービスを行っている株式会社ファンデリー。「楽しいデリバリー」という意味を社名に込め、社長である阿部さんが、2000年9月に設立しました。

起業される前から「社会貢献」への強い想いをお持ちの阿部さん。会社を立ち上げられた時のご苦労、紆余曲折、様々な試行錯誤を繰り返していかれながら、どのように今のビジネスモデルへと到達されたか、詳しく伺っています。

より多くの人へより良い影響を与えるにはどのようにすれば良いのか、医療機関をはじめとする様々な場所との連携など、阿部さんのお話、とても勉強になりました。社員一人一人を大切にされる阿部さんの想い、風通しの良い社風のヒントなども伺っています。

「起業したい」「社会貢献したい」と思っていらっしゃる方、今とても増えていると思います。ぜひ、この阿部さんのお話を通じて、どのように「社会貢献」という想いを大切にしながらビジネスをつくりあげていくのか、たくさんのヒントを掴んでいただければと思います。

2015/09/01 12:00