LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社セレス
代表取締役社長 都木 聡さん

です。

----------------------------------------
2016年1月26日公開

株式会社セレス
代表取締役社長 都木 聡さん

ネットとリアルを繋ぐ「価値」を、「ポイント」で

銀行口座への振り込みや、電子マネーに交換可能なポイントサイト「モッピー」を運営。
進化する仮想通貨の世界、都木さんが構想する新たなサービス、未来への戦略を聴いた。

【主な内容】
1)買物からカード発行まで、情報の窓口「モッピー」
2)「貯まりやすい」「使いやすい」の秘密
3)日本初Suicaとリアルタイムに繋がるサービス
4)起業を目指し、証券会社、ベンチャー企業で下積み
5)O2Oでさらに進化する、仮想通貨の世界
6)ユーザの利便性を一番に、もっと使いやすいポイントへ
7)広がる可能性を取捨選択し、新たなサービスへ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160126

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/233300
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

買い物などの行動に応じ、登録会員にポイントを付与し、電子マネーなどに交換できるポイントサイト「モッピー」の運営の他、「モバトク」「お財布.com」などのポイントメディア事業を行う株式会社セレス。ローマ神話の「五穀豊穣の女神」に由来する、このセレスという社名に、社会に新たな価値を提供し、豊かな世界の実現に貢献するという想いを込めた都木さんが、2005年1月に設立しました。

普段、無意識のうちに貯まっているポイントですが、ポイントにより消費を増やしたり、ユーザーの利便性を高めたりと、ポイントの有用性を考えると、ポイントを付与し、管理することがビジネスになるのですね。

セレスは、「モッピー」という独自のポイントを発行していますが、これはある意味、仮想通貨とも言え、ともすれば、ちょっとした、遊びに近いお金、多少無くなっても、使わなくても大丈夫だと思うこともあるかもしれません。しかし、普段私たちは、信用のある、日本の「円」を、安心して使うことができますが、例えば、フィリピンでは8割の人が銀行口座を持たない、また、世界で、銀行が無い地域に住んでいる人が、25億人もいる、そういう世界であると、このような仮想通貨が、お金の代わりをしているのだという、お話も伺いました。

「リアルの世界とネットの世界を繋ぐもの、束ねるものがポイント」なのだと仰っていた都木さん。このセレスが発行するポイントをオンラインの世界とオフラインの世界の両方で使い、貯めることが出来る、このサービスは、私たちが今想像している世界を超える世界を作っていくかもしれません。そんな都木さんの話を聞いていると、わくわくする妄想がたくさん湧いてきました。ぜひ皆さんも、今後、この仮想通貨、お金の世界ってどの様に変化を遂げるのか、消費の世界はどの様になるか、ということも考えていただき、たくさんのヒントを得ていただければ嬉しく思います。

2016/01/26 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

阿波製紙株式会社
代表取締役社長 三木 康弘さん

です。

----------------------------------------
2016年1月19日公開

阿波製紙株式会社
代表取締役社長 三木 康弘さん

「紙」の可能性を追求して100年、徳島から世界へ

「紙」の技術を継承しながら、特殊紙・機能材料を製造。
創業100年、様々な苦境を支えた経営理念と事業承継。
次なる100年を担う三木さんに、過去と未来を聞いた。

【主な内容】
1)創業100年。始まりは機械漉きの製紙
2)転機は、自動車エンジン用の紙?
3)多様な用途と多様な原料で、多様な機能紙へ
4)「徳島を創生する」その想いから生まれた創業の精神
5)銀行員時代に痛感した「道徳経済合一」の大切さ
6)100年続く老舗の社長へ、タイで「創業」の追体験
7)ぶれずに経営理念を実践、危機的状況も社員と共に
8)原点の「紙」を大切に、もっと「紙らしくない」会社へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160119

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/233241
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

阿波和紙の伝統を継承し、「紙」の可能性を追求しながら特殊紙・機能材料の製造及び販売を行う阿波製紙株式会社は、藍商人を中心とした徳島の経済人の支援を受け、1916年2月、徳島県内初の機械すき和紙メーカーとして設立しました。銀行員として働いていた三木さんが、1992年10月、29歳という若さで、社長に就任しました。

今年、創業100周年を迎え、次の100年、どのように進化させていくか、永続するための土台をつくる、そんな役割を、担われている三木さん。この20世紀から21世紀、グローバル化やIT革命、経済危機など、様々なことがある中、製造業そのもの、紙そのもの、ビジネスの仕方そのものも、進化していかなければならない、色々なことが新たに変わるタイミングであり、ご苦労が絶えなかったそうです。

「100年前、先代、先々代は、一体何をしていたのか。戦争もあり、資産の没収など、様々な苦境の中で、どのようにそれを乗り切り、事業を拡大してきたか。そのような社歴を振り返ると、大変な状況でも、まだ自分にはやらなければならないことがたくさんある。」と仰っています。

100年の歴史ある企業がどの様に進化してこられたのか。そして、その担い手として、三木さんがどの様なことを考え、社長業をやっていらっしゃるのか。社長として自信を持ち歩んでこられるまでに、どの様な経験をなさったのか、など、色々なことを伺いました。日本が誇るべき長寿企業の魅力を、ぜひ皆さんに感じていただければと思います。

2016/01/19 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社白鳩
代表取締役 池上 勝さん

です。

----------------------------------------
2016年1月12日公開

株式会社白鳩
代表取締役 池上 勝さん

ネットショップで創造する「感動」のインナーライフ

「わくわく」や「ドキドキ」を届ける、インナーウェアのネット販売。
職域訪問販売から苦労の末に行き着いたネット販売を支えたのは、商人魂。その未来とは。

【主な内容】
1)職域販売、カタログ販売を経て、ネット販売へ
2)ネット販売でも商人魂「まずはお客様を信用する」
3)失敗を繰り返し学ぶ:人、社員を大切にする白鳩に
4)お客様第一に、社内の合言葉「楽しく仕事をしよう」
5)東アジアへも、白鳩の「わくわく」「ドキドキ」を
6)常に冒険・挑戦し続け、全世界へ「感動」を

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160112

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/233162
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本最大級のインナーアイテム数を誇る「京都発インナーショップ白鳩」を中心に、ECサイトを運営する株式会社白鳩は、社長である池上さんが、1974年8月、ストッキングの職域販売からスタートした会社です。

現在、ネット販売で大成功されている池上さんの原点は「商人」であり、その魂と精神です。ネット販売へたどり着くまでは、様々なご苦労をされ、失敗や辛い経験もされてきた池上さん。しかし、その経験から深く学び、それを基に成長をされてき池上さんのお話を通じて、試行錯誤を重ね、ビジネスの成長していく姿、そして、人間として成長していく姿がどのようなものかを学ばせていただきました。

池上さんのように、一生懸命生きていると、こんなに「わくわく」「ドキドキ」しながら、明るく楽しく仕事に取り組んでいけるのだということが伝わってきます。

最初から最後まで、とても楽しいお話で、池上さんの生き方、働き方、そして、ビジネスのあり方、ありとあらゆる学びが満載だった今回のトーク、ぜひ皆さん参考に聴いていただき、元気になっていただけたら嬉しく思います。

2016/01/12 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

日本ビューホテル株式会社
代表取締役社長 石井 一男さん

です。

----------------------------------------
2016年1月5日公開

日本ビューホテル株式会社
代表取締役社長 石井 一男さん

企業再生を経て、更なるおもてなしのホテル経営へ

旅館時代から続く親しみのある「おもてなし」 で、地域に密着したホテルを。
民事再生法申請から再建、新たな成長を担う石井さんの人づくり、未来の戦略を聴いた。

【主な内容】
1)那須の旅館から、眺望を求め全国18のホテル展開
2)265億円の債務を返し続けた10年間の底
3)再生期間を終え、満を持して新たな設備投資へ
4)創業来研磨を続けた、答えのない「おもてなし」の世界
5)成長を担う役割として、社員が輝き挑戦する場をさらに
6)接客のプロが実践する、コミュニケーションの秘訣

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160105

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/233125
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1953年に那須温泉で旅館からスタートし、シティホテル、リゾートホテル、エアポートホテルなどを展開し、様々な変化を遂げながら、2015年7月に東証一部へ上場した日本ビューホテル株式会社。1971年の成長期に入社された石井さん。民事再生法申請後の苦しい時期も乗り越え、2013年7月、同社の新たな成長を担う社長に就任されました。

日本ビューホテルといえば、浅草のランドマークのひとつである「浅草ビューホテル」を経営しているといえば、ピンとくる方も多いと思います。同社も、他のホテル同様、景気の波の中で困難を乗り越えて、今のオリンピック景気を迎えています。

現社長の石井さんの入社当初は、順調な成長期だったそうですが、2000年には、会社の再生をしなくてはならないという、業績の苦しい時期を経験されました。その後10年間、一切の新規投資ができないという、まさに我慢の10年を歩いてこられました。その間、様々な制約の中での会社の経営は、物心共にご苦労が多かった様子。

そして、我慢の10年を2012年に終え、新たな歩みを始めた日本ビューホテル。社長として着任された石井さんが描く未来への戦略もお伺いしています。設備の話だけではなく、人を第一に考えるホテルならではの、人に対する考え方、日々大切にしていらっしゃる教育など、様々なお話を聴いています。

そして、最後には、ホテル接客のプロである石井さんに、あらゆる人、どの様な人とでも良い関係、良いコミュニケーションがとれるようになるには、どうしたらいいかという質問もさせていただきました。プロのアドバイス、ぜひ皆さんに聴いていただき、参考にしていただければ嬉しいです。

2016/01/05 12:00