LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ラクス
代表取締役 中村 崇則さん

です。

----------------------------------------
2016年2月23日公開

株式会社ラクス
代表取締役 中村 崇則さん

ありそうでなかった、中小企業向けクラウドサービス

楽に導入できて楽に使える、企業が「楽する」クラウドサービスを開発・提供。
素直でしなやかな経営哲学を持つ中村さんの描く、時代に合わせた成長戦略とは。

【主な内容】
1)企業が「楽する」サービスをクラウドで
2)思い立ったら即行動:時代に合わせ変容し続ける
3)M&Aも視野に、より早い成長・スケールアップを
4)14期連続黒字の秘訣は、素直でしなやかな企業風土
5)ベトナムに持つ開発拠点:いずれは海外市場も視野に
6)未来への戦略:4000億円のクラウドサービスへ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160223

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/233520
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール共有・管理システムの「Mail Dealer(メールディーラー)」や、中小企業で必要なシステムをワンストップで提供できる様々なクラウドサービスを開発、提供を行う株式会社ラクス。NTTという大企業で働きながら、早くから仲間と起業を経験された中村さんが、2000年11月に設立しました。

トークを終え、一貫して感じた中村さんの印象は、しなやかで、良い意味でこだわりがないということ。もちろん、会社として目指すもの、譲らないものはしっかりお持ちですが、その中心にある大切なものを実現するため、世の中の動きを読み、一つの方法に執着せず、柔軟に、しなやかに、経営をされています。

「10年後には、会社の規模を100倍にする」と仰る中村さん。あまりにしなやかで、こだわりがないように見える中村さんですが、収録後、何か悩みや辛いことはないか、伺うと、「100倍の規模を目指す中で、思うように業績が伸びないと思う瞬間は辛い。でも、そんな辛い状況でも、様々なことを考え、試行錯誤を繰り返している」とお話されていました。

しなやかに、様々な挑戦ができるのは、きちんと数字をご覧になり「現在の会社の規模がこれだけあれば、これだけ試すことに使っても大丈夫だ」というのを、常に計算され、会社が危機に陥らないよう、細心の注意をはらって経営している、そんな背景があるからだと感じました。

経営者としては当たり前のことかもしれませんが、ベンチャーから大きくなっていく企業には、社長の素直さ、柔軟性、そして、「とりあえずやってみる」という場面に根拠になる数字の把握力が大切だということ、中村さんのお話を聴きながら、あらためて感じました。詳しいビジネスのお話や、中村さんの経営哲学も、本編で伺っていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

2016/02/23 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社MCJ
代表取締役社長兼会長 髙島 勇二さん

です。

----------------------------------------
2016年2月16日公開

株式会社MCJ
代表取締役社長兼会長 髙島 勇二さん

お客様のニーズを叶える、日本品質のPCメーカー

国産にこだわった豊富な用途別PCを受注販売。
川上・川中・川下の一貫した機能を強みとする同社のビジネスモデル、
成熟市場で拡大するための戦略を聴いた。

【主な内容】
1)ガレージで始めたPCづくりが、年商一千億円へ
2)最先端・高性能の国産で、手厚いアフターサービスも
3)現役で「走る」会長は、経験豊富な仲間の調整役
4)種類豊富な用途別PC製造と販売網で大手と差別化
5)「PC・JAPAN」構想:仲間を増やすためのM&A
6)川上から川下まで多角化で、PCニーズを把握

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160216

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/233495
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国産で高品質、かつリーズナブルなパソコンの製造・販売を主軸に、周辺機器、通信、メディア事業と事業領域を広げ総合IT企業グループへと成長を遂げる株式会社MCJ。実家の経営する洋服販売店のガレージで、19歳で受注生産型のパソコン製造・販売を開始した髙島さんが、1998年8月に設立しました。

MCJのようなパソコンメーカーが日本にあるのだと知り、本当に驚きました。日本製のパソコン、日本のものづくりにこだわり、19歳からこの会社を始められた髙島さんの、そのこだわりが見事に同社のビジネスモデルをつくりあげてきているのだと感じました。それは、戦略を練ってつくられたモデルというより、「メーカー」としてお客様に喜ばれるパソコンをつくるということに、一貫してこだわってきた結果であるのだと思います。

「色々なパートナー様と知恵や情報を出し合いながら製品を出す」ことを大切にしていらっしゃる髙島さん。時には、パートナーとなる会社を買収、子会社化しグループとして仲間を増やし、新しい市場を拡大しています。

変化する情報を、お客様から、部品メーカーの双方から、いち早く入手し、パソコンやスマートフォンなどの形にしていくことを実現されているこのMCJ。昨今バズワードにもなっている「インダストリー4.0」を、そのまま実態として実現されている会社であると思います。絶対的な、要注目企業です。ぜひ、髙島さんのお話、お聴きください。

2016/02/16 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社バルニバービ
代表取締役社長 佐藤 裕久さん

です。

----------------------------------------
2016年2月9日公開

株式会社バルニバービ
代表取締役社長 佐藤 裕久さん

働く幸せ、食べる幸せ、様々な幸せを作る

地域性やスタッフの特徴を活かした店造りで、
それぞれに異なるコンセプトの飲食店を運営。
揺るぎない経営哲学、思想を持つ佐藤さんの描く、飲食業の未来の姿とは。

【主な内容】
1)店舗それぞれが屋号、仲間と自分の想いを表現する場
2)最小限のルールと各々の強みを活かす最大限の自由度
3)ピラミッドではなく、球体のような組織
4)幼少期からの原点:人を笑顔にしたいという想い
5)収益構造変化にもつながる「バッドロケーション」
6)「アスリート食堂で、体をリセットしませんか」
7)社会に問いかけるための上場

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160209

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/233480
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関東・関西を中心に、各店舗それぞれに異なるコンセプトを持つ飲食店の企画・運営を行う株式会社バルニバービ。京都のお菓子屋に生まれた佐藤さんが、幼少期からの「人を笑顔にしたい」という想いを大切にしながら、2015年10月に設立しました。

「とにかく、人は幸せでなければならない」という、その揺るぎない哲学、思想をお伺いし、とても感動しました。「自分自身が幸せだと思わないことは、やらないと決めた。」と仰る佐藤さん。佐藤さん自身だけではなく、「社員の皆もそうでなければ幸せではない。ここに尽きる。」と仰っていました。

本編の中では、お伺いしていませんが、このバルニバービを立ち上げるまで、様々なご苦労をされていたそうです。大学を中退し、アパレル会社を立ち上げながらも、経営難に陥り、手放すことになってしまった佐藤さん。その後、別のお店をオープンさせ、それも結局上手くいかず、たくさんのご苦労をなさったその後、食のビジネスへの道を歩まれてきました。

対談の最後に、なぜ上場したのか、と質問すると、「(ご自身の経営哲学を)世の中に問いたい」と仰った佐藤さん。様々なことを経験し、学び、教訓にされてきた佐藤さんが「とにかく、人は幸せでなければならない」という、その強い想いで業績を伸ばし、上場企業へ、そしてさらに、未来をつくっていかれるそのお姿、ぜひ、対談を聴いていただき、これからの働き方や、リーダーのあり方など、様々なヒントを見つけていただけたら嬉しくと思います。

2016/02/09 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社テラスカイ
代表取締役社長 佐藤 秀哉さん

です。

----------------------------------------
2016年2月2日公開

株式会社テラスカイ
代表取締役社長 佐藤 秀哉さん

クラウド化支援における、トップランナー

クラウドプラットフォームなど、
最先端のテクノロジーを活用したITソリューションを提供。
クラウド世界のトップランナーとして、佐藤さんが見る業界の景色、新たな未来を聴いた。

【主な内容】
1)所有から利用へ、コスト・スピード重視のクラウド
2)セールスフォースに参画、クラウドの啓蒙活動へ
3)クラウドサービスをお客様のためにカスタマイズ
4)クラウド普及期とIT好景気の同時到来
5)常に先頭を走り見る景色、新たな未来とは
6)日々進化するIT業界、佐藤さんの考える引き際とは

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160202

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/233339
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SalesforceやAWSなどのクラウドプラットフォームを用いたITシステムの導入支援事業、クラウドとデータ連携を主軸とした、最先端のテクノロジーを活用したITソリューションの提供や自社クラウドサービスの開発などを行う株式会社テラスカイ。IBMやSalesforceというITの世界を歩んできた佐藤さんが、2006年3月に設立しました。

日本で一番早く、クラウドサービスというものに関わってきた佐藤さん。このテラスカイも、クラウドサービスの中では、まさにトップランナー。そのトップを走る佐藤さんに、今、この業界はどのように見えているのか伺いました。

これからはまさにITの世界。私たちの生活やビジネス、社会において欠かせないIT、このインフラがどの様に変化していくのか、そのITを支え、活躍するプレイヤーがどの様に変化していくのか、多くのヒントをいただきました。

株式投資をしている方、これからエンジニアとして活躍しようとしている方、また、これからIT関係の事業で会社に就職しようと思っている方、様々な方にとって、未来に繋がるお話を、たくさん聴くことができた対談となりました。

2016/02/02 12:00