LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社
代表取締役社長 田島 秀二さん

です。

----------------------------------------
2016年8月30日公開

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社
代表取締役社長 田島 秀二さん

「一家に一台、DNA解析機械」の未来をつくる

遺伝子解析・診断のシステムメーカー。
短時間で誰にでも出来るDNA解析の機械を製品化し、医療現場へ。
世界進出を視野に入れたヨーロッパ展開、未来への挑戦を聴いた。

【主な内容】

1)DNA解析装置開発で、解析スピードアップ
2)理化学業界で営業、多様な要求に応えるため起業を決意
3)病気の確定診断ができるDNA解析する時代へ
4)新たな挑戦:コストを抑え、誰にでもできるDNA解析
5)ヨーロッパでも販売、アメリカや日本展開も視野に
6)一家に一台、DNA解析機械がある未来もそう遠くない

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160830

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/234877
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バイオ診断システムメーカーとして、遺伝子・タンパク質関連業界における研究施設の自動化や、臨床診断分野向けの各種自動化機器の開発・製造販売、また、それらの機器に使用される研究用試薬や診断薬、プラスチック消耗品の製造販売などを行う、プレシジョン・システム・サイエンス株式会社。理化学業界の商社に勤めていた田島さんが、1985年7月に設立しました。

DNAの解析、分析や拡散、RNAというと、難しいようなイメージがありますが、一人一人のDNAを、機械を使い分析し、遺伝子レベルで病気であるか、そうではないのか、体質はどうであるかという、従来時間がかかっていたことを、短時間で誰にでも簡単に出来るような機械をつくり販売を始められた同社。

既に、30年近い社歴をお持ちで、今までにはない色々な抽出機械をつくってこられ、いよいよ新たな分野へ歩みを進め始められています。ただ、遺伝子を抽出するだけでなく、分析もできる。しかも、その分析が特別な技術が無くても、誰にでも出来る、小さな診療所などでも購入できるようなもので、短時間でできるという、とても画期的な機械です。

日本は、どの分野でも、大きな機械を小さくするというのが歴史的に得意ですが、それを遺伝子の診断などができる機械にも、実際に挑戦され、製品化され、昨年から売り出しているプレシジョン・システム・サイエンス。

お話の中でも、そういう機械は、これから究極どの様になっていき、私たちの生活がどう変わっていくのか、というお話も伺い、本当に面白いと感じましたし、一家に一台、遺伝子解析という時代も来るかもしれないと、妄想が広がりました。

同社の未来は、様々なことを実現する、可能性に満ち溢れるお仕事であるという気がしました。ぜひ、皆さんもお話を聴いていただき、 この機械が世に生まれてくることにより何が起きるか、妄想を巡らせていただいたら、ビジネスチャンスがたくさん見えてくるのではないかと、そんな風に思います。

2016/08/30 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ノジマ
代表執行役 社長 野島 廣司さん

です。

----------------------------------------
2016年8月23日公開

株式会社ノジマ
代表執行役 社長 野島 廣司さん

社会、お客様の未来を創る、デジタル家電販売

IT・デジタル専門店として量より質にこだわった商品やサービスを提供。
大企業でありながら家族経営を貫き、
従業員が伸び伸びと成長し続ける同社の経営哲学、未来への挑戦を聴いた。

【主な内容】

1)量より質にこだわる「ノジマ」誕生秘話
2)赤字の家業を黒字に変えたオーディオショップ
3)社長から退いた1年間に見出した「デジタル一番星」
4)3000人でも家族経営:従業員が幸せと感じる企業
5)失敗を受入れる組織文化:社員も驚いた新たな挑戦
6)IoT時代を見据え、消費者一人ひとりの未来をつくる
7)現場が企画・反省する仕組みで、社員が成長する
8)数字でマネジメントするのは小学生のマネジメント

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160823

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/234827
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IT・デジタル専門店として質の高い商品やサービスを提供・普及し、社会文化、生活の向上と日本の発展に貢献することを理念とする株式会社ノジマ。現在の社長である野島さんのお父様、お母様が1962年4月に創業し、1994年12月、東証1部へ上場を果たされました。

「ノジマ電気」と言えば、ご存知の方も多いと思います。私も色々と購入させていただいた経験がありますが、この様に素晴らしい会社であったということ、今回初めて野島さんとお会いし、驚きました。野島さんご自身は「いや、うち変な会社なんです。」と何度も仰るのですが、本来あるべき会社の姿であり、それを愚直に実現し、実践し続けていらっしゃる、素晴らしい会社なのだと感じました。 

一時期、法政大学の坂本光司先生の「日本でいちばん大切にしたい会社」という本が出版され、会社での働き方を世の中が見直すきっかけとなり、ベストセラーになりましたが、同社こそ、それを実践されている会社であるのだと思います。小さい会社だからこそできて、大きな会社では、この様な理想的な働き方なんて、できないと仰る方もいますが、3000人近くの従業員、アルバイトを含めると5000人に近い社員を抱える大企業で、家族経営的な経営をやっていらっしゃるというのは、とても素晴らしいことだと思います。

なぜ、それができるかというのを、お話の中で伺っています。また、野島さんご自身が経験された、様々なご苦労も伺いました。ノジマさんのような会社が増えれば、幸せな人が増え、企業が社会の未来をつくるという、本来あるべき役割も担えるかもしれません。

とても感動するお話を伺いました。野島さんのビジネスの仕方、経営の仕方、多くの方が耳を傾け、興味を持ち、「うちでも挑戦してみよう」と思ってくださったら嬉しく思います。

2016/08/23 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社アイティフォー
代表取締役社長 東川 清さん

です。

----------------------------------------
2016年8月16日公開

株式会社アイティフォー
代表取締役社長 東川 清さん

銀行の進化を先導する日本のフィンテック企業

高い専門性と技術力で、地銀を中心とした金融機関の変革を創造し続けてきた同社。
日本のフィンテックを担うリーディング・プレーヤーとしての次なる一手とは。

【主な内容】

1)ソフトの可能性を発見、日本初のPOSシステム
2)債権管理・回収システムを独自開発、全国へ
3)「ユーザー会」お客様の声を新しい技術・ノウハウへ
4)金融機関の変革、日本のフィンテックをいち早くリード
5)地銀を起点に、直販で地域の元気をサポートする
6)会話を原点に、お客様の未来を一歩先に創造

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160816

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/234677
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

金融機関・地方自治体向けシステム、小売業向け基幹システム、ECサイト構築システム、ネットワークシステム、コンタクトセンターシステムの事業において、それらをつなぎ合わせる「ネットワークシステム」、システム導入後の保守、運用を提供する「カスタマーサービス」を提供する株式会社アイティフォー。元々は企業の一部門として、1959年に設立され、1972年の実質的なスタートの年から、ともに歩まれてきた社長の東川さん。

今、流行の言葉になっている「フィンテック」。金融とテクノロジーで、金融の世界に新しい革命が起きているという話で、株主の間でも「フィンテック銘柄」が、話題になることもありました。その様な中で、「フィンテックとは一体何なのか」という話をすると、家計簿ソフトであったり、儲かる株を選択すること、はたまた、値上がりする投資信託を組み合わせること、ロボアドバイザーなどの話がされてきました。

世界で議論されている、本当のフィンテックとは、銀行の業務そのものが、根本から変わってしまうのではないかということです。日本では、なかなかその点が議論されず、私も「なぜだろう」と思っていました。しかし、実は既に、銀行の業務が根本から変わるかもしれないテクノロジーの動きというものが、日本で起きていたのだということを、今回の東川さんとのお話で実感しました。

40年以上の社歴の中で、常に新しいものにチャレンジしてこられた、アイティフォー。同社がいよいよ、本当の意味でのフィンテックというものの加速、もしくは、そのきっかけづくりを担われる、とても重要なプレーヤーになられるのではないかと、確信しました。

ぜひ、東川さんのお話を聴いていただき、これから何が起こるのか、そしてこれから何かを興す会社というのは、どの様なことを大切にしてきた会社であるのか、様々なヒントを見つけていただければと思います。

2016/08/16 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社PALTEK
代表取締役会長 高橋 忠仁さん

です。

----------------------------------------
2016年8月2日公開

株式会社PALTEK
代表取締役会長 高橋 忠仁さん

未来社会をサポートする半導体事業

医療機器など産業機器メーカーへの半導体販売、技術サポートを担い、
21世紀のあるべき商社像を実現。
スマートエネルギー事業への想いと高橋さんの経営哲学を聴いた。

【主な内容】

1)お客様と同じ目線で絶えず考える半導体事業
2)デジタルとアナログ両方の知識を持ち合わせた人材を
3)専門性を極め、情報・知識の集約型企業へ
4)日本のものづくりを支える、縁の下の力持ち
5)エネルギー事業から命を守るサポートをする
6)「公の怒りを持つ」松下幸之助の言葉を把持し続ける

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160802

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/234667
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クライアントの製品ニーズに合わせた半導体を提供する「半導体事業」、設計・製造受託、開発サポート、調達代行、自社製品開発などを行う「デザインサービス事業」、低エネルギーで安心・安全な社会の実現をサポートする「スマートエネルギー事業」を行う株式会社PALTEK。現在は会長である高橋さんが、1982年10月に設立しました。

高橋会長とのお話、2つ、聴いていただきたいことがあります。まず1つ目は、同社はインターネットを見ると、半導体商社と書いてあります。誰もが「半導体」という言葉は知ってるけれども、具体的に、半導体商社や半導体に関わるビジネスとは、どの様なものなのかと言うと、そのイメージは漠然としているという方もいらっしゃると思います。

半導体といえば、「昔、日本は強かったけど、今はだめ。」という風に言われることが多い中で、どんなお仕事をされているのか、半導体というマーケットとはどの様なものなのか、これからどういう進化の可能性があるかというところを、わかりやすくお話くださったので、まずもって半導体、そして日本のものづくりの未来を、まず、高橋さんのお話から「なるほど」と聴いていただけたら嬉しいなと思います。

そして、もう1つの部分は、このPALTEK、スマートエネルギー事業というのに、踏み出され、新たに投資をし、展開されているのですが、今までのビジネスとは、まったく、飛び地な感じで、実際に自分たちでつくって売るという意味では、今までの半導体の仕事とは一線を画す仕事です。

なぜ、今このスマートエネルギー事業へ、踏み出されたのか。株主の目線で見ると、「それをやる意味があるのか。」という様な質問をしたくなるところではありますが、その理由を伺うと、高橋さんがPALTEKとして、何を大切にし、なぜ、この様にしっかりと前へ進んでいけるのか、そして、未来にどのような可能性があり得るかを理解していただけるのではないかと思います。

そしてさらには、一人の人間として「働く」ということ、もしくは、一人の経営者として会社を経営していく上で何が大事かということも、このスマートエネルギー事業のお話を通じて、勉強させてもらったなと思います。ぜひ皆さんに、この2つの観点からお話を聴いていただけたら嬉しく思います。

2016/08/02 12:00