LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

日進工具株式会社
代表取締役社長 後藤 弘治さん

です。

----------------------------------------
2016年9月27日公開

日進工具株式会社
代表取締役社長 後藤 弘治さん

市場の声に耳を傾け、あらゆる産業の未来を支える

精密金型や部品加工向け、小径サイズの切削工具の製造・販売。
グローバルニッチトップとして、ものづくりの未来を担う同社の
独自経営、財務、人事、市場戦略とは。

【主な内容】

1)6mm以下の超硬エンドミルの生産に特化
2)バブル崩壊後の決断、無借金経営を果たし上場へ
3)市場の要求の先を行き、無いものをつくり続ける
4)自動化を進め、営業や開発へ注力する
5)日本のものづくり企業を支えるトップ企業として
6)自社製の生産用機械は、ノウハウの塊
7)技術職は新卒、営業職は中途採用、独自の人材育成
8)あらゆる業界で重宝される、ぶれない技術
9)社長は、常に市場を観察するスーパージェネラリスト

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160927

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235187
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

精密金型や部品加工向けである超硬素材でかつ小径サイズの切削工具「エンドミル」を専門に、製造・販売する日進工具株式会社。1961年9月に設立され、現在の社長である、後藤さんのご親族で代々受け継がれてきました。

今回の対談、とても面白く、驚くことばかりでした。これから、AIやビックデータなどの時代になり、人がやるべき仕事が減っていく、と世界中で言われています。では、人にしかできないこととは何か、会社というものは、どうなっていくのだろうかと、皆さん、素朴に疑問に持っていらっしゃると思います。まさに、その未来の姿を、会社の中で実現し、形づくっていらっしゃるのが、日進工具さんであるという気がとてもしました。

また、会社として、「つくるの先をつくる」という、新しいブランド・ステートメントをつくられた後藤さん。まさに、ものづくりの未来に必要なものをつくるという意味も、もちろんありますが、未来そのものを創造していらっしゃる、そういうブランド・ステートメントをつくられ、本当にその通りだと、トークの内容を振り返りながら、改めて感じました。

ものづくりというものが、これからどうなっていくかという観点だけでなく、世の中、会社、サービス、様々なものがどう変わっていくかという観点からも、後藤さんとのお話を聴いていただければ、様々な発見があると思います。

そして、ものづくりというものを、あまり馴染みが無いという方にとっても、非常にわかりやすくいお話を、多岐に渡り伺いました。様々な意味で、とても勉強になる対話になったと実感しています。

2016/09/27 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社オーネックス
代表取締役社長 大屋 和雄さん

です。

----------------------------------------
2016年9月20日公開

株式会社オーネックス
代表取締役社長 大屋 和雄さん

あらゆる産業の基盤を支える、金属熱処理専門企業

金属熱処理加工に特化した、技術者集団。
世界の産業を知り尽くした同社が、日本独自の技術で産業を牽引。
日々の技術改善、市場の未来、新たな産業への挑戦を聴いた。

【主な内容】

1)熱処理専門:日本で唯一、専門企業として株式公開
2)お客様と協力し生産性を改善、コストダウンへ
3)取引先は約600社:目には見えないサポートを
4)日本の技術力を、大小様々、幅広い性能のものへ
5)品質保証とリスクヘッジで、市場をさらに広げる挑戦を
6)アメリカ、ドイツ、日本:個性の違う熱処理の世界
7)多岐にわたる業界の知識で世界のメインプレーヤーに
8)新しい産業の技術の担い手として市場をつくり次世代へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160920

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235157
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

金属部品の製造における基礎工程であり、あらゆる工業製品の製造に欠かせない金属熱処理加工事業を行う株式会社オーネックス。1951年8月に、大屋熱処理株式会社として設立しました。

現在の社長である大屋さんのお父様が創業した、ものづくりの会社です。創業40周年の1991年、「大屋ネクストカンパニー」を語源とし「オーネックス」と社名を変更されました。「ものづくり」と聴いてわくわくしながら、色々なお話、楽しく聴かせていただきました。

金属熱処理に技術特化した、技術者集団であるオーネックス。ありとあらゆる、私たちの身の回りにある、様々なものには熱処理が必要なのだそうです。その熱処理とは、一体どういうことなのか、日本と海外との比較、また、日本の市場がこれからどうなっていき、これからどの様な新しい産業が生まれてくるか、など、過去から未来のお話まで本当に幅広く教えていただきました。

細かい技術の話から、世界戦略の経営の話まで、これこそ360度違う、様々なお話を伺うことが出来たと思います。短い時間ではありましたが、本当に凝縮された密度の濃い学びの時間をいただきました。

ものづくりに興味がある方、これから日本の「ものづくり」はどうなっていくのか、興味がある、知りたいと思っていらっしゃる方に、色々な意味で勉強になるお話になったと思います。

2016/09/20 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ケアサービス
代表取締役社長 福原 敏雄さん

です。

----------------------------------------
2016年9月13日公開

株式会社ケアサービス
代表取締役社長 福原 敏雄さん

環境の変化に順応し、質の高い介護・エンゼルケアを

デイサービス・訪問入浴などの介護事業から、湯灌を始めとするエンゼルケアまで。
質の向上と共に利益も追求し、海外展開を実現。福原さんのゆるぎない経営哲学。

【主な内容】

1)「介護からエンゼルケア」創業から上場に至るまで
2)お客様の声に耳を傾け、質を追求した高齢者向け配食事業
3)盛和塾での学び「働く人の幸せは高い利益の中に」
4)100%出資子会社で、ケアサービスの神髄を上海でも
5)ネバーギブアップの精神で、従業員とその幸せも追求
6)質の向上とともに、効率性も重視した戦略のカギ
7)サービスの質・経営手法を磨き、世界へ事業展開を

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160913

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235138
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

介護の入り口から出口まで、全てをワンストップサービスで提供する株式会社ケアサービス。1970年10月に同社を設立した福原さん、2011年のご出演から約5年ぶり、2度目のご出演です。

お話を伺う前から、福原さんから静かな波動が感じるような、お会いするだけで心が穏やかになり癒されるような、そんな不思議な雰囲気をお持ちの福原さん。高齢者の方々のお手伝いやケアをするお仕事を担われ、そして、長年、様々なご苦労をされて事業を立ち上げてこられました。

稲盛和夫さんの盛和塾で学ばれ、学んだことを、お仕事の中にしっかり根付かせ、また、京セラから素晴らしい方をお迎えになり、現在、専務として、アメーバ経営を現実に会社の中に落とし込むことに尽力されたと、収録後にうかがいました。

変化の激しい世の中で経営をするということは、揺るがない拠りどころのようなものが、大切なのだということ、お話し伺いながら改めて感じました。さらに、その揺るがないものに、盛和塾の存在というのがあり、どのような環境がやってこようとも、未来を見据え、成長に向かう土壌ができるのだと感じました。

本当に勉強になりましたし、静かにお話をうかがう中で、揺るがない安心感のようなものも感じました。「歳を重ねるというのは、こういうことなのかな」とも感じる、人間として学びの多い時間となりました。

2016/09/13 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

アグレ都市デザイン株式会社
代表取締役社長 大林 竜一さん

です。

----------------------------------------
2016年9月6日公開

アグレ都市デザイン株式会社
代表取締役社長 大林 竜一さん

機能性も高い分譲住宅のプレタポルテを

デザイン建築のような、機能性の高い新築一戸建ての設計・施工・分譲。
設計力、企画力、知恵を駆使する同社が広げるビジネスチャンス、
未来への可能性を聴いた。

【主な内容】

1)機能性を兼ね備えたデザイン建築のような建売住宅
2)前職で培った信頼と周囲の人々の支援が起業の力に
3)唯一無二の土地を目利きし、自社施工
4)実は高い「一戸建て」へのニーズに応えるため
5)創業7年で上場、お客様のニーズを次の経験へ活かす
6)逆転の発想:アフターサービス・ゼロを目指す
7)「住宅」を掘り下げ、大手も認めるオンリーワンへ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20160906

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235069
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新築一戸建ての設計・施工・分譲や、分譲住宅に関する調査・研究・コンサルティング業務を行うアグレ都市デザイン株式会社。日本古来の「白銀比」の素晴らしさを社名に込め、大林さんが2009年4月に設立しました。

お仕事の内容「建売の分譲住宅」を伺うと、これから人口が減っていく中、お仕事として成立するのかと、一瞬思うのですが、よくお話を聴くと、成長の可能性や上場の理由がわかりました。

その理由は、ぜひ対談を聴いていただきたいのですが、大きく3つお伺いしました。1つは、首都圏に限っているということ。2つ目は、非常にコンパクトな住宅であるということ。そして最後、3つ目は、非常にデザイン性が高く、同時に機能性も高いということ。注文住宅よりもお手頃で、なおかつとても使いやすくメンテナンスも楽であり、建売ならではの様々な知見を集約した建物をつくっているということが、同社の魅力なのだと感じました。

今後、東京や首都圏へと広げていく大林さん、色々なところにこだわりをお持ちで、そのこだわりの部分が、実は大手ディベロッパーからも認められ、新しい取り組みも始められています。

「一戸建て住宅は、もう成熟市場」と、一言でかたづけそうになるところですが、知恵をつかうと、何もかもビジネスチャンスになるのだということ、改めて勉強させていただく良い機会になりました。さあ、どの様なところにどんな風に知恵をつかっていらっしゃるのか、ぜひお話を聴いていただければと思います。

2016/09/06 12:00