LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

ヒューマンホールディングス株式会社
代表取締役社長 佐藤 朋也さん

です。

----------------------------------------
2016年10月25日公開

ヒューマンホールディングス株式会社
代表取締役社長 佐藤 朋也さん

人材育成から新規ビジネスのエコシステムを担う

教育事業を母体に、人材派遣から就職の受け皿となる新規事業を展開。
日本の新規成長産業を支え、世界の発展を担う同社。
時代に合わせ進化する事業、未来へのビジョンを聴いた。

【主な内容】

1)新規成長産業人材育成から、就職の受け皿まで
2)証券会社、会計事務所での下積み後、父の会社へ
3)新規ベンチャーを起こすためのエコシステムを確立
4)国も注目する「アリーナ事業」の先頭を走る
5)未来を担う子供たちへ「ロボット教室」のカリキュラム
6)海外でのニーズも高まる日本語学校、プラス職業訓練を
7)日本を越え、アジア、世界の発展をリードする企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20161025

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235508
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

教育事業を母体に、人材派遣・塾や専門学校運営・介護などを事業とする連結子会社を有するヒューマンホールディングス株式会社。1985年、社長である佐藤さんのお父様が、株式会社教育未来社として設立した後、2002年8月に持株会社として設立されました。

人材育成のイメージがとても強かったのですが、育成し、就職先をご案内するだけでなく、さらに、その就職先となる事業をつくっている同社。新規ビジネスのエコシステムを担う会社なのだということ、お話を通じて理解し、発見できました。

新しい事業の担い手を育てる上で、日本でベンチャービジネスをもっと増やさなければならない、という話は常に言われていることですが、その新しい分野でベンチャーが起こるための、源となる人材を育てているという言い方もでき、ある意味、一番先頭を走る会社だと思い、大変感動しました。

さらには、既に進出されていますが、世界へと、さらに大きなビジョンを描かれている同社。それ以外にも、どの様な人材が必要かという観点から、新しい事業も始められています。ある意味、アベノミクスの成功の鍵を、実はヒューマンホールディングスさんが握っているかもしれない、そんな、わくわくするお話を伺いました。

これから21世紀、情報通信が進化していく中、「人」が益々重要だと言われるようになってきています。その中で、同社の取り組みというのは、とても重要、かつ、大きなビジネスチャンスに溢れているのではないかという気がしました。ぜひ、佐藤さんのお話の中から探っていただけたら、面白いのではないかと思います。

2016/10/25 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社グローバルグループ
代表取締役 中正 雄一さん

です。

----------------------------------------
2016年10月18日公開

株式会社グローバルグループ
代表取締役 中正 雄一さん

保育事業から、ひとの未来を担う

保育所などの運営を通じ、次世代を担う子どもを育成する「子育て支援事業」。
大人も輝く、中正さんの経営哲学、保育所事業だけに留まらない可能性を聴いた。

【主な内容】

1)憧れの上司を追いかけ、保育園の世界へ
2)子ども目線、かつ、大人たちが輝き、活躍する環境を
3)場所・人材確保に独自のノウハウで、拡大し続ける
4)「夢は0歳から大学生まで」可能性が広がる環境を
5)スケールメリットを活かし、様々なサービスの可能性も
6)現場への信用から生まれる、保育や教育のあるべき姿
7)10年後を見据え、さらなる質の向上、世界への展開も

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20161018

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235399
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

保育所等の運営を通じ、次世代を担う子ども達を育成する「子育て支援事業」を行う株式会社グローバルグループ。パンの製造会社で働いていた中正さんが、憧れの上司の背中を追い、2015年10月に設立した会社です。

保育所を中心に、学童や児童館、子供園なども含め、98以上の施設を運営している同社。「保育所」聴くと公的なイメージがあり、株式会社として保育所を運営している会社、まだまだ少なく、珍しいことだと思います。あえて株式会社として運営、上場し、本来あるべき幼児教育の姿を、徹底してチャレンジされています。

中正さんから伝わってくる、子どもに対する愛や信念、そういう想いは、一体どういうものか、ぜひお話を聴いていただきたいと思います。世界的にも、教育の中で、特に、幼児教育に対する重要性、注目が年々高まってきていると思います。ところが、「こうすれば良い」という様な、確立されたものが、まだ無いと思っていました。

そういう意味では、これから中正さんたちがつくりあげていく、この幼児教育の分野、社名にもつながる、「グローバル」で、まさに最先端、世界のスタンダードになる可能性があるかもしれない、そういう視点で、聴いていただくと、面白いのではないかと思います。

2016/10/18 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社AMBITION
代表取締役社長 清水 剛さん

です。

----------------------------------------
2016年10月11日公開

株式会社AMBITION
代表取締役社長 清水 剛さん

住まいと宿泊施設が融合する新たなプラットフォームへ

「敷金・礼金ゼロ」など、借り主目線の賃貸管理を主とした不動産事業を土台に、
「民泊」や「IoT」を取り入れ、「住まい」の新たなビジネスプラットフォームを目指す。

【主な内容】

1)環境の変化に対応しながら、借主目線の賃貸管理を
2)観光客だけでなく、様々なニーズに応える「民泊」を
3)IoTの強みを不動産業界へ、よりお客様の利便性を
4)ITで生活をより便利に、提携先とつくる住まいの未来
5)東京23区の賃貸住宅を中心に、ベース売上確保
6)家具付きマンションと宿泊施設が融合に向かう?
7)駅からの距離を気にしない海外旅行客向け物件開発
8)内製と提携の両輪でプラットフォームを目指す

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20161011

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235318
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

賃貸管理・仲介、不動産売買の事業を行っている株式会社AMBITION。2007年9月に設立、2004年に上場を果たした清水さんは2回目のご出演。1年半ぶりにお話を伺いました。

この1年半で大きな変化を遂げる同社。順調に業績を伸ばし、新たな分野へ一歩一歩、着実に進んでいます。最近の不動産や賃貸においての新しい流れと言えば「民泊」。そして、もうひとつの流れである「IoT」。この二つに、いち早く取り組み始めた清水さん。

今回、お話を伺い、不動産のお仕事、賃貸管理やサブリースのお仕事が、今までとは全く違う次元に変わっていくのだと、また、場合によっては、「不動産会社」と呼ぶのではなく、新しい「サービス会社」へ進化していくのだという、新しい流れをひしひしと感じました。

AMBITIONが具体的に、どの様なことに取り組んでいるのか、どの様な新しいサービスが生まれてくるのか、ぜひ、お話聴いていただき、一緒に妄想をして、わくわくを感じていただければ嬉しく思います。

2016/10/11 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社大田花き
取締役会会長 兼 代表執行役社長 磯村 信夫さん

です。

----------------------------------------
2016年10月4日公開

株式会社大田花き
取締役会会長 兼 代表執行役社長 磯村 信夫さん

ITで卸売を変革。花市場のインキュベーター

大田市場で国内最大の花き取扱高を誇る、花の卸売会社。
マーケッター、インキュベーターとしての役割をも担い、
ITを駆使した、消費者、生産者、小売店、三者良しの未来型経営。

【主な内容】

1)「花」市場拡大と共に、大田市場で花の卸売をスタート
2)卸の世界をIT化、消費者の声を反映する画期的な変革
3)消費者データを活かし、生産者を支える役割も
4)物流上弱い花を、プロの物流業者として裏方で支える
5)マーケット・メーカーとして新しい花の企画、提案を担う
6)一億総活躍のプラットフォームとして、未来型の卸売を

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20161004

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235213
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大田市場にて、国内最大の花き取扱高を誇る花の卸売を行い、花き生産者と、一般消費者をつなぐ株式会社大田花き。バブルの絶頂期、華道からフラワーデザインなど、花の需要が高まり始めた1989年1月、磯村さんが設立しました。

「不勉強で」という言葉を、何度となく言ってしまいましたが、磯村さんとのお話、すべてが学びでした。お花の卸売市場を経営している、大田花き。「卸売」という言葉は、私にとっては古い言葉のイメージで 、昔ながらのことをやっていらっしゃるのだろうと、思っていました。

たしかに、昔ながらではあるけれども、今の時代に必要なことを、すべて担っている同社。実は、卸売市場というのは、市場をつくる「インキュベーター」であり、「マーケッター」であるということ、改めて、色々な角度から教えていただきました。

大田花きを創業し、業界に大きな「革命」を起こしていらっしゃる磯村さん。その革命を起こす勇気、心意気、そして、どのように耐え抜かれたのか、お話聴いていただくと、磯村さんが達成してきた数々のことを、実感していただけると思います。

意外に知っているようで、知らない世界。特に私にとってはそうでしたが、皆さんにとってはいかがでしょうか。ぜひ、磯村さんのお話聴いていただいて、私たちには、まだまだ知らないことがたくさんあるということ、また、古いと思っていたものが、実は知らないうちに最先端になっているということ、一緒に実感していただけたら良いなと思います。

2016/10/04 12:00