LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社パピレス
代表取締役社長 松井 康子さん

です。

----------------------------------------
2016年12月27日公開

株式会社パピレス
代表取締役社長 松井 康子さん

歴史から学ぶ、電子書籍のパイオニアが時代を変革する

電子書籍配信サイトや、電子書籍のレンタルサイト『Renta!』を運営。
歴史から学び、着実に電子書籍の新サービスを生み出し続ける、デジタル時代の変革企業。

【主な内容】

1)電子書籍のパイオニアとして、創業20年
2)ネット上での漫画レンタル「Renta!」への挑戦
3)スマホ画面で読みやすく、漫画を「翻訳」する
4)読みたい章だけ販売、読者の裾野を拡大する
5)500年前の印刷技術誕生時に、電子書籍のヒントあり
6)「変革」の時代に、信頼できる情報発信を担う存在へ
7)デジタルコンテンツの新たな可能性を、世界へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20161227

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235890
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電子書籍配信サイト『電子書店パピレス』、電子書籍レンタルサイト『Renta!』などを運営する株式会社パピレス。1995年3月、富士通の社内起業制度を利用し設立されました。設立間もない頃、新卒で入社した松井さんが、2012年に社長に就任。

これまでの社長Talkでも、電子書籍関係の会社の社長にお話を伺ってきましたが、今回しみじみ感じたのは、松井さんが歴史好きであり、本の歴史も勉強し続け、それを仕事にとことん生かしていらっしゃるところです。世の中の技術が変化する時、本というものがどの様に変容を遂げてきたか、その時代の社会の受容力がどうであったか、そして、出版業界どの様な変革を起こしてきたか、そのお話を、とても面白く、お聴きしました。

本が印刷物へと変わった時代と、現在の、本がデジタル化していく時代で、同じことが起きているのだと、ヒントが沢山あると教えていただきましたし、そういう歴史を勉強されているからこそでしょうか、変化に対してとても腹が据わっていらっしゃる松井さん。地道でコストがかかる作業にこつこつと取り組み、着実に結果へつなげていくというプロセスを踏まれています。

やはり、歴史というのは、変革を起こすベンチャーにとって、心の支えとなる存在になり得るのかなと思いました。そして、これから実際に、電子書籍や電子コンテンツの時代がどうなっていくのかという、ヒントや示唆も沢山伺いました。

トーク中では、社内のお話は十分にお伺いできなかったのですが、同社で働く方々が、「楽しい」と思えることを仕事にしようと取り組まれています。特にコミックで様々な制作をお手伝いされている方々は、ご自身でも、漫画やコミックを描いている方々で、趣味と実益が重なっているような方々が働いていらっしゃいます。

その結果として、良いサービスが次々と生まれてきているのだということも、学ばせていただきました。色々な意味で面白く、時代を読むヒントを沢山教えていただけた、そんな対話だったと思います。

2016/12/27 12:00

2006年7月にスタートした藤沢久美の社長Talk。
おかげさまで、放送500回目を迎えることができました。
みなさまへの感謝と共に、これまでを振り返る特別番組をお送りします。

【放送500回特別番組】社長から学ぶ 生き方、働き方

2016/12/20 12:15

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社新和
代表取締役社長 宇野 辰雄さん

です。

----------------------------------------
2016年12月20日公開

株式会社新和
代表取締役社長 宇野 辰雄さん

飲食・サービス業の「働きがい」に挑戦する二代目社長

包装資材の製造販売や、「エイジング・ビーフ」のパイオニアとして飲食事業を展開。
飲食業、サービス業への理想を掲げ挑戦し続ける2代目社長の
経営哲学、人材育成を聴いた。

【主な内容】

1)父から息子へ、会社を譲り受ける苦労
2)フランチャイズで感じた違和感を払拭する新事業
3)社員が社長の夢を応援する理由「うそをつかないから」
4)経験者ゼロで始めた「エイジング・ビーフ」
5)労働環境の改善、利益還元で、まず社員が幸せになる
6)学校では行き届かない、中小企業の現場で教育を

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20161220

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235881
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ファッションバッグや各種封筒など包装資材の製造システム構築、飲食事業を展開する株式会社新和。最近流行の「エイジング・ビーフ」に、いち早く、目をつけられた2代目社長である宇野さんのお父様が、1966年4月に設立しました。

この「エイジング・ビーフ」という、話題のお肉に目をつけられたということだけではなく、飲食業、サービス業というものに対して、理想を掲げて挑戦をしていらっしゃるお話を伺い、大変学ばせていただきました。同時に、中小企業が、世の中にとても大事な役割をしている存在なのだということを、お話を聴き、確信しました。

今後、ITが進み、ロボットや人工知能が人の仕事の半分を奪ってしまうと言われる中、人にしか出来ないことが重要だと言われるようになりましたが、では、その教育を誰が行うのか。学校教育か、という話になりますが、教科書に一つ言葉を追加するだけでも、6年くらいかかってしまいます。

もちろん、学校教育も大事ですが、中小企業の経営者さんが、どんな想いで、一人一人の従業員の人生に責任を持ち、どんな教育をしていかれるかというのが、実は、今すぐに出来る、ひとつの人間づくりの方法なのかなと思っていました。

まさに、宇野さんは、焦ったり急いだり、早く儲けようということではなく、地に足がついた形で、それに取り組んでいらっしゃるのだと、そのお話を様々な角度から伺い、こういう企業が世の中には必要だなと、改めて思いました。

小さな経営をされている方、部署のリーダーの方、宇野さんのお話を聴きながら、部下を持つ責任とは何か、なんていうことを考えていただけたら良いかなと思います。

2016/12/20 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社シンクロ・フード
代表取締役 兼 執行役員社長 藤代 真一さん

です。

----------------------------------------
2016年12月13日公開

株式会社シンクロ・フード
代表取締役 兼 執行役員社長 藤代 真一さん

開業から閉店まで、飲食店のライフサイクルを一気通貫でサポート

飲食店の開業・運営支援サイト「飲食店.COM」など、
飲食業を運営する上で必要な各種サービスをマッチングするウェブを運営。
ビジネスの進化と経営哲学を聴いた。

【主な内容】

1)飲食店の出店・運営・閉店までワンストップ支援
2)自分のレールは自分で敷く。目標は、30歳までに起業
3)月額課金モデルで軌道に乗せるまでの試行錯誤
4)社内の情報共有を徹底し、新しいサービスへ活かす
5)飲食業界で働くすべての人の幸せを考え続け描く未来
6)東海エリアへ、地域を越え生まれるビジネスチャンス
7)蓄積したデータの活用へ向け、さらなる展開も視野に

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20161213

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235852
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飲食店の開業・運営支援サイト「飲食店.COM」や、飲食専門求人サイト「求人@飲食店.COM」をはじめ、飲食業界をより良くするウェブサービスを運営する株式会社シンクロ・フード。「30歳までに起業する」という目標を持った藤代さんが、2003年4月に設立しました。

飲食にこだわり、飲食店に関わるすべての人に幸せになってもらいたい、というこだわりの中で、色々なサポート・サイトを立ち上げてきた同社のビジネスのお話、大変勉強になりました。

同時に、社長として、藤代さんが何をしていらっしゃるか、どの様なことを考えていらっしゃるか、採用に際しどの様なことを大切にしていらっしゃるか、社長業についても色々と教えていただきました。

ビジネスの可能性と、社長とはどうあるべきか、という2つの視点から、様々なヒントをいただけたと思います。これから、社長としてさらに腕を磨いていきたいと思う方、きっと参考にしていただけると思います。

2016/12/13 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社インソース
代表取締役 執行役員社長 舟橋 孝之さん

です。

----------------------------------------
2016年12月06日公開

株式会社インソース
代表取締役 執行役員社長 舟橋 孝之さん

ITを駆使し、独自の教育コンテンツで働く人の成長に貢献

研修を軸とし、ビジネスパーソンや組織が抱える課題解決のためのサービスを展開。
時代を読み、最新の研修を次々生み出す同社が徹底する、
独自のノウハウ、個々が成長するヒントを聴いた。

【主な内容】

1)あらゆる研修ニーズに応える4つの特徴
2)ビジネスモデルは、「劇団四季」。自前の脚本・演出
3)研修での学びをさらに深める「研修呼び覚まシステム」
4)日々改善する社内システムが、サービスを向上させる
5)時代の変化を捉え、常に最新の研修をつくる
6)個々が考え活躍する時代に沿った、仕組みづくりを
7)拾い上げた現場の声を常時社内に情報が回る仕組み
8)様々な企業に合わせ、研修という形で戦略提案する

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20161206

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/235788
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社会人向け研修、eラーニング、システム開発・販売など、人材育成に関わる企業の課題に特化したサービスを提供する株式会社インソース。銀行員、戦略コンサルタントを経験した舟橋さんが、2002年11月に設立しました。

「そういう考え方があったのか」「そういうやり方があったのか」「なるほど、そういうことをやっていらっしゃるのか」と、「なるほど」がたくさん出てくる、目からウロコが落ちる内容でした。ひとつひとつ、とてもわかりやすくご説明くださった舟橋さん。

まさに、「これから自分のビジネスをどうやってつくっていこう」と考えている方に、たくさんのヒントがある対談であったと思います。また、「いや、自分はビジネスをつくるというよりも、企業の中でどう成長していったら良いのだろう」と考える方にとっても、また、ヒントがたくさんありました。

同社が今、どの様な研修を行っているのか、そして「その研修を通じ、もし自分の会社であったら、どの様に人材育成をしていけば良いか、どの分野を伸ばしていけば良いか」考える時にも、このインソースの研修が一助になるのではないか思います。

組織で働く人、独立して活躍する人、様々な方にとっての、学びの多いお話をいただけたと思います。ぜひ、舟橋さんのお話、聴いていただき、たくさんのヒントを見つけていただければと思います。

2016/12/06 12:00