LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社荏原製作所
取締役代表執行役社長 前田 東一さん

です。

----------------------------------------
2017年4月25日公開

株式会社荏原製作所
取締役代表執行役社長 前田 東一さん

未来を見据えた大改革、挑戦し続ける老舗・産業機械メーカー

ポンプ事業を柱に創業104年、日本を代表する産業機械メーカーが着手する大胆なガバナンス・人事制度の大改革が、これからの100年をつくる。

【主な内容】

1)創業104年、ポンプを柱に業態を拡大
2)進み始めている製造業のIoT実装
3)スピードを上げるための新たなガバナンス改革
4)人事制度も大改革:職能制度から役割等級制度へ
5)役割等級制度のリスクと必要とされるマネジメント力
6)新人事制度ですべての社員に成長できるチャンスを
7)「荏原オープンサプライヤーズ」で業界全体の成長を

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170425

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

送風機、半導体製造装置などの開発・設計・製造・販売、また、ごみ焼却プラントなどの環境事業を展開する株式会社荏原製作所。創業100年を超える一部上場企業である同社の現社長、前田さんに、お話を伺いました。

世界でポンプのトップメーカーとして、そこから事業を大きくしてこられた、日本を代表する企業です。今回、とても大きな改革に着手され、新しい中期経営計画を発表され、人事制度なども大きく変えていかれるとのこと。この人事制度の変更というのは、今まで様々な企業が「やらなければならない」「やった方が良い」と言いながら、なかなか手をつけられなかった大きな改革と言えます。

なぜこの改革を行うという腹決めができたのか、収録後にもお伺いしましたが、それは「危機感」だと仰った前田さん。これほど、トップ企業として走ってこられた企業が、なぜ危機感を共有できたのか、その危機感を持つことができたきっかけは何だったのかというお話も聴いています。

「社内でなかなか危機感が醸成されない」「その時代の変化というものに、どうすれば敏感になれるのか」など、そういったヒントもいただきました。色々な大企業が既に打ってきた手を、もう一度俯瞰して見た時に、前田さんが感じたこの危機感、するべき変化や改革など、そういうものが見えてくるのではないかと思いました。

そういう意味では、ぜひ、前田さんのお話を聴いていただき、自社との比較をしていただきたいと思います。同時に、大企業が地域の中小企業との間でどの様な役割を担わなくてはならないのかというお話も伺っていますので、中小企業の皆さんにとっても、実は大きなチャンスがある時代がやってきたと感じていただける、そんな対談であったと思います。

2017/04/25 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

ディップ株式会社
代表取締役社長 兼 CEO 冨田 英揮さん

です。

----------------------------------------
2017年4月18日公開

ディップ株式会社
代表取締役社長 兼 CEO 冨田 英揮さん

若手が最速成長する、ビジョン型経営

「バイトル」などの求人広告事業を起業し、一部上場企業へと育てた冨田さん。創業時から20年後の今が見えていたというビジョン型経営の歩みとは。

【主な内容】

1)ネット普及前、信念の情報端末販売
2)成長の鍵はビジョン。創業時から見えていた20年後
3)信頼して任せる、新入社員が最速成長できる環境
4)社員満足度を追究、自己成長に貪欲な同志が集う
5)新入社員が社長へメール。風通しの良い組織文化
6)リーマンショックで「リストラゼロ」を宣言
7)資金調達の苦労から養った、シビアな金銭感覚
8)ディップ精神で、世の中を改善する企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170418

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「バイトル」「バイトルNEXT」「はたらこねっと」などの求人広告サイトを運営する、求人広告事業、看護師転職支援サービスを展開するディップ株式会社。「夢(dream)、アイデア(idea)、情熱(passion)」の頭文字を社名にし、社長である冨田さんが1997年3月に設立しました。

創業20周年を迎える同社。最初はたった一人で創業し、様々なご苦労をされ、ディップという会社の草創期を体験されている冨田さん。お話を伺うと、よく諦めずにやってこられたなという印象です。

それが、今では社員が1600名以上の大きな会社であり、一部上場企業です。どの様なタイミングで、どの様に会社が大きくなってきたのか、また、一部上場という大企業になった今、どの様に組織運営をしていかれるのかなど、20年間の歴史を振り返りながら、そして、未来に向かったお話も伺いました。

今後、起業をしようと思っている方にとって、会社というものの未来をどう見据え、どう取り組んでいくべきか、ヒントをいただきました。そして、大企業で働いている方にとっては、ベンチャー精神というのが今後ますます必要になってくると思いますが、大企業、大きな組織でありながら、どの様にベンチャー精神を組織の中に維持し続けていくかという観点からも、とても参考になるお話を伺いました。

2017/04/18 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社トライステージ
取締役 社長執行役員 妹尾 勲さん

です。

----------------------------------------
2017年4月11日公開

株式会社トライステージ
取締役 社長執行役員 妹尾 勲さん

テレビ通販の裏方から、ダイレクトマーケティングのパイオニアへ

商品開発、番組制作、効果分析、顧客管理等、一気通貫でテレビ通販を支援してきた同社。データ化とロジック化でダイレクトマーケティングの担い手へ。

【主な内容】

1)あらゆるテレビ通販を一気通貫で支援する
2)商品企画から顧客管理まで、データベースで徹底支援
3)独自でロジック化した「買いたくなる」映像制作
4)2~3名の会社が100億円売り上げる受注管理ノウハウ
5)売上もリスクもシェアする、ウインウインの関係
6)「ダイレクト」が新たなマーケティングの中心になる
7)ASEANで日本の商材を売るテレビ通販を開始
8)マーケティングを担うリーディングカンパニーへ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170411

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

商品開発から番組制作・メディア戦略・受注・効果分析・顧客管理まで、ダイレクトマーケティング支援を手掛ける株式会社トライステージ。2006年3月に設立された同社、代表の一人である妹尾さんは、大手広告代理店で十数年、テレビショッピングの広告戦略の経験を積んできました。

とても感動するお話を伺いました。様々な場面で、世の中にインターネットが広まり、広告のあり方やCMのあり方が、これからどうなっていくのだろう、テレビもそうですが、視聴率だけで、広告や広報の効果を測れるのだろうかと、多くの人が疑問に感じながらも、変われないジレンマのようなものを抱えていた昨今。

同社が取り組む、このダイレクトマーケティング支援というのは、このテレビや、その他様々なところでのCMや広告など、そういうものの概念を根本から変えていく大きな力になっていくのではないか、そんな気がしました。

なぜ私がそう感じたか、その理由については、妹尾さんのお話をぜひ聴いていただき、多くのヒントを感じとっていただければと思います。

2017/04/11 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社エコミック
代表取締役社長 熊谷 浩二さん

です。

----------------------------------------
2017年4月4日公開

株式会社エコミック
代表取締役社長 熊谷 浩二さん

給与計算のBPO、北海道から日本の生産性を向上する

650社の取引数を誇る給与計算などの受託業務。中国・青島に進出し4年。BPO拠点の最適地・札幌から日本の生産性や地域創生に貢献する注目企業。

【主な内容】

1)650社の給与計算を担う独自システム
2)中国・青島進出から4年、現地の優秀な人材との相乗効果
3)強みの人海戦術で、年末調整業務委託のパイオニアに
4)給与計算業務ならではの中国でアウトソースする理由
5)デジタル化が追い風に、シェアードサービスの役割を
6)BPO拠点の最適地、北海道の可能性を広げる

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170404

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国内トップクラスの取引数を誇る、給与計算や年末調整などの受託業務を行う株式会社エコミック。札幌、東京、大阪のほか中国の青島にも拠点を置く同社は、1997年4月に設立された会社です。

今回お話を伺う中で、日本の改革しなければならないことや改善しなければならないこと、色々な課題の鍵を同社が握っていらっしゃるのではないかと、そう感じました。

本社は北海道ですが、実は、熊谷さんご自身は北海道の出身ではなく名古屋ご出身。かつて、銀行にお勤めになっていた時、「将来起業してみたい」と、当時の取引先の社長さんにお話した熊谷さん。「起業したいのなら、うちが立ち上げたエコミックという会社がある。ここの経営をしてみないか。」とその社長さんが仰ったそうです。

32歳という若さで、札幌という土地で、社長になられた熊谷さん。見事上場も果たされ、拡大を続けていらっしゃいます。その歩みは着実であり、とても手間のかかるお仕事を、地道に実践されています。

創業から20年経ち、同社がこれまでやってこられたこと、今後やっていかれることが、日本の生産性の向上や地方創生という観点から、大きな指針となり、そしてサポートとなる存在になっていかれるのではないかと、そんな風に思いました。

2017/04/04 12:00