LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社エルテス
代表取締役 菅原 貴弘さん

です。

----------------------------------------
2017年9月26日公開

株式会社エルテス
代表取締役 菅原 貴弘さん

企業をはじめ日本全土の安全を守る、リスク解析のスペシャリスト

ビッグデータを用い、サイバー攻撃やネット炎上などのソーシャルリスクを検知。
テロなど、現実世界でのリスクへも対応策を提案し実行する、日本の安全を担う注目企業。

【主な内容】

1)ビッグデータでリスクを検知、広報対応、研修を支援
2)24時間・365日監視、よりスピーディな初動が可能
3)インテリジェンスが伴った警備会社でテロ対策を
4)既存の強みを活かしつつ、多言語対応で日本を安全に
5)平和な日本で、テロに対する抑止力となる存在へ
6)晒されているリスクが客観的に見える「リスクマップ」
7)日本だけでなく、世界の安全に不可欠な企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170926

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/237618
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サイバー攻撃やネット炎上、風評被害など、数多くのデジタルリスクなどのソーシャルリスクを検知し、コンサルティングサービスを提供する株式会社エルテス。学生ベンチャーとして起業した菅原さんが、時代の変化に合わせ経営を続け、2016年11月に上場を果たした同社。

オリンピック・パラリンピック開催を控え、最近メディアでも多く取り上げられる「サイバーセキュリティ」「テロ対策」などの言葉。具体的にどの様に守るか、サイバーセキュリティやテロが、私たちの生活や企業の経営にとってどんなリスクになるのか、実はあまり考えたり学んだりする機会、なかなか無いと思います。この対談では菅原さんに、その辺りのお話を、色んな角度から教えていただきました。

色々なデジタルの道具が広がっていく中、ネット上、デジタル上でどんなリスクが、そしてアナログ、リアルな世界においてもどんなリスクが発生するのか、どんな事故や事件が起きうるか、そして、それをどうすれば未然に防げるのか、起きた場合はどの様に対処するべきか、様々なことをはサービスされている同社のお話、具体例も含めて伺うことができました。

日本は平和なので、あまりこういうリスクについて考える機会がない方も多いと思います。この菅原さんのお話を聴いていただいて、これからどんなリスクがありうるのか、どのように考え、対策を打っておくべきなのか、一度学んでいただけたら。損はないのではないかなと、そんな風に思います。

2017/09/26 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社旅工房
代表取締役会長 兼 社長 高山 泰仁さん

です。

----------------------------------------
2017年9月19日公開

株式会社旅工房
代表取締役会長 兼 社長 高山 泰仁さん

旅行者一人一人の価値観に寄り添う、トラベル・コンシェルジュ

一人一人の要望に応えアレンジした、海外旅行・国内旅行を取扱う総合旅行会社。
旅行事業が担う、あるべき未来の姿とは、高山さんの描く壮大なビジョンを聴いた。

【主な内容】

1)債務超過の旅行会社を買い、幼少の頃からの夢・社長に
2)インターネットの台頭とともに成長を遂げた「旅工房」
3)高い企画力と知見で、一人一人のお客様の望みを叶える
4)旅行に行ったお客様が感謝するほどの、高い満足度
5)女性の多い職場ならではの、働きやすい制度
6)様々な要望を汲んだ、123ヵ国・2万以上のツアー
7)アジアを中心に、日本のホスピタリティを世界へ輸出
8)コンシェルジュの域を越え、世界平和に貢献する企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170919

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/237587
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

海外旅行・国内旅行を取扱う総合旅行会社である株式会社旅工房。幼少の頃から旅行業で起業したいという思いをお持ちだった高山さんが、1994年4月に設立しました。

高山さんは、穏やかな中に熱い情熱をお持ちの方でした。私は、良い経営者とは、事業が、未来のあるべき社会において、どういう役割を担うのかを語ることができなければいけない、とよく申し上げているのですが、高山さんはまさに、それに当てはまる方でした。

旅行事業というものが、未来に対してどういう役割を果たすのか、明確にお考えで、それをずっと子供の頃から、実は持っていたという、筋金入りの経営者です。

ぶれない、「愚直」という言葉がぴったりの方でした。一歩一歩、きちんとその実現をしていかれる高山さん。拙速にやるというわけではなく、人生をかけて実現していきたい壮大なビジョンを持ちながら、着実に前に進んでこられた、という印象を受けました。

そういう意味で、旅工房は、いわゆる旅行会社と捉えてしまうのはあまりにももったいなくて、色々な可能性のある、壮大な会社として見つめていかなければならないと思いました。

経営者を目指す方には、ぜひこういう経営者になっていただきたいと思う、そんな対談でした。

2017/09/19 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社イノベーション
代表取締役社長 富田 直人さん

です。

----------------------------------------
2017年9月12日公開

株式会社イノベーション
代表取締役社長 富田 直人さん

法人営業の効率改革から、社会全体の働き方改革を担う

IT製品の比較サイト「ITトレンド」など、BtoBに特化した営業・マーケティング支援。
富田さんがつくる、誰もが成長できる企業文化と社会全体の変革を担う道筋とは。

【主な内容】

1)家業を継ぐ覚悟が、起業へと変化した理由
2)上場を目指し、主力事業から撤退、新たな柱で勝負
3)小さな見込み客も逃さないマーケティング自動化ツール
4)理念を大切に、若手に任せ成長できる企業文化を
5)法人営業の変革から働き方や社会全体を変革する企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170912

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/237540
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

勤怠管理システムや会計システムなどの法人向けIT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」やセールスクラウドサービス「ListFinder」など、BtoBに特化した営業・マーケティング支援事業を行う株式会社イノベーション。元々リクルートに勤務していた富田さんが、法人営業を変革したいという想いから、2000年12月に設立した会社です。

最近、リクルート出身の方にお会いすることが多いのですが、ご自身の原体験の中で、多忙なお仕事を通じ成長を実感したという、強いご経験をお持ちだという共通点を、改めて感じました。一緒に働く人々にも仕事を通じ成長して、その成長を喜びに感じてもらえるような会社をつくるという想いを持っていらっしゃる方が、リクルート出身の方に多いと思いましたし、富田さんは、それを徹底していらっしゃると感じました。

やる気があり優秀な方もたくさん入社されているようですし、さらに、その方々が成長する仕組みをどんどんつくっていらっしゃる富田さん。そして、そうやって若い人たちにどんどん任せて成長する環境をつくると同時に、50歳を超えていらっしゃる富田さんが同じ世代の社長さんにも、会社をそういう成長できる場にしていこうという、呼びかけもされています。

「EO=アントレプレナー・オーガナイゼーション」という組織で、「EOオブザイヤー」受賞された富田さん。若い世代が成長できる、素晴らしい会社をつくるシニア世代の起業家を育てるという活動も積極的にされています。

今後、同社がどの様になっていくか楽しみですし、富田さんが仰っているような経営が、どれくらい世の中に広がっていくか、日本の未来を左右するカギになるのではないかと思う対談となりました。

2017/09/12 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社フレンバシー
代表取締役 播 太樹さん

です。

----------------------------------------
2017年9月5日公開

株式会社フレンバシー
代表取締役 播 太樹さん

日本に、誰もが食を楽しむことができる文化を

『食の制限』に特化したレストランガイドVegewelを運営。
外国人も日本で食を楽しむことができる文化づくりを担うベンチャー。
上場を目指し着実に歩む沿革を聴いた。

【主な内容】

1)外国人の不自由を無くすため「食の制限」に挑戦
2)送客が強みのインバウンド対応コンサルティング
3)特定の主義主張を持たず、ただ困っている人を助けたい
4)銀行員を経て起業、常にかっこいいと思えることに挑戦
5)上場も視野に、事業経験のあるエンジェルとの出会い
6)誰もが食事を楽しめる文化づくりを担う企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170905

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/237477
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『食の制限』に特化したレストランガイドVegewelの運営をはじめ、飲食店や宿泊施設などへインバウンド集客・対応コンサルティングを行う株式会社フレンバシー。日本に滞在する外国人の不自由をなくしたいという想いを胸に、社長である播さんが2015年2月に設立しました。

起業から2年、現在、主力となるサービスを立ち上げ、半年が経つ同社。想いを持って起業し、どんなビジネスをコアにしていこうか、考え続けようやくビジネスの形が見え始めたところだと思います。

ベンチャーというと、最初は大きな夢を持ち立ち上げ始めるのですが、持続可能な形にしていくには、具体的にどうすれば良いか、もがく期間もあると思います。播さんのお話を伺い、それをようやく抜け出したという印象を受けました。

お仕事の内容は「食の制限」に特化したレストランガイド「Vegewel」の運営を中心にする同社。自分も起業してみたいなという方にとって、起業の初期というのはどの様に考えどの様に動いていくべきなか、また、どの様な環境が待っているかなんていうことも、とても参考になると思います。

何より、このお仕事自体が、今後日本にとって、非常に大事なお仕事で、競合があるようで、なかなか他は出来ていないという分野でもあると思います。ビジネスの中身も楽しみな、今後楽しみな同社、これから起業しようと思う方にも大変学びの多い対話になったのではないかなと思います。

2017/09/05 12:00