LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社グッドコムアセット
代表取締役社長 長嶋 義和さん

です。

----------------------------------------
2017年10月17日公開

株式会社グッドコムアセット
代表取締役社長 長嶋 義和さん

独自の「こだわり」で、公務員と女性をターゲットにした投資不動産

東京23区内に展開する投資マンションの企画、開発、販売事業。
独自のこだわりを持ちマンションの投資価値を最大化。
公務員や女性へ年金として投資物件を提案する。

【主な内容】

1)入札で仕入れない、新築マンションの企画・開発・販売
2)投資家に魅力的、価値が下がりづらい「ジェノヴィア」
3)需要があり将来性がある、場所へのこだわり
4)公務員、女性をメインターゲットにする理由
5)投資商品としてのマンションの価値を最大化する企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171017

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京23区内に展開する自社ブランドマンション「ジェノヴィア」シリーズの企画・開発・販売事業、物件オーナーに対するアフターサービスを行なう賃貸管理、建物管理事業を行う株式会社グッドコムアセット。長年不動産業界で営業の経験を積んだ長嶋さんが、2005年11月に設立しました。

ニッチなマンション開発を行い、マンションに住む人というよりは、投資家へ販売されている同社。その投資家の約9割が公務員で、さらにその多くが女性であるという、ターゲティングもニッチであり、業績を伸ばしている理由の一つでもあるのだと感じています。

女性のお客様も多いからなのか、有名な建築家の方が手掛け、建物自体にもすごくこだわりを持ち、また、有名な壁面緑化の造園士の方にも依頼され、ありとあらゆるところにこだわりをお持ちで、マンションを、ただ投資物件として開発し販売するという会社ではなく、熟考し、こだわってビジネスモデル化されているのが、同社の強みなのだと思いました。

世の中には様々なブームがあり、そのブームに乗り、儲けようという人も沢山いますが、そういう人たちと同社とを、一緒くたにを考えてはいけないと、改めて思いました。長嶋さんご自身が、同社を立ち上げる以前、不動産の世界で経験を積まれ、何が大切なのかをしっかりと見極められた結果なのだとわかります。

そういう意味で、会社というものは、何にこだわりを持ち、ビジネスの柱にしているのか、よく見ないと判断を間違えてしまうなと改めて感じました。良い意味で、長嶋さんに今回、こだわりの大切さを教えていただいたように思います。

2017/10/17 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

本多通信工業株式会社
代表取締役社長 佐谷 紳一郎さん

です。

----------------------------------------
2017年10月3日公開

本多通信工業株式会社
代表取締役社長 佐谷 紳一郎さん

100周年を見据え、新技術で製造業の進化を実現

通信用電子部品から自動車分野へ成長を続け、一部上場。
社是や体制も新たに「つなぐ」ことで価値を生み出すと共に、新技術を活用し新たな製造業の世界を創造する。

【主な内容】

1)社是も新たに、つながることで価値を生み出す企業へ
2)「丈夫で長持ち」25年前の商品が今売上ピークに
3)中期計画は6年間、自動車用カメラ分野で仕込み真っ只中
4)100周年を見据え「モノづくり」から「コトづくり」へ
5)半導体や電子部品の旧製品製造「やめないサービスの事業化」
6)「社員総活躍」で不公平感のない制度づくり
7)広い視野を持つ人、専門性の高い人の双方が会社を担う

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171003

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1932年に精密ねじ加工業として創業し、電気や光の回路をつなぐための電子部品であるコネクタの専業メーカーである本多通信工業株式会社。一部上場を果たした同社の社長である佐谷さんは、今回4度目のご出演です。

定期的にお会いしていると、会社も社長ご自身も成長されているのが、ひしひしと伝わってきます。やはり、リーダは常に考え続け、未来を見る。そして過去にこだわりすぎず、変化していく。同時に、変えてはいけないところは変えないということを、常日頃から取捨選択し続けていらっしゃるのだと、しみじみ感じました。

そして、いつも佐谷さんとお話しすると感じるのは、とても柔軟で素直でいらっしゃるということです。どんなことも一旦受け止め、必要なものがあれば変えていくということを続けられている、そんな方だと思います。

今回の対談を聴いていただけば、未来を見据えた会社のあり方を、どのように変えていくかのヒントを沢山知ることができると思います。同時に、過去の対談もぜひ聴いてみていただきたいです。経営者の方がどの様に成長していかれるのか、どの様にものを考えていかれるのか、とても参考になると思います。

2017/10/03 12:00