LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

明豊ファシリティワークス株式会社
代表取締役社長 大貫 美さん

です。

----------------------------------------
2017年11月21日公開

明豊ファシリティワークス株式会社
代表取締役社長 大貫 美さん

徹底的に可視化、顧客目線の建設発注マネジメント

建設案件の発注者に代わり、工事監理を行うコンストラクションマネジメント。
すべてのプロセスを見える化した「明朗経営」で時代が求める信頼を得る、注目企業。

【主な内容】

1)発注前から、第三者の目線で建設プロジェクトを管理
2)顧客が信頼できる、可視化された体制と仕組みづくり
3)数値目標は、評価制度の一部にすぎない
4)事前事後を全て記録、公的分野でも認められる独自サービス
5)独自の「マンアワーシステム」で働き方改革へ
6)徹底的な可視化「明朗経営」で時代の先を行く企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171121

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オフィス、ビル、校舎、駅舎など、各種施設のプロジェクトにおける 「コンストラクションマネジメント」および「プロジェクトマネジメント」サービス提供を行う明豊ファシリティワークス株式会社。1980年9月に設立された同社の現在の社長、大貫さんに今回お話を伺いました。

時代が、明豊ファシリティワークスの時代になってきた、という感じがします。元々、創業された現・会長の坂田さんが、「明朗経営」という言葉を掲げられ、何でも見える化し、後々、誰が何を質問されても説明ができる状態であることを、建設の世界で徹底するというサービスを立ち上げられました。現在、大貫さんが社長を引き継がれ、その徹底した見える化、説明責任を果たすためのサポートサービスを拡大されています。

最近では国や自治体からの依頼も増えてきているとのこと。これもやはり、背景には「説明責任」があるのだと思います。なんとなく今まで、わたし達は、自分たちの税金がどう使われているかに無関心な傾向にありましたが、その使いみ落ちを、世間も気にするようになってきたのだと思います。

そうでなければ、限られた財源を回せないのが現状であり、同社が行う、建設の様々な発注にかかわる見える化、説明可能な管理というものは、今後絶対的に必要で、ますますニーズが高まっていくと考えます。

公共だけではなく、株主に対する説明責任、従業員に対する説明責任が求められるようになりました。また、様々な組織内の不正も増えています。こうした不正も防いでいくためにも、いかに、あらゆるプロセスを見える化していくかということが、必然になってきているのだと思います。

そういう意味で、同社が社内でまず、どんな見える化をしているのかというお話も伺いました。とにかく、参考になることが満載の対談となりましたので、聴いていただけたら嬉しく思います。

2017/11/21 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社鴨川グランドホテル
代表取締役社長 鈴木 健史さん

です。

----------------------------------------
2017年11月14日公開

株式会社鴨川グランドホテル
代表取締役社長 鈴木 健史さん

旅館からホテルへ、変化を恐れず成長し続ける

「鴨川グランドホテル」などのホテル経営。
老舗旅館がリゾートホテルへ変化を遂げる中、
様々な課題を乗り越えたリーダーとしてのあるべき姿、成長へのヒントを聴いた。

【主な内容】

1)250年の歴史ある老舗旅館が、リゾートホテルに
2)社長を継ぐため、海外へ単身武者修行
3)経験が浅くとも、体当たりで崖っぷち店舗を立て直す
4)「扉を開く鍵は必ずある」経験や常識をはみ出す大切さ
5)倒産寸前、父の「価値観」「覚悟」を継承
6)「やればできる」苦労から逃げない社風へ
7)お客様の感性を満たす「わくわく」を生み出す取組みを

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171114

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

千葉県鴨川市の海岸に建つ「鴨川グランドホテル」をはじめとしたホテル経営を行う株式会社鴨川グランドホテル。前身は、江戸・宝暦年間に開業した旅館「吉田屋」で、250年以上の伝統を誇る同社の、現在の社長である鈴木さんにお話を伺いました。

江戸時代からある老舗である同社が、なぜ今リゾートホテルなのか、色々な歴史があり、旅館からホテルへと変化を遂げました。その大きな転換点をつくられたのが、鈴木さんのお父様でした。常に先を見て、業態を変え、経営の仕方を変化してこられました。

そのお父様の意思を継いだ鈴木さんも、さすが、お父様の血を継いでいらっしゃり、様々な課題を、直面する度に乗り越えてこられ、その学びのお話を今回ご披露いただきました。

そして、事業を継承していくということは、一体どういうことなのか、また、成長していくために何が必要なのか、生きる上でのヒントだけではなく、経営者として、リーダーとしてのあるべき姿を、色々な角度からお話くださり、非常に深い学びの機会となりました。

ホテル・旅館サービスにこだわらず、幅広くリーダーとして組織を任される人間になりたいと考えていらっしゃる方、また、そういう人を育てていきたいと思っていらっしゃる方に、ぜひ聴いていただきたい、そんな対談となりました。

2017/11/14 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

ライフスタイルアクセント株式会社
代表取締役 山田 敏夫さん

です。

----------------------------------------
2017年11月7日公開

ライフスタイルアクセント株式会社
代表取締役 山田 敏夫さん

日本の「ものづくり」を世界が誇るファッション・ブランドへ

ファッションブランド・ファクトリエを展開。
日本のものづくり工場が下請けでなく、ブランドとして成長するためのあらゆる支援を行う。
業界に変革を起こす注目企業。

【主な内容】

1)日本の「ものづくり」から世界一流の洋服ブランドを
2)「正しいと思えること」をし続けて至った起業
3)新しい世代のものの考え方、未来の見つめ方
4)電話帳で探し、直接足を運んで選ぶ、提携先・工場
5)下請けでなく、ブランドとしての成長をサポートする
6)本物に触れ知ってもらう場「出張ファクトリエ」
7)日本製の質の良いものを、全世界・全世代の人へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171107

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メイドインジャパンの工場直結ファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」を展開するライフスタイルアクセント株式会社。学生時代のフランス留学での経験がきっかけとなり、代表である山田さんが2012年1月に設立しました

ファッションブランドとは言っても、洋服、バッグから靴下まで、それぞれのものをつくっている工場の名前が「ブランド」となり、その様々なブランドが合わさった、ファッションブランド「ファクトリエ」と考えていただけたら良いと思います。

日本には、ファッションの世界でも、素晴らしいものづくりをされる会社が沢山ありますが、下請けで日の目を見ない会社、また、廃業していく会社などが増えている現状に対し、「このままではいけない」と、その素晴らしい技術をもっと独自のブランドとして適正な価格で、多くの人に買ってもらえるような場をつくりたいという想いでこの会社を立ち上げた山田さん。

今回の対談では、なぜその様な想いを抱くようになったか、また、そのビジネスのあり方を伺いました。同社のビジネスの考え方は、どの様に利益を上げるかという以前に、今ある課題や問題を解決した方が良いという、問題解決の方が先に立っており、まさに「社会起業家」という言葉が当てはまるものでした。

加えて、現在35歳の山田さんは、いわゆるミレニアル世代と呼ばれる世代ですが、この世代の人たちが、なぜ、ソーシャルな考え方をするのか、というお話も伺いました。新しい世代、若い世代が、新しい会社を立ち上げ始め、マーケットを変え始め、ライフスタイルも変え始めている。そういう変化を感じていただき、また、その人たちがどの様なことを考え、どの様な未来を見つめているのか、知っていただける対談になったのではないかと思います。

そういう意味では、40以上の方は、「こういう時代がやってきたのか」と、新しい風を感じていただき、40歳未満の方は、「自分もやろう」という気持ちになっていただけたら良いなと思います。

2017/11/07 12:00