LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

第一交通産業株式会社
代表取締役社長 田中 亮一郎さん

です。

----------------------------------------
2017年12月26日公開

第一交通産業株式会社
代表取締役社長 田中 亮一郎さん

北九州から全国へ。タクシー会社の発想転換

全国34都道府県に営業網を持つ交通事業・不動産関連事業。
過疎化の進む地域に寄り添い拡大を続け、交通事業を中心とした
新しいビジネスの生態系を生み出す注目企業。

【主な内容】

1)タクシー会社から不動産・病院まで多角経営企業へ
2)テレビ局勤務時代に得た、アイデアを形にする力
3)運転手のアイデアから生まれた「お墓参り代行」
4)路線バスの無い地域で、タクシーが「公共交通機関」へ
5)発想の転換、沖縄のバス事業がオフシーズンに北海道へ
6)スケールメリットを活かし、地域の根幹を担う存在へ
7)中国ディディとも提携、広げる第一交通ネットワーク
8)ローカルでもオールジャパンでも目的を達成する企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171226

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/239004
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タクシー・バス約9000台を保有し、福岡県を拠点に全国34都道府県に営業網を持つ交通事業や不動産関連事業などを行う第一交通産業株式会社。1960年、わずか5台のタクシーで事業をスタートした同社の二代目の社長である田中さんにお話を伺いました。

タクシーやバス、特に路線バスなどの交通手段は、少子化、高齢化、過疎化、人口減少の流れで、経営を続けていくのが難しというような話があり、私自身も、こういう業界はもう厳しい、ビジネスチャンスもつくりにくいのだという風に思っていました。同時に、これからUberなど入ってくる流れで、タクシー会社はどんどんビジネスをする機会が無くなってくるのではないかと思っていたのですが、まだまだビジネスチャンスがあるのだと、田中さんに教えていただき、私が、今まで既成概念の中で色んなことを考えていたのだと気づきました。

北九州市から始まった同社は、しっかりと地域に密着し、地域に住む一人一人の価値観を尊重しながらビジネスを広げ、その結果、今、全国にそのお仕事が広がり、且つ、タクシーという移動手段を中心にした新しいビジネスの生態系をつくっていらっしゃいます。また、働いている人たちも「やらされている」という感じではなく、働き甲斐を感じ働くことができる環境までつくっていらっしゃいます。

目から鱗が落ちるお話を、たくさん伺いました。「うちの業界は厳しいのではないか」「うちの地方は厳しいのではないか」と思っていらっしゃる方に、ぜひ、田中さんのお話を聴いていただきたいと思います。

2017/12/26 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社ユニラボ
代表取締役 栗山 規夫さん

です。

----------------------------------------
2017年12月19日公開

株式会社ユニラボ
代表取締役 栗山 規夫さん

あらゆるジャンルで、B to B受発注市場を変革

コンシェルジュがマッチングを支援する、進化した発注業者比較サイト「アイミツ」を運営。
ビジョン、ミッション、バリューにこだわり業界に変革をもたらす注目企業。

【主な内容】

1)100ジャンル6万社掲載、相見積のプラットフォーム
2)プッシュ型でなく、コンシェルジュが仲介しマッチング
3)一流企業で経験後「自分の成長」のため起業
4)一字一句、魂を込めたビジョン、ミッション、バリュー
5)「受発注を変革する」第2章、第3章を視野に
6)「アイミツ」を通し、お客様へサプライズと感動を

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171219

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/238958
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

B2B発注業者比較サイト「アイミツ」の運営を行う株式会社ユニラボ。三菱商事、DeNAで経験を積んだ栗山さんが、2012年10月に設立しました。

ウェブサイトを開くとパッと飛び込んでくる「受発注を変革するインフラを創る」という、とても素敵な覚悟にも感じるようなメッセージをお持ちの同社。お仕事の内容は聴いていただいた通り、様々な受発注の見積もり、相見積をとり、発注先を選ぶサポートをされています。なぜ、こういうマッチングのサイト、マーケットプレイスサイトをおつくりになったのかというお話を、対談で伺っています。

同社のウェブサイトを拝見し、とても気になったことは、一つ一つの言葉に、非常に力があるということ。最近、流行りとも言える「ビジョン」「ミッション」「バリュー」など、非常に練られた言葉が並んでいるという印象を持ちました。

ベンチャー企業で、まだ上場もされていませんが、この「ビジョン」「ミッション」「バリュー」に対するこだわりをどういう経緯でお持ちになったのか、そして、一体「ビジョン」をどういう風に定義していますか、「ミッション」とは、そもそも何ですか、という、そもそも論を、ぶつけてみたいと思う会社だったので、そのあたりまで伺っています。

そういう意味で、会社の成長の柱になる「ビジョン」「ミッション」「バリュー」というものが、一体いかなるもので、どの様に考え、つくっていき、どの様に会社に浸透していけば良いか、そういうヒントをいただけるお話でした。ぜひ聴いいただけたら嬉しいなと思います。

2017/12/19 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社テンポイノベーション
代表取締役社長 原 康雄さん

です。

----------------------------------------
2017年12月12日公開

株式会社テンポイノベーション
代表取締役社長 原 康雄さん

店舗の転貸借に特化し、業界の常識を変革

居抜き物件を中心とした店舗の賃貸事業。困難な時代を乗り越え、
強い営業部隊をつくりたいという想いを実現された原さんに、
同社の成長の秘訣「人づくり」を聴いた。

【主な内容】

1)安心・安全に、店舗物件に特化した不動産会社
2)13年の経験を可視化した100時間の教育プログラム
3)第1回目の新卒採用も、「人を育てる」ことを使命に
4)「強い営業部隊をつくりたい」幹部候補生として参画
5)「暗黒時代」の最中も、会社の未来を見据えてきた
6)社長就任後、本腰を入れ店舗物件に集中
7)全社員が学び続け、有言実行する強い組織
8)社員への想いと飲食業界に対する想いを社歌に

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171212

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/238957
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

居抜き物件を中心とした店舗の賃貸事業を行う株式会社テンポイノベーション。2005年4月に設立した同社へ営業として参画された現在の社長、原さんに今回お話を伺いました。

冒頭、聴いていただければ感じていただけると思いますが、とても勢いがあり、お元気な感じが伝わってきたと思います。営業をずっとやってこられた原さん。とにかく強い営業部隊を構築したいという思いで、同社の前身となる会社に転職され、貢献をしてこられ、約10年のご活躍後、社長に就任されました。

社長になられるまでの間、親会社が売却されたりと、様々なご苦労があったようですが、そんな中でも「自分が変わっていない」というお話をされ、強い営業部隊をつくっていくということを、考え続けていらっしゃいました。社長へ就任後、考えて続けてきたことを一気に具体化させ、あっという間に上場へ導かれた原さん。社長になられてからの業績の伸びも著しく、今後もとても伸びていく会社なのではないかと思います。

なぜ、同社が伸びていくのか、根拠になる部分は、まさに、原さんが会社の中でやっていらっしゃる色々な取り組みに依存します。中でも、一番の柱になるのは人づくり。どの様に人づくりをされているのか、そして、どの様にその事業を集約していかれたか、この辺りのお話を詳しく伺っています。ぜひ聴いていただき、同社の可能性を知っていただけたら良いかなと思います。

2017/12/12 12:14

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社メイプルシステムズ
代表取締役 望月 祐介さん

です。

----------------------------------------
2017年12月5日公開

株式会社メイプルシステムズ
代表取締役 望月 祐介さん

「逆張りの経営」で、ITの世界を変革する

エンジニアと案件を直接結ぶ企業間のマッチング「PRO-SESS」。
仲介企業なし、手数料が従来の5分の1に。
「逆張りの経営」で変革し、上場を目指す注目ベンチャー。

【主な内容】

1)実は無かったエンジニアのマッチングプラットフォーム
2)大手企業からの発注の中抜きをする「プロセス」
3)契約手数料が、従来の5分の1に
4)プラットフォームのメリットは即支払いの決済サービス
5)離職率100%、「メイプル出身」を誇れる企業へ
6)上場も視野に、これからも「逆張りの発想」で

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171205

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/238739
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エンジニアと案件とを直接結ぶ企業間のマッチングプラットフォーム「PRO-SESS(プロセス)」をはじめ、ITに関わる仕事を中心に一括請負や自社サービスを展開する株式会社メイプルシステムズ。社長である、ミレニアル世代の望月さんが2009年4月に設立しました。

今後、上場を目指す楽しみなベンチャーである同社。どの様なことを考えながら経営をし、どの様なビジネスを現在展開していらっしゃるのか、今回の対談で伺い、やはり、時代は変わってきているなというのを、しみじみ感じました。

自分の世代を軸にし、ものを考えてはいけないと思いますが、いかにして稼ぐか、いかにして他人の裏をかくか、そういう世界とはまったく無縁で、いかに弱い人たちや、現状を変えたいけど変えられず我慢してた人たちが幸せになるにはどうしたら良いか、そういう観点で様々なビジネスをつくっていらっしゃる印象を受けました。

「逆張りの経営」と仰る望月さん。その「逆」とは、どの立ち位置からの「逆」なのかと考えた時、やはり、今まで声を上げられなかった人や不利な立場に置かれていた人たちという、そういう視点での逆張りだとわかります。非常に新しく、聴いていて心地良いお話でした。そういう風に考えている会社が、どんどん売上が伸び、働く人が増えていくというのが、救いだなと思います。

お仕事の内容はIT系エンジニアのマッチングサービスなのですが、考えていること、行っていることが、とても平和的であり、且つ、様々な分野における次なるビジネスの参考になるのではないか、そんな気がしました。

収録ではお聴きしきれなかったこともありますが、実際には金融の仕組みなど、色々とつくっている同社。これからがとても楽しみな会社です。どんな風にこの事業を横に広げていかれるか、ぜひ注目していただきたい企業の一つだと思います。

2017/12/05 12:00