LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社イオレ
代表取締役社長 吉田 直人さん

です。

----------------------------------------
2018年3月27日公開

株式会社イオレ
代表取締役社長 吉田 直人さん

データ・顧客基盤を活かす「出会わない系サービス」

670万人・38万団体が利用するサークル活動の救世主「らくらく連絡網」。
ユーザーの要望を地道に実現し続け得たデータの強みを活かし、
幅広い年代に使われるネットサービス企業。

【主な内容】

1)ガラケー時代に口コミで拡大した「らくらく連絡網」
2)収益のために始めた、学生向けの人材情報サービス
3)ユーザーを持つ強みを活かした「らくらくアルバイト」
4)プライバシーを保った「出会わない系」サービスに需要
5)広告スペースの少なさを、データベース連携で解消
6)次なる打ち手は、シルバー世代とフィンテック分野開拓
7)地道にユーザーの要望を叶え続けたベテランベンチャー

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20180327

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://audiobook.jp/product/239589
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

670万人・38万団体が利用する、誰でも簡単に完全無料で使用できる連絡網(メーリングリスト)の「らくらく連絡網」をメインに運営する株式会社イオレ。様々なテクノロジーでスポーツを応援する会社をつくりたいと、吉田さんが2001年4月に設立しました。

この吉田さんをネットで検索すると、過去のご経歴がたくさん出てきます。いくつか会社を立ち上げるも会社が倒産したり、経営が順調な最中にがんを患ってしまったり、会社の不振から自己破産を経験したりと、大変なご苦労話が多々あり、どうしてもそのお話の方が、ネット上で注目されがちで、正直もったいないなと思っていました。

今、取り組んでいらっしゃるお仕事は、この様々なご苦労を経て生まれてきたお仕事で、「ガツガツ稼ぐ」ということではなく、社会に感謝をし、恩返しをしていく、そういう社会貢献を目指した会社にしたいと、スタートしたそうです。創業以来17年間、なかなか儲からない時期もありましたが、地道に進み、上場を果たされました。

今の時代にぴったりで、今後の楽しみな同社のサービスは、ユーザーさんと一緒につくってきた心のこもったサービスであると言えます。今後この「らくらく連絡網」をコアに、色々なお稽古の仲間、クラブの仲間、サークルの仲間、クラスの仲間、そういう人たちの連絡網をスタートポイントとして、様々なサービスが、これから横展で繋がっていくと思います。

同社のサービスがどの様に広がっていくのかが、とても楽しみですし、集まった人々のデータベースが、このビッグデータ時代に、また新たなビジネスチャンスにも繋がっていくことと思います。

2018/03/27 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社みらいワークス
代表取締役社長 岡本 祥治さん

です。

----------------------------------------
2018年3月20日公開

株式会社みらいワークス
代表取締役社長 岡本 祥治さん

プロ人材が活躍するためのエコシステムを構築

日本最大級のビジネスマッチングサービス「Freeconsultant.jp」を運営。
プロフェッショナル人材が多様な働き方で活躍する場を創造する、日本の未来を担う注目企業。

【主な内容】

1)経営理念に賛同してくれる人とだけ働きたい
2)プロフェッショナルに特化した人材マッチングサービス
3)起業の苦労を経験し、優秀な個人を守る仕組みづくりを
4)転職だけでなく、独立、兼業すべての働き方をサポート
5)プロフェッショナル人材が挑戦するエコシステム
6)プロ人材が、独立したらみらいワークス

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20180320

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://audiobook.jp/product/239559
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コンサルタントの登録者数として日本最大級の規模である、プロフェッショナル人材マッチングサービス「Freeconsultant.jp」を運営する株式会社みらいワークス。自身も起業の苦労を経験し、優秀な個人を守る仕組みをつくりたいと、岡本さんが2012年3月に設立しました。

こういう会社、あるようで無かったなと思います。働く人全般に向けた転職サービスや、非正規雇用のマッチングサービスは、よく目にしますが、プロフェッショナルにこだわり支援するという発想は、色々な意味で、とても大事だと思いました。

これからは、個の時代だと言われ、兼業、副業、様々な働き方が語られる中、結局そういう多様な働き方ができる人たちというのは、プロフェッショナルなのだと思います。やりきることができる人、自分の仕事に責任が取れる人、そういう人たちが、多様な働き方を実現できる人たちだと思います。こうしたプロにこだわり新たな働き方を開発していく、そして、そういう文化をつくっていくことを、まず先頭に立って行う同社の存在は、とても重要であると思います。

このみらいワークスが行っていることや、多様な働き方を実現している方を見つめながら、より多くの人がプロフェッショナルを目指すという世界が、この日本に広がってくれば、日本はすごく強い国になると思いますし、「生きててよかった」「働くことが楽しい」と思える国になっていくのではないかなと思います。どの様な成長をしていかれるか、今後のみらいワークスに注目していただきたいと思います。

2018/03/20 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

クックビズ株式会社
代表取締役社長CEO 藪ノ 賢次さん

です。

----------------------------------------
2018年3月13日公開

クックビズ株式会社
代表取締役社長CEO 藪ノ 賢次さん

人を基点に、フード業界にイノベーションを起こす

飲食・フード産業に特化した人材サービス。
食産業の課題に着目し、ブルーオーシャンであった市場にイノベーションを起こす。
日本のお家芸・食の可能性を最大化する注目企業の次の一手とは。

【主な内容】

1)唯一のブルーオーシャン・飲食業界に着目
2)エージェント、スカウト、マッチングの3つで転職支援
3)すべてのレイヤーで、一貫してサポートできる体制を構築
4)研修サービス「フーカレ」で採用後の定着率UPへ
5)食を通じあらゆる人が繋がるSNS「Foodion」
6)真似できない、トップ・プロが集う一大ネットワークへ
7)多様性と成長意欲で、フード業界に変革を起こす人材育成
8)国内シェアを拡大しながら、海外へも挑戦
9)個の時代に、飲食にかかわる人を基点に成長を実現

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20180313

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://audiobook.jp/product/239425
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

主に飲食に特化した、人材紹介事業と求人広告事業の2軸でサービスを展開するクックビズ株式会社。「フード業界を人気業界へ」という強い想いから、藪ノさんが2007年12月に設立しました。

飲食に特化した事業を行う同社のビジョンは「飲食業界を人気業界にする」こと。人材ビジネスを中核に、事業を大きくしていくということではなく、この飲食という業界の課題を解決していくということが、同社が本来目指していることです。会社概要をパッと見るだけでは、人材関連の会社に見える同社ですが、たまたま、始まりが人材だったというイメージで捉えた方が良いのだなと感じました。

大学卒業後は就職をせずに、少し自分探しをする過程から起業をされた薮ノさん。常に、世の中の変化、色々な方のアドバイスや、自分自身の五感を使って得てきたものを、ビジネスの形にしてこられました。

この飲食の世界で、まず求人関係の仕事を立ち上げることは、「マーケットはあるかもしれないけど、儲からない」と思われ手を出されなかった部分に、自ら入っていかれた薮ノさん。それは、現場を見て、現場の声を聴いて、五感でこの業界で自分のやるべきことがあるという確信を持たれたところから始まっているのだと思います。

この人材から事業を拡げていかれているお話を今回伺いました。どの様に拡げていくのか、このやり方もやはり、様々な情報、様々な人と触れ合いながら、自らつくっていらっしゃるお姿が、とても刺激的で勉強になりました。

既にあるものから学ぼうと、どうしても思いがちですが、そうではない、現場にヒントを見出し、ゼロを1にしていくことをやり遂げられている藪ノさんのお話、ヒントをたくさん伺いましたので、ぜひ聴いていただけたらと思います。

2018/03/13 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社エムビーエス
代表取締役社長 山本 貴士さん

です。

----------------------------------------
2018年3月6日公開

株式会社エムビーエス
代表取締役社長 山本 貴士さん

独自技術で、安心・安全の「列島リフォーム」を

住宅やビルのリフォーム、鉄道や高速道路のコンクリート構造物などのインフラ整備。
特許技術を持ち、独自のビジネスモデルで業界の常識を覆す同社が成長を遂げた軌跡を聴いた。

【主な内容】

1)生まれ育った山口県で、足場業の請負会社・社長に
2)お客様の声をヒントに、塗装の研究開発を独自で
3)資金難でも挑戦を続け、社員をびっくりさせる社長
4)目視点検できる独自の仕組みで、国のインフラを担う
5)建設業の価値観を塗り替える「列島リフォーム」
6)JICAの案件調査から、タイのインフラをも担う
7)社員が主役になる、「ドラマ化される会社」に

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20180306

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建物の内装や外装のリフォーム全般、コンクリート構造物の防災コーティング、特殊塗料の開発、家や店舗などの建築工事などを行う株式会社エムビーエス。元々は建設現場などの足場業を個人でスタートさせ、1997年6月に設立した山本さん。

まず、山本さんご自身の人生に感動しました。人は、こんな風に進化していくのだと、ああ素敵だなと思いながら、お話を伺いました。ビジネス自体も素晴らしく、重要なお仕事であり、将来性も大変大きく、これからまさに世界にとって大切な役割を担われる、お仕事になるのだと実感しました。

お仕事の内容は、外装のリフォーム、コンクリートなどの補強、メンテナンスなどですが、ある意味、この地球上で生きる人たちに、安心・安全を届けるというお仕事です。なぜこの事業を始めるに至ったのか、子供の頃からのお話も伺い、どうやって、このビジネスに進化してきたのかというお話も伺っています。

普通に生きているとなかなかできないような、大変なご苦労をされ、自ら大変なところに飛び込み、チャレンジしていく力をお持ちの山本さん。その過程で、源泉となるような想いが、社会に対するリベンジのような想いから、今は社会に対する愛とも言える思いへ変わっていき、人間の魂が進化していく様子と事業が大きくなっていく様子、そういうものを、まざまざと感じさせていただいた気がします。

山本さんのように、ご自身も会社も大きくなっていけたら、こんな素敵なことはないな、そして、そういう人とともに働くと、一緒に働く人たちもきっと幸せになっていけるだろうなと感じました。ぜひ、山本さんのお話を多くの方に聴いていただけたらと思います。

2018/03/06 12:00