LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社メドレックス
代表取締役社長 松村 米浩さん

です。

----------------------------------------
2018年6月19日公開

株式会社メドレックス
代表取締役社長 松村 米浩さん

貼り薬という新たな医療デバイスを生み出す創薬ベンチャー

本社を香川県に置き、貼り薬を柱に新たな付加価値を持つ医薬品を生み出す創薬ベンチャー。
投薬の方法に新たな一石を投じ、社会の役に立つデバイスを開発。世界を市場にする注目企業。

【主な内容】

1)服用する人に負担が少ない「貼り薬」を開発
2)成長率も規模も最大の米国で、4つの薬を開発
3)本社は香川。創業以来、資金調達も日本で
4)開発と提携のタイミングを計り、資金を確保
5)父の事業に参画し、共に「1を100にする」ステージを担う
6)貼り薬の進化版「マイクロニードル」を自社工場で生産
7)黒字まで遠い創薬ベンチャーの経営者の心境

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20180619

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イオン液体を利用した独自の経皮吸収型製剤技術を中心とした医薬品製剤技術により、新たな付加価値を持った医薬品を生み出す創薬企業である株式会社メドレックス。今回お話をお伺いした現・社長の松村さんのお父様が、2002年1月に設立しました。

創薬ベンチャーであるメドレックス。よくある創薬ベンチャーのイメージは、ある病気があって、その病気を治す新しい薬をつくるというイメージが多いかと思います。同社の場合、ある病気というのではなく、薬の投与の仕方というのを新たに開発されている、デバイスをつくっているベンチャーです。

同社が開発している方法を使えば、色んなお薬を通常とは違った形で、皮膚を通して投与することができることになります。身体への負担が減るなど、良いことがたくさんあります。ただ、やはりそれでも薬なので、世に出るまでには10年以上かかるそうです。創業以来、まだ赤字ではいらっしゃるのですが様々な挑戦をされています。

今後、とても楽しみだなと思うのは、同社が最近さらに力を入れているデバイスのひとつ、投与の仕方のひとつの貼り薬。これができれば、世の中から注射というものがなくなるかもしれないという、そんな大きな取り組みです。しかし、本当にそれが注射に置き換わるか、まだイメージできない人が、世の中には多いですし、信じることができないので、自社では開発していない企業も多い中、このメドレックスは、リスクを取りながら新たな一歩を踏み出されています。

船を引っ張る、小さなボートであるタグボート。そういう「世の中にとってのタグボートの役割になりたい」と仰る松村さん。創業後16年経ち、社会の大きな役に立つ、歴史を変えるような創薬ベンチャーとして、引き続き前を見つめ、走り続けていらっしゃるそのお姿、そして、そうやって走り続けるためにどんなことされているのか、そのあたりを伺っています。ぜひ聴いていただき、多くの方が応援してくださったら良いなと、そんな風に思う会社です。

2018/06/19 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社龍角散
代表取締役社長 藤井 隆太さん

です。

----------------------------------------
2018年6月12日公開

株式会社龍角散
代表取締役社長 藤井 隆太さん

オンリーワンの市場をつくった龍角散

「龍角散」や「らくらく服薬ゼリー」などの医薬品・食品の製造販売。
倒産寸前で8代目社長に就任した藤井さん。
音楽家ならではの視点と時代を見据えた独自戦略で、再起を実現。その軌跡とは。

【主な内容】

1)倒産寸前で社長就任、長所を活かして時代に合う龍角散へ
2)喉の専門メーカーとして、新たに市場をつくる
3)棚ぼたでない、戦略的につくったインバウンド需要
4)オンリーワンで、得意なことに徹底したプル戦略
5)音楽家と経営者の共通点は、オンリーワンの存在意義
6)消費者のための問題提起。原点は「人助けのため」
7)論理性と対話力を併せ持つ音楽家の強みをビジネスへ
8)生命関連企業としてまず一番にお客様の声に耳を傾ける
9)現場の情報を徹底的に調べ、現状を改善する

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20180612

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

医薬品・食品の製造販売業を行う株式会社龍角散。伝統薬である龍角散は1797年に作られ、1871年に創業されました。1995年に8代目社長として就任した藤井さんにお話を伺いました。

皆さんご存知の龍角散。200年以上の歴史がある中、会社の経営が大変になった時に着任された藤井さん。実は音楽家でもある藤井さん、大学は桐の桐朋と言われる、桐朋学園をご卒業で、フルートの奏者でもいらっしゃいます。プロのフルート奏者である一方、同社のご親族のお一人ということで、お父様の後を継いで30代の時、社長になられた藤井さん。

ずっと音楽の勉強をしてきた藤井さんが、サラリーマンの経験があるとはいえ、こういう会社の経営をなさる、しかも、会社が傾いた中で再生をし、そして伸ばしていくことへ、音楽家としての経験がどの様に繋がるのだろうか、また、昔ながらの生薬の様なお薬を柱に持っている同社が、どうやって今の時代に合う形に進化されてきたのかなど、とても興味のあるお話を色々伺いました。

東京の東神田にある龍角散。藤井さんのお話は、本当に江戸っ子という感じで、スピード感ある話ぷりが心地よく、さすが音楽家でいらっしゃるので、リズム感というか、心地よく楽しく聴くことができるお話です。そのリズムにも酔いしれながら、会社を続けること、会社を再生すること、そして音楽と経営、音楽とビジネスとの共通点など、ぜひこの対話の中から見出していただけたら嬉しく思います。

2018/06/12 12:00

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社すららネット
代表取締役社長 湯野川 孝彦さん

です。

----------------------------------------
2018年6月5日公開

株式会社すららネット
代表取締役社長 湯野川 孝彦さん

世界中の子どもへ、教育格差をなくすe-ラーニングを

小中高の英語・数学・国語のe-ラーニング・サービス。
学習障害や発達障害を持つ子どもや発展途上国などでも、
究極の個別指導を可能とする独自のコンテンツで、教育を変革する注目企業。

【主な内容】

1)社内事業で立ち上げた子供向けe-ラーニングをMBO
2)様々な専門家でつくったインタラクティブなコンテンツ
3)究極の個別指導へシフト、先生はモチベーターの役割
4)学習障害へも、個人で利用できるコーチ付のサービス
5)途上国でサービスをローカライズ、学力アップへ貢献
6)国内も海外も、教育を軸にSDGsに貢献する企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20180605

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

e-ラーニングによる教育サービスの提供および運用コンサルティングを行う株式会社すららネット。元々、ベンチャー・リンクでひとつの事業としてスタートし、湯野川さんがMBOする形で2008年8月に設立した会社です。

教育弱者と呼ばれる、社会的に置き去りにされがちな人たちに対して、救いの手を差し伸べ、かつそれがビジネスになるという取り組みに、とてもわくわくしながらお話を伺いました。

学習障害や発達障害、最近では世帯収入と教育のレベルが相関すると言われています。学習を受けることが難しい子供たちに対し、本当は教育をもっと手厚くしていかなければいけないけれども、ビジネスにしようと思うと、なかなか儲かりにくいという現実がある中で、きちんと収益化され、上場まで果たしていらっしゃるというのは、素晴らしいことだと思います。

また、海外にもこのビジネスを輸出し、実際に学力が上がるという事例が出てきているとのこと。世の中、e-ラーニングブームというか、e-ラーニングが勢いよく広がっている今、新しいセグメントでこの部分に注力され事業を伸ばしている湯野川さんのお考えや、事業展開の手法など、何を聴いていても「なるほど」と思うばかりでした。

湯野川さんのビジネスの立ち上げ方や広げ方を学んでいただき、同時に、何か一緒にできるのではないかというアイデアがある皆さんにはぜひ、アプローチをしていただけたらと思います。

一方で、ご自身のお子さんが、なんだか少し学校でついていけていない感じがするなという方には、小中高までサービスがあるそうです。ぜひ個人でも契約できるので、使ってみていただければ良いのではないかなと思います。

2018/06/05 12:00