LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

マルサンアイ株式会社
代表取締役社長 渡辺 邦康さん

です。

----------------------------------------
2018年2月6日公開

マルサンアイ株式会社
代表取締役社長 渡辺 邦康さん

大豆の可能性に挑戦する、業界の革命児

創業66年、業界では「新参者」の、みそ・豆乳事業を持つ食品メーカー。
時代に合わせ次々と業界初を達成。
大豆の可能性を広げ、健康な生活基盤を担う注目企業。

【主な内容】

1)次々と業界初を達成した、みそメーカーの「新参者」
2)すべての人が「関わって良かった」と思える会社に
3)タニタカフェとのコラボも、時代に合う豆乳を
4)4年の開発期間を経て、新たな「みそシーン」をつくる
5)「豆乳グルト」をはじめ、大豆の可能性を広げる挑戦を
6)豆乳で培ったノウハウを活かし、生活基盤を担う企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20180206

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/239148
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みそや豆乳、飲料等の食品メーカーであるマルサンアイ株式会社。1952年3月に「岡崎醸造株式会社」として設立された同社が、みそ事業に加え豆乳事業に参入した1980年に新入社員であった、現・社長の渡辺さんにお話を伺いました。

「マルサンアイの豆乳を飲んでいる」という方、多いのではないかと思います。私もそんな一人で、どんな会社なのか興味深く、今回お話を伺い、驚きの連続でした。66年前に創業された味噌業界では、新参者の会社だと仰っていた渡辺さん。その一方で、どんどん新しいことに挑戦する社風を66年間持ち続け、様々なみその商品、豆乳の商品の日本初というのが、実は同社がなさったというお話を、いくつも伺いました。

みそは、日本のソウルフードの材料ですが、今後、どんどん消費が減っていく中、どうされるのかなと思っていたのですが、聴けば聴くほど、やはり新しいことに挑戦するという、その流れの中で、様々な能性を考えていらっしゃるのだと感じました。

そして、その可能性を考える中で、とても大切にされている創業の精神が、これまた、「なるほど。これがあるから、新しいものが生まれ、そして世に認められ受け入れられていくのだな。」というのを、納得しながら、聴かせていただきました。

そういう意味では、「昔ながらのものをつくっていて、大変だ。」という会社が、たくさんあると思いますが、いやいや、逆に大きな可能性があるのだということ、この渡辺さんのお話を聴いていただくと、感じていただけるんじゃないかなと思います。

2018/02/06 12:00