LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社イード
代表取締役 宮川 洋さん

です。

----------------------------------------
2015年11月24日公開

株式会社イード
代表取締役 宮川 洋さん

多様な分野の専門家が集い、各分野No1サイトへ

休刊したサイトを買収し、プラットフォームを一本化し、効率的かつ質の高いサイトへと再生。
19分野40サイトの運営を軸にメディア事業を展開。
すべての人へ「最高のユーザー体験」提供を理念とするビジネスモデル、成長への戦略とは。

【主な内容】
1)休刊コンテンツを引継ぎ再生。40サイトを運営
2)多様なジャンルでも、プラットフォームはひとつに
3)サイト買収基準は、専門性。専門家が集まる職場に
4)ニュースを核に全体シナジーのあるビジネスモデルへ
5)100年後も永続する、お客様を想う心
6)2020年に100サイト、専門家が集う梁山泊へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20151124

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/product/228641
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IT、自動車、教育、映画、ゲーム、アニメなど各分野に特化した19ジャンル、約40のサイトを運営するメディア事業を軸に、マーケティングリサーチ事業、ITを中心としたeコマース事業を展開する株式会社イード。100年後も変わらず、すべての人に最高の「ユーザー体験」を提供することを目標とする宮川さんが、2000年4月に設立しました。

宮川さんにお会いする前に、素朴に感じた疑問は、2つ。なぜ、19ジャンル、約40サイトもの数多くのサイトを運営されているのか。そして、株主の多くが大手企業であり、ご自身の持株比率もそれほど多くない。なぜ、創業以来、解任されることなく社長であり続けることができるのか。そんな疑問に暖かく答えてくださった宮川さん。ご自身が描くビジネスモデルや宮川さんの魅力や能力について、根掘り葉掘りうかがいました。

宮川さんの原点は、かつて、株式会社アスキーで出版事業を経験されたこと。当時、感じたこと、大切にしていたこと、気になっていたことが、このサイト運営やビジネスモデルをつくる上で、すべて貫かれているそうです。

経営者として信頼され、この人にぜひ経営をやってもらいたいと思われる人になるには、何が必要か、ぜひ宮川さんのお話を聴いていただき、見つけていただきたいと思います。また、このイードという会社そのものが、様々なサイトをまとめあげ、今後どんな展望を描かれているのかをうかがいましたので、ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

2015/11/24 12:05