LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社イトーキ
代表取締役社長 平井 嘉朗さん

です。

----------------------------------------
2017年2月28日公開

株式会社イトーキ
代表取締役社長 平井 嘉朗さん

オフィス空間から新たな価値を、企業進化を担う老舗企業

オフィスを従業員の働き方改革や
新たな知恵が生まれるオープンイノベーションの場と捉え、提案し続ける同社。
創業以来続く好奇心経営の真髄を聞いた。

【主な内容】

1)創業126年の12代目社長、受け継がれる「好奇心」
2)新しいモノやコトが生まれる場「SYNQA」
3)オープンイノベーションから生まれた「Workcise」とは
4)オフィスをコストからイノベーション投資へ
5)公共・自治体との連携:眠っていた特許が社会貢献に
6)「CSW」事業で、志を立て課題解決を担う人材を支援

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170228

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/236184
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オフィス家具などの幅広い製品づくりから、オフィス空間をはじめ、公共施設や教育施設など、人を取り巻く様々な環境の空間プロデュースを手掛ける株式会社イトーキ。創業は、1890年。誰もが知る同社に、2015年3月、12代目の社長として就任された平井さんにお話を聞きました。

今回のお話のキーワードは「オープンイノベーション」。世の中が変わっていく中で、オフィス空間をどう変えていくのか。様々な角度からお客様に提案をする企業に進化している同社。新しいオフィスのあり方や働き方など、新たなアイデアや知恵を、オープンな形で生み出し続けていらっしゃいます。その具体的な取組みも、色々と教えていただきました。

これから科学技術やIT、こういったものがどんどん進化していくと、人間にしか出来ないことというのが非常に大事になってくると思います。その人間にしか出来ない能力をどう開花させていくかという時、一人ひとりの努力はもちろん、環境がとても大事になると感じています。目に見えるもの、自分が日々過ごす場所や空間が、人間の感性や発想力、そういうものに大きな影響を与えていくのだと確信しました。

「環境が意識を規定する」という言葉もありますが、まさに、それをつくるイトーキのお仕事。我々の、意識の進化のカギを握る企業として、これからどのように、さらなる進化をしていかれるのか、とても楽しみです。そして何よりも、平井さんのお話を聴き、私自身わくわくしました。この「わくわく」が同社の原動力であるのだろうと、そんな風に感じた対談でした。

2017/02/28 12:00