LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社鎌倉新書
代表取締役社長 清水 祐孝さん

です。

----------------------------------------
2017年6月27日公開

株式会社鎌倉新書
代表取締役社長 清水 祐孝さん

人生のエンディングに寄り添う、総合情報サービス

出版社から「いい葬儀」「いい仏壇」「いいお墓」などのポータルサイト運営会社に転身。「終活」だけで終わらない、より良い人生を支援をする注目企業。

【主な内容】

1)父の跡を継ぎ社長へ、買掛金削減が生んだ新事業
2)出版社から、インターネットの情報加工ビジネスへ
3)常にユーザー視点で、人生のエンディングの総合情報サービス
4)情報の範囲を拡げ、新たなビジネスへ更に繋げる
5)苦境を乗り越え「ありがとうをたくさん集める」会社へ
6)終活をきっかけに、より良い人生の再スタートを応援

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170627

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/236995
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ポータルサイト「いい葬儀」「いい仏壇」「いいお墓」の運営を中心に、 書籍刊行やWEB関連の制作、セミナーなどの事業を行う株式会社鎌倉新書。1984年4月、現在の社長である清水さんのお父様が設立した会社です。

元々は、仏教関係の出版社であった同社に、4年間の証券会社勤務の後、参画し、会社を大きく進化させてこられた清水さん。現在は、人生のエンディングに関わる、あらゆる情報を、ポータルサイトを通じて提供されています。

打ち合わせの際にお伺いしたのが、「普通、家といえば、生きている間に住む家を探します。そして、色々な家探しのポータルサイトがあります。しかし、我々は、生きて、さらに人生が終わった後も生きていく場所というか、住む場所を探すポータルサイトでもあるんですよ。」と仰っていた清水さん。

これから、高齢化社会、そして、ITがどんどん進化していく中で、生きるということ、命、人生、人とは何か、など、あらためて考えさせられる時代になっていくと思います。そんな中、実は、同社のお仕事は、単なる終活に関わる情報提供というものを超え、一人ひとりが、より良く生きるための様々な情報やきっかけづくりを提供する会社になるのではないかと、感じました。

伺ったお仕事の内容はとてもわかりやすく、今の時代に合ったものですが、未来を見据えた時、この鎌倉新書の存在意義や役割というのが、さらに重要になっていくような、そんな気がした対談となりました。

2017/06/27 12:00