LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

大成温調株式会社
代表取締役社長 水谷 憲一さん

です。

----------------------------------------
2017年7月25日公開

大成温調株式会社
代表取締役社長 水谷 憲一さん

より快適な環境を「人財」が生む付加価値で実現

建物の空調、給排水、電気設備などの設計・施工管理。創業75年を超え、社員のさらなる能力向上を目指し独自の「人財育成」を基に、世界を視野に成長を続ける。

【主な内容】

1)住環境、生産環境を快適にする空調・給排水システム
2)既存の建物を環境考慮型にリニューアル
3)人への投資を数字で見える化した「人財経営」
4)研修システムや福利厚生など、人事制度の抜本的改革
5)日本で一からスキルを習得、独立前提の外国人採用
6)新会社で活躍する、経験豊富な65歳以上の人財
7)次世代へ、2045年を見据えた長期成長戦略
8)景気に左右されない磐石な経営で、さらなる海外進出を

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170725

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/237249
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建物の空調、給排水、電気設備などの設計・施工管理を行う大成温調株式会社。社長である水谷さんのおじい様が、1952年12月に設立した会社です。

環境配慮型の取り組みは、まさに時代にあった内容で、職場環境や住環境がデジタル化・IT化され、コントロールされる時代になり、まさに、その個別のコンサルティングと施工をし、益々お仕事を増やすであろう同社。

お客様を個別に対応し、人の能力をどれほど高められるか、磨けるかというところが、会社の強みそのものになりますが、水谷さんが社長に就任される前から、一人一人の付加価値をどの様に上げ、どの様に能力を上げていくかを会社の柱にし、「人財経営」を掲げながら様々な施策を打たれています。

その施策を、詳しく一つ一つ教えていただきました。また、施策やモットーだけを言っても、社員には成果として上がっているのかどうか、実際にそれがピンと来ない中、きちんと数字・KPIを設定し、そこに合わせ仕事の成果を見える化していくということへも、取り組んでいます。

そういう意味で、これから、人の能力をどの様に高めていくか考えている方にとって、非常に、具体的なヒントになるお話を伺えました。ぜひ参考にしていただきたいと思います。

2017/07/25 12:00