LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

アスモ少額短期保険株式会社
代表取締役社長 飛田 浩志さん

です。

----------------------------------------
2017年8月1日公開

アスモ少額短期保険株式会社
代表取締役社長 飛田 浩志さん

「少額短期保険」で、保険業界にイノベーション

規制緩和で生まれた生命保険、少額短期保険会社。医療保険、介護保険等を提供する生損保の壁を超え、保険業界にイノベーションを起こす。

【主な内容】

1)生保も損保にも、少額で短期の掛け捨て保険
2)親会社との相乗効果、シニア向けの今まで無かった保険
3)商品化に2年、アイデアが保険になるまで
4)より良い世の中を、同性パートナーでも受け取れる保険
5)保険業界に新しい風、挑戦を続けるベンチャーに
6)シニアビジネスに特化し拡大を目指し、世に貢献する

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170801

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

生命保険、医療保険、介護保険等を提供する少額短期保険会社である、アスモ少額短期保険株式会社は2007年3月に設立された会社です。長年、保険業界で経験を積んできた現在の社長である飛田さんに、お話を伺いました。

そもそもあまり聞き慣れない「少額短期保険」という言葉ですが、それが何であるか、基本的なところから教えていただきました。やはり、生命保険にしても損害保険にしても、巨大化し、なかなかイノベーションを起こしにくい分野である中、ベンチャーで保険のビジネスとして立ち上げ、窓が開いたという感じがしました。

今までは、どちらかと言えば、規制業種であり、各社、横並びで前に進んでいた保険業界に、多少の制約はあれど、新しい風を吹かせ、新しい商品をつくることができるというチャンスがやってきた、そんな感じがします。

そんな中、親会社自体がシニアビジネス、介護などの専門会社でもある同社。親会社とのコラボにより、保険の世界にまた新しいチャンスを生み出していかれていくのだと、確信しました。

そういう意味では、成熟した市場だと思っていた保険業界というのが、もしかしたら、また新しいイノベーションの起こる世界に変わるのではないか、そんなヒントを沢山いただいた対話となりました。

2017/08/01 12:00