LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社フレンバシー
代表取締役 播 太樹さん

です。

----------------------------------------
2017年9月5日公開

株式会社フレンバシー
代表取締役 播 太樹さん

日本に、誰もが食を楽しむことができる文化を

『食の制限』に特化したレストランガイドVegewelを運営。
外国人も日本で食を楽しむことができる文化づくりを担うベンチャー。
上場を目指し着実に歩む沿革を聴いた。

【主な内容】

1)外国人の不自由を無くすため「食の制限」に挑戦
2)送客が強みのインバウンド対応コンサルティング
3)特定の主義主張を持たず、ただ困っている人を助けたい
4)銀行員を経て起業、常にかっこいいと思えることに挑戦
5)上場も視野に、事業経験のあるエンジェルとの出会い
6)誰もが食事を楽しめる文化づくりを担う企業へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20170905

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/237477
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『食の制限』に特化したレストランガイドVegewelの運営をはじめ、飲食店や宿泊施設などへインバウンド集客・対応コンサルティングを行う株式会社フレンバシー。日本に滞在する外国人の不自由をなくしたいという想いを胸に、社長である播さんが2015年2月に設立しました。

起業から2年、現在、主力となるサービスを立ち上げ、半年が経つ同社。想いを持って起業し、どんなビジネスをコアにしていこうか、考え続けようやくビジネスの形が見え始めたところだと思います。

ベンチャーというと、最初は大きな夢を持ち立ち上げ始めるのですが、持続可能な形にしていくには、具体的にどうすれば良いか、もがく期間もあると思います。播さんのお話を伺い、それをようやく抜け出したという印象を受けました。

お仕事の内容は「食の制限」に特化したレストランガイド「Vegewel」の運営を中心にする同社。自分も起業してみたいなという方にとって、起業の初期というのはどの様に考えどの様に動いていくべきなか、また、どの様な環境が待っているかなんていうことも、とても参考になると思います。

何より、このお仕事自体が、今後日本にとって、非常に大事なお仕事で、競合があるようで、なかなか他は出来ていないという分野でもあると思います。ビジネスの中身も楽しみな、今後楽しみな同社、これから起業しようと思う方にも大変学びの多い対話になったのではないかなと思います。

2017/09/05 12:00