LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

ライフスタイルアクセント株式会社
代表取締役 山田 敏夫さん

です。

----------------------------------------
2017年11月7日公開

ライフスタイルアクセント株式会社
代表取締役 山田 敏夫さん

日本の「ものづくり」を世界が誇るファッション・ブランドへ

ファッションブランド・ファクトリエを展開。
日本のものづくり工場が下請けでなく、ブランドとして成長するためのあらゆる支援を行う。
業界に変革を起こす注目企業。

【主な内容】

1)日本の「ものづくり」から世界一流の洋服ブランドを
2)「正しいと思えること」をし続けて至った起業
3)新しい世代のものの考え方、未来の見つめ方
4)電話帳で探し、直接足を運んで選ぶ、提携先・工場
5)下請けでなく、ブランドとしての成長をサポートする
6)本物に触れ知ってもらう場「出張ファクトリエ」
7)日本製の質の良いものを、全世界・全世代の人へ

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20171107

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ http://www.febe.jp/podcast/sophiabank
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メイドインジャパンの工場直結ファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」を展開するライフスタイルアクセント株式会社。学生時代のフランス留学での経験がきっかけとなり、代表である山田さんが2012年1月に設立しました

ファッションブランドとは言っても、洋服、バッグから靴下まで、それぞれのものをつくっている工場の名前が「ブランド」となり、その様々なブランドが合わさった、ファッションブランド「ファクトリエ」と考えていただけたら良いと思います。

日本には、ファッションの世界でも、素晴らしいものづくりをされる会社が沢山ありますが、下請けで日の目を見ない会社、また、廃業していく会社などが増えている現状に対し、「このままではいけない」と、その素晴らしい技術をもっと独自のブランドとして適正な価格で、多くの人に買ってもらえるような場をつくりたいという想いでこの会社を立ち上げた山田さん。

今回の対談では、なぜその様な想いを抱くようになったか、また、そのビジネスのあり方を伺いました。同社のビジネスの考え方は、どの様に利益を上げるかという以前に、今ある課題や問題を解決した方が良いという、問題解決の方が先に立っており、まさに「社会起業家」という言葉が当てはまるものでした。

加えて、現在35歳の山田さんは、いわゆるミレニアル世代と呼ばれる世代ですが、この世代の人たちが、なぜ、ソーシャルな考え方をするのか、というお話も伺いました。新しい世代、若い世代が、新しい会社を立ち上げ始め、マーケットを変え始め、ライフスタイルも変え始めている。そういう変化を感じていただき、また、その人たちがどの様なことを考え、どの様な未来を見つめているのか、知っていただける対談になったのではないかと思います。

そういう意味では、40以上の方は、「こういう時代がやってきたのか」と、新しい風を感じていただき、40歳未満の方は、「自分もやろう」という気持ちになっていただけたら良いなと思います。

2017/11/07 12:00