LEADERS

毎週火曜日に公開のインターネット・ラジオ『藤沢久美の社長Talk』

今週のゲストは、

株式会社きもと
代表取締役社長 木本 和伸さん

です。

----------------------------------------
2018年1月16日公開

株式会社きもと
代表取締役社長 木本 和伸さん

紙からフィルム、そしてデータへ。人づくりで100年企業へ

世界的シェアを誇る機能性フィルムの製造・販売。創業100年を見据え、
創業者の想いに立ち戻り、改革に着手した木本さんの「新規事業展開」と「人づくり」とは。

【主な内容】

1)製図用紙から機能性フィルムの世界メーカーへ
2)100年を見据えた新規事業「データキッチン」
3)自社での改善経験を事業に「コミュニケーションデザイン」
4)企業理念を壁に掲げている会社に、いい会社はない
5)創業者の精神に立ち戻り、100年の基盤をつくる

┌────────────────────────────────
│□対談のダイジェストは、こちらからお聴きください
│⇒ http://www.shachotlk.jp/talk/20180116

│□対談の全編は、FeBeで配信中です
│⇒ https://www.febe.jp/product/239055
└────────────────────────────────

━┫Talk Impression 対談を終えて┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━

創業以来の画像編集、管理・運用のテクノロジーと、高度情報化社会を支える機能性フィルムの分野を両輪とし、約200種類の製品やサービスを手掛ける株式会社きもと。創業から65年となる同社の5代目社長である木本さんに、お話を伺いました。

創業社長は、木本さんのお父様。息子である木本さんが社長に着任された理由、使命、巡り合わせの様なものを、とても感じました。創業65年、あと35年で100周年の同社。「この100年に向け、その基盤をつくっていくことが、今の自分のミッションだ」と仰る木本さん。100年、さらにその先、会社が続いていくために 必要なことは何か、素晴らしいお話を伺いました。

これから、人工知能やロボット、そういうものがどんどん出てくる中、「人」というものがどうあるべきか、というテーマが様々なところで議論されていますが、まさにその神髄になるようなお話を伺えたなと思います。

加えて、これまで65年かけ、創業時につくりあげられた事業が、どの様に進化してきたか、そして、さらに次の100年を考え、創業時代から進化してきたようなビジネスのプロセスを、今後どうやってつくっていくか、次の手を打っていらっしゃいます。

どういう考え方、どういう観点からその次の手を打ち、次に向かって進めていらっしゃるか、これから、ゲームチェンジ、デジタルトランスフォーメーションというような、新しいビジネスを考えていかなければならないという中、悩んでいらっしゃる経営者さんにとっても、考え方のヒントをいただける、そんな対談になったのではないかと思います。

色々な意味で、特に、中小企業の方々がこれからどうやって進化していこうか、次の時代に何をしていこうかと考える時、沢山のヒントを与えてくださる、素晴らしいお話を伺えたのではないかなと思う、そんな対談となりました。

2018/01/16 12:00