LECTUERS

11月24日(金)に、
東京中小企業家同友会が主催する例会に登壇します。

【日 時】
 2011年11月24日(金) 18:30—21:30

【テーマ】
 「800社を越える企業取材で見えてきた
  これからの時代を切り拓く中小企業の条件・社長の条件」

【会 場】
 小金井市民交流センター
 http://koganei-civic-center.jp/access/access.html

【定 員】
 150名

【参加費】
 3000円

【申込方法】
 講演会へのご参加には、事前のお申込みが必要となります。
 下記のサイトより、お申込みください。
 http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=8015

2011/11/24 17:00

11月22日(火)に開催される
 「21世紀のエネルギーを考えるシンポジウム」において、
パネリストとして登壇します。

【日 時】
 2011年11月22日(火) 14:00—16:30(終了予定)
                  (開場 13:30)

【テーマ】
 再考 日本のエネルギー
 〜エネルギーベストミックスへの道すじ〜

【会 場】
 東京国際フォーラム ホールC
 (東京都千代田区丸の内3-5-1)
 http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/index.html

【参加費】
 無料

【申込方法】
 講演会へのご参加には、事前のお申込みが必要となります。
 下記のサイトより、お申込みください。
 http://www.energysymposium.jp/index.html

2011/11/22 11:00

11月5日(土)に開催される
 第3回 f-Biz 地域活性化セミナー
『日本再興の道を探る!今求められる真の「新しい公共」とは』
において、
パネリストとして登壇します。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

   2011年11月5日(土)に復活開催決定!!第3回地域活性化セミナー   
   日本再興の道を探る!〜今求められる真の「新しい公共」とは〜   

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 3.11の東日本大震災による甚大な被害は、
 日本経済のみならず人々の価値観にも大きな影響を与えたように思います。

 一方でこの震災は、これまで専ら行政が担ってきた「公共」の分野に、
 市民や企業、NPOなど地域の誰もが参画し、協働して課題解決していく
 「新しい公共」の必要性を、再認識させたのではないでしょうか。

 第一線で活躍を続ける各界のオピニオンリーダーをゲストにお迎えし、
 震災から今日までを振り返るとともに、今認識すべき課題や
 真に求められている「新しい公共」の在り方について探ります。

 イベントホームページはこちら↓
  http://www.f-biz.jp/data/eventdata/20111105kasseikaseminar.html

【セミナー全体の概要】
  
 □午前の部 10:00〜12:00

 基調パネルディスカッション
  『日本再興の道を探る!!〜今求められる真の「新しい公共」とは〜』

  パネリストとコーディネーター(五十音順):
  ・石川治江氏(NPO法人ケア・センターやわらぎ 代表理事)
  ・大山泰弘氏(日本理化学工業株式会社 会長)
  ・小城武彦氏(丸善CHIホールディングス株式会社 代表取締役社長)
  ・宮城治男氏(NPO法人ETIC. 代表理事)
  ・藤沢久美氏(シンクタンク・ソフィアバンク 副代表)
  ・小出宗昭氏(富士市産業支援センターf-Biz センター長)

 □午後の部 13:30〜15:30
 
 ○第1分科会・パネルディスカッション 
  『企業が示す「新しい公共」の可能性〜本業を通じた企業の社会貢献〜』

  震災からの復興を進めていく上で企業による支援は、
  大きな役割を担っています。
  企業の果たす社会的役割の重要性が再認識される中、
  企業が担う「新しい公共」の可能性について、
  経営者の視点から迫ります。

  パネリストとコーディネーター(五十音順):
  ・大山泰弘氏(日本理化学工業株式会社 会長)
  ・小城武彦氏(丸善CHIホールディングス株式会社 代表取締役社長)
  ・藤沢久美氏(シンクタンク・ソフィアバンク 副代表)

 ○第2分科会・トークセッション
  『3.11後に考える「新しい公共」
   〜NPO・ソーシャルビジネスが果たす役割とその課題〜』

  行政、企業、団体、個人などあらゆる立場の人たちが
  自らの役割を果たそうとした東日本大震災は、
  「新しい公共」の本質を改めて考える機会ともなりました。
  真に求められる共助の仕組みの実現に向け、
  いま認識すべき課題を議論します。

  トークセッション・ゲストとナビゲーター(五十音順):
  ・石川治江氏(NPO法人ケア・センターやわらぎ 代表理事)
  ・宮城治男氏(NPO法人ETIC. 代表理事)
  ・小出宗昭氏(富士市産業支援センターf-Biz センター長)

【ゲストなどのプロフィール(五十音順)】

  NPO法人ケア・センターやわらぎ 代表理事 石川治江氏
  http://www.yawaragi.or.jp/
  87年24時間365日の在宅福祉サービスを提供する
  ケア・センターやわらぎ設立。
  契約〜ケア提供情報、費用請求までを一元管理する
  「ichigo」システムを開発し
  98年情報化月間推進会議議長賞受賞(総務省等)。
  シュワブ財団主催ソーシャル・アントレプレナー・
  オブ・ザ・イヤー2009受賞。

  日本理化学工業株式会社 会長 大山泰弘氏
  http://www.rikagaku.co.jp/
  74年創業者父の後を継いで社長に就任。08年会長に。
  75年全国初の心身障害者多数雇用モデル工場に。
  09年渋沢栄一賞受賞。同社は現在、
  従業員74名のうち55名の知的障害者を雇用し、
  環境に配慮したダストレスチョークは国内トップシェアを誇る。

  丸善CHIホールディングス株式会社 代表取締役社長 小城武彦氏
  http://www.maruzen-chi.co.jp/index.html
  旧通産省を経て97年にカルチュア・コンビニエンス・クラブに入社。
  00年ツタヤオンライン社長に。
  以降産業再生機構のマネージングディレクター、
  カネボウ(現クラシエ)社長を経て07年丸善(株)社長就任。
  10年CHIグループ(株)代表取締役社長、
  (株)トゥ・ディファクト代表取締役社長(現任)就任。
  11年丸善CHIホールディングス(株)に社名変更。

  シンクタンク・ソフィアバンク 副代表 藤沢久美氏
  http://www.sophiabank.co.jp/japanese/
  国内外の投資運用会社勤務を経て96年日本初の投資信託評価会社を起業。
  00年シンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画し副代表に。
  03年社会起業家フォーラム設立、同副代表。
  07年世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダー」に選出。

  NPO法人ETIC. 代表理事 宮城治男氏
  http://www.etic.or.jp/
  93年、学生起業家支援の全国ネットワークとして「ETIC.」を創設。
  以来、若い世代が自ら社会に働きかけ、
  仕事を生み出していく起業家型リーダーの育成に取り組み、
  これまでに150名を超える起業家を輩出。
  06年、第1回ニッポン新事業創出大賞経済産業大臣賞受賞

  富士市産業支援センターf-Biz センター長 小出宗昭氏
  http://koide.hamazo.tv/
  01年当時勤務していた静岡銀行から創業支援施設SOHOしずおかへ出向。
  地域産業活性化に向けた活動が高い評価を受け
  05年「Japan Venture Award 2005」経済産業大臣表彰受賞。
  08年独立起業し(株)イドムを創業、f-Bizの運営を受託。
  これまで750件以上の新規ビジネス立上げを支援。

 イベントホームページはこちら↓
 http://www.f-biz.jp/data/eventdata/20111105kasseikaseminar.html

【開催概要・参加お申込み方法など】

 ■日時
  2011年11月5日(土)
  午前の部・基調パネルディスカッション 10:00〜12:00
  午後の部・分科会ディスカッション 13:30〜15:30

 ■場所
  富士市勤労者総合福祉センターラ・ホール富士(富士市中央町2-7-11)
  http://www.fuji-kousya.jp/other/la-hall/latop/rahall-xx.htm

 ■駐車場
  ラ・ホール富士の駐車場をご利用ください。

 ■対象・定員
  中小企業・商店経営者、起業家、NPO関係者、会社員、学生など

 ■参加料
  無料

 ■お申込み方法
  件名に第3回地域活性化セミナー参加申込とお書き添えいただき
  1.名前
  2.会社名または団体名
  3.電話番号
  4.メールアドレス
  5.お住まいの地域(市区町村)
  6.参加する会の名称[例→"午前の部と、午後の部第1分科会に参加希望]
  以上を明記のうえ、メールまたはFAXで富士市産業支援センターf-Bizまで
  お申し込みください。

 ■お問合せ
  富士市産業支援センターf-Biz(エフビズ)
  TEL.0545-30-6363 FAX.0545-30-6364 E-mail:info@f-biz.jp

 [主催] 富士市産業支援センターf-Biz(エフビズ)
 [共催] 社団法人富士青年会議所、富士市NPO協議会、
     富士市民活動センターコミュニティf
 [後援] 関東経済産業局、静岡県
 [協力] 社会起業家フォーラム、NPO法人ETIC.

  ☆個人情報の取り扱いについて
  http://www.f-biz.jp/policy.html

2011/11/05 17:00