LECTUERS

9月28日(土)に開催されるシンポジウムに、
パネリストとして登壇します。

==================================================
第2回政策シンポジウム
千葉から始まるネット市民革命
−ネット選挙運動とガバメント2.0−
http://www.k-tajima.net/index.php/symposium2013
==================================================

インターネット選挙運動やオープンガバメントとなど、情報技術の活用を通じて市民の参加を促し、政治や行政をよりよいものにしようとする試みが始まっています。行政機関が持つ統計情報等を民間が利活用しやすい形で公開するオープンデータや、行政活動に市民が参加しやすい工夫をするなど、いわゆる「ガバメント2.0」と呼ばれる動きや、今夏の参院選で解禁されたインターネット選挙運動の現状と展望を政治家、自治体首長、研究者が報告・ディスカッションします。

【日 時】2013年9月28日(土)14:00−16:30

【会 場】美浜文化ホール
     千葉県千葉市美浜区真砂5丁目15−2
     http://www.mihamahall.jp/access.html

【参加費】無料 ※要事前申込

【定 員】350名

【登壇者】
 ◆基調報告・モデレーター
  田島 要  衆議院議員、元経済産業大臣政務官

 ◆参加予定パネリスト
  熊谷俊人  千葉市長

  庄司昌彦  国際大学GLOCOM主任研究員

  古川元久  衆議院議員、元内閣特命担当大臣

  矢尾板俊平 淑徳大学コミュニティ政策学部准教授

  津田大介  ジャーナリスト/メディアアクティビスト

  藤沢久美  シンクタンク・ソフィアバンク代表

【申し込み】
 イベント参加お申し込みはお電話で受けつけております。
 電話 043−202−1511

 ★事前予約制です。
 ・必ず事前の参加お申し込みをお願い致します。
 ・定員(350名)に達し次第、受付を終了させていただきます。
 ・ホール内は消防法の規定により立見はできません。

【主催】政策シンポジウム実行委員会
【共催】民主党千葉県第1区総支部・デモクラッツCHIBA
【協賛】NPO法人福祉の街美浜をつくる会・NPO法人高齢化社会を考える会

2013/09/28 14:00

9月26日(木)に開催されるシンポジウム

「日本社会の変革者、長州ファイブの軌跡をたどって〜未来を切り開くリーダーとは〜」

に、スピーカーとして登壇します。

=============================================================
日本社会の変革者、長州ファイブの軌跡をたどって
〜未来を切り開くリーダーとは〜

http://www.britishcouncil.jp/events/choshu-five-symposium
=============================================================

長州ファイブ(※)が渡英し、
ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)へ留学してから150年。
英国での学びを経て、彼らは日本の近代国家としての礎を築きました。
このシンポジウムでは、長州ファイブの歴史を振り返ると同時に、
現在、そして未来のグローバル社会において、
よりよい社会を築くためにはどのようなリーダーシップが必要とされているのか、
そして、将来のリーダーを輩出する社会システムを、
セクターを超えた協働を通してどのように構築できるのかについて議論します。
(日英の同時通訳あり)

【日時】2013年9月26日(木)13:00−17:00

【会場】アカデミーヒルズ
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

【プログラム】
 13:00−14:30
 過去から現在へ〜時代と共に変容するリーダーとしての役割
 (プレゼンテーション)

  長州ファイブの歴史を振り返ると同時に、
  社会的、環境的課題が多様化、深刻化する現代において、
  既存の社会システムの変革を促し、より豊かで持続可能な社会を築くために、
  いま求められているリーダーシップについて、
  大学、政府、企業などさまざまな視点でお話します。

  <スピーカー>
   マルコム・グラント氏(ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン、学長)
   サー・ピーター・ウイリアム氏(大和日英基金、理事長)
   藤沢久美(シンクタンク・ソフィアバンク、代表)

 14:30−14:45
 休憩

 14:45−17:00
 未来を切り開くリーダーを輩出する仕組みとそのエコシステム
 (パネルディスカッション)

  前半のプレゼンテーションを受け、
  現在そして未来の社会に求められるリーダを輩出する仕組みを構築するためには、
  どのようなエコシステムが必要なのか、
  そしてそのエコシステムの中で、
  大学、企業、政府がそれぞれの役割を持ちつつも、
  どのように協働することができるのかについて議論します。

【お申込み】
 下記のフォームより、お申込ください。
 https://pro.form-mailer.jp/fms/1c7b581b44334

【主催】ブリティッシュ・カウンシル

【協力】駐日英国大使館、在日英国商業会議所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※長州ファイブとは
幕末期に長州藩から英国に派遣され、UCL(ユニバーシティ・カレッジ・オブ・ロンドン)などに留学した長州藩士で、伊藤俊輔(博文)(初代総理大臣:「日本の憲法制定の父」、「議会政治の父」、「政党内閣の父」)井上聞多(馨)(初代外務大臣:「近代日本外交の父」)、山尾庸三(「日本の工業の父」)、野村弥吉(井上勝)(「日本の鉄道の父」)、遠藤謹助(「近代日本の造幣の父」)を指す

2013/09/26 13:00